るりりんのお散歩雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国ドラマ「京城スキャンダル」 第1話〜第5話

<<   作成日時 : 2008/10/07 14:17   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

DVDで借りて見てるんだけど・・すごく面白い。
1話ですでにハマってしまいました〜。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ワン … カン・ジファン
 財閥の御曹司。エリートコースが用意されているにも関わらず
 自由気ままに生きている。街中の女性は10分でおとせる、と
 豪語するほど女性には自信があり、恋愛を楽しんでいる。

ヨギョン … ハン・ジミン
 書店の主。父親が反日活動家だった影響で
 自分も解放運動に関わっている。
 身なりからして至ってまじめな女性。

スヒョン … リュ・ジン
 元々は、ワンの家の使用人の息子。ワンの父親の配慮で
 ワンと兄弟のように育ち、教育を受ける。
 反日家ながら、日本に留学後、警察の一員となる。

ソンジュ … ハン・ゴウン
 京城のNO.1人気の妓生。優雅で上品、勝気で強気。
 水面下で活動する解放活動集団の一員。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今まで、朝鮮時代か現代か、の韓国ドラマしか見たことがないので
すごく新鮮。
日本で言うなら、水戸黄門と篤姫とか?そんなのと現代しか見たことが
なかったっていうのかしらね〜?

このドラマは日本でいうと明治や大正のモダン的な時代。
昔、大日本帝国が朝鮮を支配していた時代のお話。
自由のようで真の自由はなく、検閲や検問や、
全て支配下に置かれていた朝鮮の、京城という街が舞台。

ワンは財閥の御曹司。
だけどエリートコースを進むのではなく、仲間うちで三流雑誌を作っている。
女には不自由しない身で、京城の女性は10分でおとせると
豪語するほど女性の扱いに慣れていて。
恋愛は遊び、っていう感覚なので、行くところ行くところ
ワンを捕まえようとする女性であふれている。

本屋の主、ヨギョン。父親が反日の活動家だった影響で
祖国解放のために水面下で活動している。
今どきそんな格好しないと笑われるほど地味〜な女性。
でも、芯は思いっきり強くて頼れる女性で。正直者で物怖じしない人。

ヨギョンが活動家組織の軍資金を受け取るはずが、
ちょっとのズレでワンが持ち帰ってきたポルノ雑誌を受け取ってしまって。
警察から監視されているヨギョンが軍資金を持っていたら
たちまち逮捕になるけれど、カバンを開けるとポルノ雑誌が山積み。

このおかげで逮捕されず釈放になるのだけれど
計画が失敗したと怒りに震えるヨギョンは、
何もしらずヘラヘラしているワンに平手打ち・・じゃなくてグーでパンチ。
ワンは全然悪くないんだけどさ。ヨギョンの闘志と温度差がありすぎてね。

京城の警察に配属されたスヒョン。
ワンとは何か因縁があるようだけど。

そのスヒョンは紳士。
ヨギョンの本屋に尋ねてきて、ヨギョンが留守中に本を物色。
そのとき貧しい男の子が本がほしいのに本代がないと知ると、
男の子が本代と差し出したお芋を受け取り、これじゃ多いと半分を返してあげて。

芋半分で本なんて買えやしないんだけど、男の子の気持ちを立ててあげて。
本代は自分が払うとヨギョンにお金を差し出すスヒョン。
ヨギョンもとってもいい女性で、お金じゃ多い。その芋で十分と・・。

あの男、ワンと大違いだと思うヨギョン。
あんなふざけた雑誌を隠し持ってたワンと比べちゃね・・。

ヨギョンは夜学を開いていて、そこに通ってた子供。
悪徳金融業者の男性にだまされてその子の父親は死に、妹は売られ。
今度はその男の子もだまされて仕事が上手くいかない。
恨みから盗んだ銃で殺しにいこうと隠れていると・・。

本当の暗殺者が殺してしまって。
男の子は自分は撃ってないけれど、銃を持っていたら自分だと思われてしまうと
ヨギョンに相談にくる。
ヨギョンはひとまずかくまおうとするのだけど、男の子が銃を途中で落としてきたと気付く。
その銃には妹からもらった手ぬぐいを巻きつけてあるので
拾われたら自分のものだと分かってしまう・・。

ヨギョンは夜道、その銃を探しに行く。
銃を見つけて一安心、あとは帰るだけと思ったら・・。
途中で警察の集団が。スヒョンが率いている集団で犯人を捜している。
物陰に隠れたヨギョンの気配を察して追うことになった警察。
ヨギョンは必死で逃げるが隠れる場所がない。
飛び込んだ先は、妓生のいる宿。
そんでもって、その宿に宿泊しているワンの部屋で・・。

ワンの部屋を調べにくる警察。スヒョンとワンがご対面。
この二人の因縁。
ワンの家の使用人の息子がスヒョンだった。
でもワンの父親は本当にやさしい人物で、息子同様お金をかけて
スヒョンを学校に行かせてくれた。
ワンとスヒョンは友人、兄弟のように育って。

ワンの兄とスヒョンが一緒に日本に留学したけれど
スヒョンが密告したことによりワンの兄は死亡・・。
ワンの兄とスヒョンは反日の活動家だったのよね。
スヒョン自身は今、警察のいい地位についている。
兄を敵に売って手に入れたとしか思えない・・。

兄の仇のスヒョン。どうしても許せない相手。会いたくなかった・・。

ワンは遊び人。警察に追われ飛び込んできたヨギョンを
上手いこと布団に寝かせて。
今日の遊びの相手で高貴な家のお嬢さんだから
顔をみせられないとごまかす。
何とかこの場を乗り切ったヨギョン。
殴った相手ながら今回のことはワンに感謝で・・。

おまけにこの宿の売れっ子で世間でもポスターのモデルにまで
なっちゃうソンジュが、ヨギョンが家に無事に帰れるように気をきかせてくれる。

このソンジュはスヒョンとやっぱり因縁のある人。
自分が妓生として売られるとき、結果的に止めることはできなかったけど
守ろうとしてくれた人。
きっとソンジュは好意を持っていたと思うんだけど、自分は売られた身だしね・・。
会ったところでどうなることもないけれど、死ぬ前に一度会いたかった人だったのよね。
ソンジュも活動家なので何か関係があるんじゃないかな〜。

自由を勝ち取るために命がけで活動する人間と
何かの理由でそれを密告する人間、
おとなしくしていれば安泰と従順に従う人間など、
それぞれの立場が交錯していて、どこでどう繋がっているのか
複雑なんだけどすごく興味深くて面白いわ〜・・。

そんな命がけの人たちがいる中で、ワンとその仲間たちは
平和でまたまた楽しいのよね〜。ワン+3バカトリオみたいな。
(このトリオの一人は兄嫁は19歳の弟役の人ですね〜。
変わらないわ〜。すぐわかったよ。。)

絶対にどんな女でも口説く自信があるワンは
仲間が指名する女性を落とすことに。
落とせなかったら車を仲間にあげちゃってもいいよ、と。
プライドもあるもんね、絶対に負けられない賭け。

その女性とは・・恋愛とは程遠いヨギョン。
ワンはちょっとした誤解から最初はヨギョンの母親がターゲットかと
思って近づいてね。

誤解が解けたら、え〜?この女にかかわるとろくなことないから
嫌だ〜ってなるんだけど、車を強制的に取られそうになり
仕方なくヨギョンを自分の女にするために近づいていって。

ヨギョンの教え子が母親の誕生日に靴をあげたいと。
お金がないけど、靴をあげたい。
街のボクシング大会の賞品になっているのでそれがもらえたら・・。
女・子供は出場資格がない。男性だけが出場できる・・。

え〜?オレ〜?うそだろ〜?っていうノリで参加することになったワン。
絶対に一発殴られて終わりだ、と思っていたら、振り回した拳が
上手いこと当たって勝ち進んで準優勝〜。
でも、賞品の靴は4位なのよね。調子にのって勝ち進んじゃって。
でもワンとヨギョンはなんだか楽しく過ごして。
・・・それを仲間が雑誌のネタに写真撮影。。

ヨギョンとスヒョン。お互いほんのりいい感情。
素直な女性と紳士的な男性。
でも、スヒョンが敵の警察の人間だと知ったらヨギョンはどうするか。
だからまだスヒョンは自分の勤め先を話さなかった。
でも・・。

ヨギョンの教え子が金融業者殺しの犯人として指名手配に。
(この教え子は行方をくらましたんだけど、
ソンジュがかくまってくれています・・)
その関係者ということでヨギョンの取り調べ。
強引な取調べで無罪を有罪にしてしまうという警官の前に
スヒョンが現れて。
自らの職を明かしてヨギョンに事情を聞く。

無実の罪で警察にヨギョンが連行されたと聞いたワン。
俺は無関係、って思っていたけど、周りがそうは認めない。
今、助けにいけば、白馬の王子になれるのに・・なんて言われちゃって・・。

拷問してやる、と腕をつかまれるヨギョン。
それを制止するスヒョン。
そして取り調べ室に入ってきたワン。
ワンは言う。俺の女に手を出すな。

その殺人事件の日、二人一緒に宿にいたと証言するワン。
スヒョンは驚くも、ヨギョンのような人をワンの部屋で確認しているし
ヨギョンが犯人とつながりがあることも認めたくない。
結局、無罪放免となって。

あのボクシング大会のことが記事に。二人は恋人同士?
目を黒線で隠してるけど、ワンとバレバレで面白おかしく載ってて。
怒って全部回収させるんだけどね。
雑誌が全部回収されるまでヨギョンの目に触れないようにして。
もしかしたら今度こそヨギョンに殺されちゃうかも〜。

ヨギョンは無償で人々に奉仕している。
字が書けない老人の手紙を代筆したり。
そのヨギョンのやさしい笑顔がなぜか心に残るワン。

ワンも、息子が強制的に収容所に入れられて嘆願書が書けないために
面会もできないおばあさんに書いてくれと頼まれて。
これまでだったら、こんな場所にも足を運ばないし、
頼まれても面倒でそっぽ向いてただろうけど・・
ワンは一生懸命嘆願書を書いてあげて。
人生楽しく、お気楽で気ままなワンだけど、
根はとてもいい青年なのよね。

活動家集団のソンジュ。金融業者は日本のスパイだったため
始末した。
同じ思想のヨギョンも、そして最近ヨギョンに近い存在のワンも
仲間に入れたい・・。

スヒョンは本当に密告して兄を殺した?
だから今、警察の上部にいる?

子供の頃、兄弟のように育ったワンとスヒョン。
スヒョンは兄の仇だと思いながらも、
そうじゃないかも知れないと打ち消す思いもあって。
何か理由がありそうだけど、スヒョンには思惑があって隠してるって感じね。
スヒョンはもともと活動家だから、警察に入って活動してるのかも。。

スヒョンに真実を聞きたいワン。
本当は絶するほどの拷問を受け、仕方なく兄を売ることになったんじゃ・・。
だからスヒョンを許したい気持ちでいっぱい。
けれど・・スヒョンは独立運動なんて意味があるのか疑問になったから
兄を売ったというような話しぶり・・。

その上、スヒョンはヨギョンのところにたずねてきて、
ヨギョンに興味があるようなそぶり。
それを見たワンはヨギョンを連れ出し、ドライブに行くが・・。

何を見てもヨギョンに見えちゃうワン。
それくらい恋しちゃってるのよね。
派手な女遊びをしていた男性のわりにはすごく純情なんだ。
本当の恋愛をしたことはなかったのかもね。

遠くまでドライブにきたのはいいけど、勢いできたのでガス欠に。
その上、大雨が。
仕方なく近くの民家で二人一緒に一晩を過ごす。

温まるからとワインを飲んだヨギョン。
酔うと弱い自分が出てくるみたいね。
取り調べも、連行されるのも、警察も、本当は怖い・・。
いつも毅然としたヨギョンは、頑張って気勢を張ってるだけ。
本当はみんなと同じ、か弱い女性・・。
そんなヨギョンをみたら・・ますます惹かれちゃうよね、ワン。

朝方、目を覚まして傍らにいるヨギョンをそっと抱き寄せるワンも素敵。
本能に打ち勝つために、庭で腕立てとかしちゃったり。
かわいいわ〜。

ソンジュは秘密結社の一員。裏切りものには制裁を。
独立運動の集団なんだけど、そこに思想を共にする
ヨギョンも無事仲間入りし・・。

ソンジュは本当に強い女性。
警察ににらまれても軽くあしらって。
それくらい過酷な状況で生きてきた、ってことよね。
あるときは虐げられながら、いつか自分たちの国を取り戻そうっていう
固い信念を持ってきた人なのよね。。

恥ずかしながら、カン・ジファン出演作は今回初めてで。
最初は、誰かに似てる〜・・萩原流行じゃな〜い?なんて
思ってたんだけど、話が進むにつれて全然そんな風には思わなくなり。
おちゃめで、かわいくて、でも素敵だわ〜って。

日本の統治下で押さえつけられてる人々のドラマなので
日本は悪者そのもので描かれているから、合わない人もいるかもな〜、と。
でもこれでもきっとかなり軽く描かれているんだろうな・・。

でもでも、そんな窮屈でつらい状況の中、
ワン、ヨギョンのかわいらしい恋愛が描かれて、
ソンジュのようなキレイで誇らしい女性がいて、
楽しい3バカトリオがいて。
私はすごく好きなドラマです〜。


<感想&あらすじ>
韓国ドラマ「京城スキャンダル」 第6話〜第10話
韓国ドラマ「京城スキャンダル」 第11話〜第13話
韓国ドラマ「京城スキャンダル」 第14話〜第16話(最終話)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
韓国ドラマ「京城スキャンダル」 第1話〜第5話 るりりんのお散歩雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる