るりりんのお散歩雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国ドラマ「屋根部屋のネコ」 第1話〜第5話

<<   作成日時 : 2008/07/16 11:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

端役でも、知ってる顔がたくさん出ていて楽しいです。
ドンジュン役は「はっ??」って思う感じだけど、有名なミュージシャンだそうで。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ギョンミン …キム・レウォン
 検事を目指す学生。お金にルーズで借金取りに追われ、
 ジョンウンの一人暮らしの家に転がり込む。
 同じ大学のヘリョンに想いを寄せているが、ヘリョンからすると
 全く恋愛感情のわかない、便利な男。

ジョンウン …チョン・ダビン
 4姉弟の長女。裕福な家庭ではないため、お金に関してはシビア。
 色々なバイトをして生計をたてている。
 だらしない男と知りつつも、ギョンミンに惹かれる。

ヘリョン…チェ・ジョンユン
 ジョンウンの高校時代の同級生。裕福な家庭の子。
 人を傷つけてもお構いなし。ジョンウンと少し壁があったが
 男性陣が現れてからは更に関係が悪化。ドンジュンが好き。

ドンジュン …イ・ヒョヌ
 広告代理店で働くエリート。ジョンウンが気に入りバイトとして雇う。
 ヘリョンに対しては妹以上の感情はない。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


法学部に通う少し軟派な雰囲気のギョンミン。
同じ学部のヘリョンが好き。
ヘリョンはいいとこのお嬢様。高校時代の友人からは
お姫様きどりのブリッコと陰口をたたかれ。

ジョンウンは、家族が地方に引っ越すのを機に独立を宣言して
ソウルの屋根部屋に一人暮らし。
高卒の就職浪人3年目。ヘリョンとは高校の同級生。

ヘリョンのカードを借りて大学に出入りしていたジョンウン。
そこでギョンミンとトラブル。
最初は最悪の出会いだったけど、ジョンウンがヘリョンの友人だと知り、
ギョンミンはジョンウンに近づき、お金を貸してあげたり、
屋根部屋のペンキ塗りをしてあげたり、ヘリョンに「いいヤツ」と
耳にはいるように努力して。

でもそのヘリョンは別の人が好き。
ギョンミンがタイミングよく告白するけど
お友達でいましょうと即座に断られる。

ジョンウンはやさしく接してくれるギョンミンに少し惹かれて。
お弁当を作って大学に持っていくけどギョンミンはいない。
その上、ギョンミンの友人からはヘリョンのためにジョンウンに
やさしくしてるんだ、と告げられて・・。

余ったお弁当。公園で偶然会った男性に強引に食べてもらって。
ジョンウンは悲しくて泣きながら自分のお弁当を食べてね。
このお弁当を仕方なしに食べてくれたのはドンジュン。

ギョンミンはカードを止められ、借金取りに追われ。
行くところもなく、結局ジョンウンの屋根部屋に居候。

ある日、ギョンミンがジョンウンにアクセサリーを選んで、
なんてお店で言われるから、てっきりプレゼントしてくれるのかと思いきや、
やっぱり送り先はヘリョンで・・。

ヘリョンはあきらめさせるために父親のパーティーにギョンミンを誘う。
ギョンミンにしたらそりゃラッキー。
ジョンウンのヘソクリを盗んで自分の靴を買って駆けつける。

この日はジョンウンの誕生日だったのよね。
わかめスープとケーキを用意してやる、なんて言っておいて
ヘリョンの元に行っちゃって。

さびしく自分でスープを作って食べていたジョンウンのもとに
ギョンミンが帰ってくる。
ヘリョンは本命のドンジュンを上手く誘い出していきなりキス。
その現場をギョンミンに見せるように・・。

まったくね〜、この女は。全然いい女じゃないけどね。
それでもギョンミンは自分のなくなった母親に似てるから好きなんだ、と
ジョンウンに言う。自分の生い立ちも。

お前(ジョンウン)もかわいい・・なんて言いながら・・なぜかいい雰囲気になり
キスをして・・。
次の日目覚めたら・・・あらら。裸で一緒に寝てました〜。

雰囲気に流されて・・やってしまった。。
ギョンミンは慌てて屋根部屋を出て行く。
でも・・これは男だけの問題?女にもその気があったんだと。
まぁ・・そうよね。

家からでたギョンミンだけど、借金取りに追われ殴られ。
ジョンウンが必死で助けて、また屋根部屋に連れて帰る。

ジョンウンが面接を受けた会社からTELを受けて。
明日出社してください、と。
フリーターだったジョンウン。やっと正社員になれた、とご機嫌。

ギョンミンは就職祝いだとデパートに一緒にいって高い服を
買ってくれる。でも・・それはギョンミンが祖父からお祝いにもらった時計を売ったお金で。
ジョンウンは即座に服を返品して時計を取り戻す。
品物はなくてもとてもうれしいと。
ギョンミンは調子のいいところがあるんだけど、やさしいのよね、基本。

翌日会社に行くけど・・結局はアルバイト。
お菓子を食べてその感想をまとめて。
正社員だと思っていたジョンウンは大ショック。

そのアルバイトを雇った室長がドンジュンなのね。
ジョンウンの書いたレポートを見て微笑んで。
一生懸命たくさん書いてあったもんね。
裏切られた、なんて泣きべそのジョンウンだったけど、
ちゃんと仕事はこなしててね。

アルバイトだったことで落ち込むジョンウン。それを察してギョンミンは
励ましてくれる。この二人、結婚しててもおかしくない雰囲気よね。
二人一緒にいて話してるのは自然だし。

ジョンウンが実家に遊びに行った日にギョンミンはヘリョンをデートに誘う。
ヘリョンは本命はいるけど、ギョンミンは便利な友達って感じ。

待ち合わせをしていたけど、ドンジュンを両親が食事に誘ったと聞き
ウソをついてドタキャンするヘリョン。
おかげでギョンミンは風邪をひき・・。

うわごとでヘリョンの名を呼ぶギョンミン。
ジョンウンはギョンミンの元へ、ヘリョンを連れて行こうと話をするけど
ドタキャンのことは全く悪びれない。
ジョンウンは頭にきて平手一発。
部屋に連れて行き同居していることもバラす。

ギョンミンはまだヘリョンが大好きだからケンカをしても
ヘリョンの味方なんだよね・・。
女二人が取っ組み合いになったときにジョンウンはケガを。
薬もないし放っておいたら・・化膿しちゃって。
ギョンミンは薬を買いに行ってちゃんと手当てをしてくれるのね。
そういうトコ、とってもいい人なんだけどな〜・・。

ギョンミンの祖母が部屋に尋ねてきちゃって、ジョンウンを隠さなきゃ、って
慌てふためき。バレずにすんだけど、ギョンミンの借金は賭博でできたものだと
知ったジョンウンは検事になれるように勉強の計画表まで作っちゃって。
ほんと、ギョンミンはヒモ状態なのです。。

ドンジュンはジョンウンを部下として夕食に誘ったり、個展に誘ったり。
仕事上のことなんだけど、いつもヘリョンと鉢合わせ。
自分には目もくれないドンジュンと貧乏なジョンウン。
いつも一緒ににいるのが気に食わない。
またしても大喧嘩に。

ヘリョンはそれなら私も、とギョンミンを誘って。
ギョンミンはヘリョン大好きだからね〜・・。
朝焼けの海が見たいわ〜なんて一晩誘っちゃって。
当然ジョンウンは心配になるんだけど、ホテルの部屋の前で
ギョンミンはお帰り、になっちゃって。
どうしてこうもギョンミンは懲りないのかね〜・・。

ある日、ジョンウンの弟が家に直接たずねてきてしまって。
誰でも同棲してるように見えるわよね。
一応両親には黙っててもらえることに。
弟はギョンミンに言う。今まで本当に苦労してきた姉。
とてもいい人だからよろしく。・・確かに女性としていい人なのよ。
ギョンミンも分かっているけど一歩進めないんだよね〜・・。

ジョンウンはタライを使って洗濯をしている。
力仕事だから肩に湿布を貼ってたり。
そのほかにも毎日色々なバイトをして大変な思いをいてるのよね。
ギョンミンは祖母からもらったおこずかいで洗濯機を買ってあげて。

ジョンウンが弟を送りに実家へ帰ったときに洗濯機が届いて。
早く見せて喜ぶ顔がみたい。
とうとう途中の駅まで出迎えに行っちゃって。
こういうところ、子供みたいでかわい気があるんだけどな〜・・。

ギョンミンは自分でかっこいい、って思っているナルシスト。
・・・そんなにかっこいいとは思わんが。。
そんな自信たっぷりで、金持ちのヘリョンが大好きだった人が
いつも一緒に生活している貧乏なジョンウンと一緒にいることが
自然になっていく・・っていう面白さがあるのかな。

本当に一緒に生活してるのが自然なのよね。
家族愛のような感じかな、今は。



<感想&あらすじ>
韓国ドラマ「屋根部屋のネコ」 第6話〜第10話
韓国ドラマ「屋根部屋のネコ」 第11話〜第13話
韓国ドラマ「屋根部屋のネコ」 第14話〜第16話(最終話)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
韓国ドラマ「屋根部屋のネコ」 第1話〜第5話 るりりんのお散歩雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる