るりりんのお散歩雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国ドラマ「宮 〜love in palace〜」 第1話〜第5話

<<   作成日時 : 2008/04/03 12:55   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

最近見てるのドラマがほとんどウネちゃんばかり。
ちょっと目が垂れててかわいいのよね〜。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
チェギョン … ユン・ウネ
 一般家庭の元気な女の子。
 父親の借金のため、祖父の遺言の通り皇室へ嫁ぐ。

シン … チュ・ジフン
 皇太子。アイドル的存在だが、何もかもあきらめモードで冷めている。
 初恋のヒョリンを想いながらもチェギョンと結婚する。

ユル … キム・ジョンフン
 元を正せば皇室の一人。シンとはいとこ。父親が皇室を継ぐはずだったが
 亡くなったため、弟であるシンの父親が後継となった。
 母親とともに海外で暮らしていたが、シンの結婚を機に帰国する。
 温和でやさしい。

ヒョリン … ソン・チヒョ
 財閥の娘で、シンの初恋相手。バレリーナを夢みて
 シンのプロポーズを断るが・・。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

チェギョンは芸術の総合高校に通う一般人。
夢はデザイナー。でも成績は普通かも。
人のいい父親は、友人の保証人になったため
家が差し押さえの状態に・・。

イギリスや日本のように韓国に王室があったなら・・という
想定で韓国王室がある。

皇太子シンは王立学校に通わず、チェギョンのいる芸術学校に通っている。
同級生のヒョリンが好きでプロポーズしたものの断られる。
ヒョリンの夢はバレリーナ。その夢を断って王室で人形のように生きたくない・・。

でも・・もっとシンの押しが強ければ結婚したかも。
ヒョリンもシンがとても好きなようだしね。
好きな女性の夢を奪いたくない、とあきらめるシン。
そんな振られたところをチェギョンが見てしまって・・。

シンの父親=皇帝の具合がよくない。
早々に皇太子妃を選んで結婚させなくては・・。

シンの祖父とチェギョンの祖父がなぜか親友だった。
身分を越えての友人。
その孫たちを結婚させよう、との約束が。
その約束の文書、印の品物、婚約指輪を両家で
それぞれ保管していた・・。

チェギョンの家は指輪にどんな意味があるか分からなかったらしく、
皇室の使いが来るまで、婚約指輪はテーブルの揺れを
防ぐための隙間埋めに使ってたのよね(^_^;)

家に取立て屋は来るし、もうこれは結婚するしかない、と
チェギョンは承諾する。
シンもヒョリンとは結婚できないし、はちゃめちゃなチェギョンを
皇室に入れればみんな困って楽しいかも・・っていう
ちょっとスレた考えで・・。

皇室の発表前に新聞で報道されて。
チェギョンは注目の的。そこを困っているのかと思いきや
載った写真がすごくブサイクで情けなくて泣いちゃうっていう・・。

シンの母親の皇后はどうしても結婚をなしにしたいのよね。
すごくプライドが高いというか。

その反対にシンのおばあさまの皇太后は、
おしとやかな皇族として普通は振舞っているけど、実は結構普通の人。
夜、自分の部屋でキム・サムスンのドラマを見て大笑いしるんだから。
腹枕で、きてましたね(笑)
・・・元は女優だったようで。だからかな〜。

皇后は良家のお嬢さん出身らしい。
先の皇帝=シンのおじいさまといい、この夫婦は結構世間慣れ
してたのかも。チェギョンのいい味方になってくれそうです・・。

そして、この時期にユルが帰国。
ユルとシンは、父親が兄弟のいとこ同士。
兄であったユルの父親が早くに他界。
長男だから本当は皇位を継ぐはずだった人。
でも、亡くなったので次男のシンの父親が継いで、
今は皇帝となっているわけ。

ユルの父親が亡くなった後、ユルとその母親は
追いやられるように皇室を出された。
出されてから今日までの14年間、自分たちが失ったものを
取り戻すためにおとなしくいていた・・。

皇位継承する血筋とそのほかの待遇はやっぱり違うもんね。
祖父同士が孫を、って言った話も、その約束した時点の孫は
ユルとチェギョンだったのよね。ここも何だか一つありそうで・・。

皇太子妃が決まった、と思ったら、婚礼まで早い早い。
あっという間に結婚式になりました。

皇室の儀式なのでこの人は西、この人は東の階段から昇れ、とか
鳩を受け渡すとか、話す言葉が決まってたりとか・・。
シンは初めてのことながらさすがなのよね。
でも、チェギョンやその両親は全くの素人。
特に父親が面白いんだ(笑)
ヘンな儀式な上に大緊張だから・・。

チェギョンはほんの少しシンを見直すのよね。
嫌だ嫌だ言ってるわりには一歩外にでると
ちゃんと皇太子としての役割を果たしてる。

一方のシンにとって、チェギョンは恋愛の対象には全く入らず。
とりあえず見てて飽きないヤツ、って感じで・・。

結婚生活は始まったけど、お互いまだ未成年なので別室。
同じ棟には住んでいるけど、楽しい会話があるわけでもない。

学校の登下校は黒塗りの車で二人一緒。
それを見つめるユル。
シンが座っている場所、それは僕が座っていたはずの席なのに・・。

ヒョリンはロイヤルバレエスクールに高待遇で入れることに。
でも、結婚式の中継を見てその話を断る。

今までバレエだけをやってきた。
そのためにシンと一緒になれなかった。
だから少しの間、バレエを離れてみることに・・。
でもね〜。もうシンは結婚しちゃたもんね。
ちょっと気付くのが遅かった。

それでもシンとヒョリンは好き合っているので
何だか複雑なのよね。

皇室の教育や慣習に大変な思いをしているチェギョン。
おまけにシンは他の女に気がいっているし、
夫婦となっても、なかなか仲良くとはいかない二人。
このごろはヒョリンが常に名前があがって。

大好きな両親にはすぐに会えないし、で寂しがっているのを
シンは察して呼んでくれるのよね。
こういうところは大人なんだよね〜。
だけど、遊びにきてくれた両親とも勉強が終わらずに会えないし
チェギョンは気が滅入る。

本当はヒョリンとシンが結婚するはずだった。
自分は後からきたただの悪者・・。
でも、徐々にシンのことが好きになってきていて・・。

こんな窮屈な生活の中でシンのところに遊びにくる
ユルとは気が合う。本当にやさしい人・・。

シンの誕生パーティー。
ヒョリンも、シンのつるんでいる同級生も出席。
この友達は企業や財閥のおぼっちゃんで性格悪いんだ。
チェギョンなんて庶民は、端から相手にしないような。

誕生日プレゼント。
ヒョリンは高価なMP3プレーヤーを。
チェギョンは学校の上履き(スニーカーのような靴)に
細かな伝統的な模様を描いてプレゼント。

金持ちぼっちゃんたちはヒクのよね。
貧乏くさ〜・・って。
以前のシンだったら即ゴミ箱行きだったかも。
でも、段々とチェギョンの良さが分かってきている今は
言葉にはしないけどとてもうれしい様子。
すごく手間がかかっていて。手作りのプレゼントだし・・・。

皇太子仲間の夜はひっそり。各々のんびりと。
皇太子妃仲間の夜は、大騒ぎ。楽しい笑い声が。
そんな遠くから聞こえてくる声を聞くシン。
自分の重苦しい世界に響く明るい声。
・・・シンにとって、チェギョンはそんな素敵な存在になりそう。。


<感想&あらすじ>
韓国ドラマ「宮 〜love in palace〜」 第6話〜第10話
韓国ドラマ「宮 〜love in palace〜」 第11話〜第15話
韓国ドラマ「宮 〜love in palace〜」 第16話〜第20話
韓国ドラマ「宮 〜love in palace〜」 第21話〜第24話(最終話)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
韓国ドラマ「宮 〜love in palace〜」 第1話〜第5話 るりりんのお散歩雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる