るりりんのお散歩雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 世にも奇妙な物語 ’09春の特別編

<<   作成日時 : 2009/03/31 13:21   >>

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

何だか後味が悪いものが多かったかな。。
以下、(あらすじ)部分はネタバレしてますので
ご了承ください。


「爆弾男のスイッチ」
市原くんが気弱男を演じててね。
役者さんですね〜。
でも、私なら、スイッチは自宅に
置いたままにするかな。


(あらすじ)
大学生の江草(市原隼人)。
同じ大学の同級生と仲良くなるが
その同級生には体の中に爆弾がしかけられていて
スイッチを押すと同級生もその周囲も爆破されてしまう。
江草にそのスイッチが預けられて・・。

同級生でもイカつい奴もいて、江草はカツアゲされたり
レポートを書くように命令されたり。
挙句の果てには、初デートができそうだった
片想いの女の子にまでちょっかいを出され、
デートはおろか、その女の子には変態扱いされるように
なってしまって・・。

江草の友人の爆弾男(同級生)が、
我慢ならずに、その態度の悪い同級生ともみ合いになる。

ここで江草がスイッチを押せば・・
爆弾男には申し訳ないけれど
その嫌な同級生から開放される・・・。

江草は震えながらもスイッチを押して・・。

だけど、ピ〜って変な音が鳴って。
何で爆発しないのか不思議に思っていると・・。

江草の前ににこやかにやってくる同級生二人。
実は私たち、こういうものです、と。
青少年の心理について研究している、と。

自分の欲求のために、どこまで我慢できるか・・。
この江草さんは1週間も持ちませんでしたね、と・・。

ご協力ありがとうございました、とさわやかに
帰っていく二人・・。

たまらず、江草は重そうなスコップを手に
二人の背後から近づいて・・。

その日のニュース。
大人しい大学生が白昼通行人を襲った、と・・。
この江草容疑者は心に爆弾を抱えてたんですね、の
コメントとともに・・。



「輪廻の村」
突然記者が帰ってこなくなっちゃって
行き先も知っているのに世間は騒がないの〜?とか
次に来た人は誰の関係者〜?とか
最後がとっても気になるわ〜・・。


(あらすじ)
新聞社に勤める夕奈(伊東美咲)。
社会部の敏腕記者から一転して今の配属に。

自分の村には呪われた秘密がある、という投書が
舞い込み、夕奈はここでいい記事が書ければ社会部に
復帰でいるかもしれないと半信半疑ながら取材に行く。

やっと辿りついた村。
でもそんな噂はないと否定されるばかり。
一晩泊まり、あきらめて帰ろうとすると・・不思議な
出来ごとが気に止まる。

小学生の男の子がまるでピアニストのように
ピアノを弾く。誰々に習った、というが海外の人間の名前。

違う小学生の男の子の描いた絵は、軍人で、
第なんとか小隊で、この人が隊長の誰々で
これが自分、と。

会社に電話してその小隊を調べてみると・・
男の子が言ってた通りの名前が出てきて・・。

その男の子のおばあさんは猫のように
魚をむさぼって食べていたり・・。

この村人は皆「輪廻」した人間だと。
昔の記憶を持って生まれ変わった人たち・・。

投書は私が出した、という女の子。
恨みを持ったまま死んだ人間が輪廻して
この村に生存している、と。

村民はこの女の子を軟禁して
村から出さないようにしていた。
夕奈はこの女の子を村から出して
証言してもらえれば、特ダネが得られると・・。

必死で夕奈は女の子をかくまって、
村を脱出させようと思ったのだけど・・。

村から出たら証言してくれる?の問いに
素直に応じる女の子。
名前は伏せてあなたが証言したと
分からないようにするからね、と言い
女の子の手を引こうとすると・・。

前もそうやって言ったよね?と。
夕奈が振り返ると、その女の子に男性が重なって見えて・・。

社会部にいたときに収賄の内部告発をした男性が・・。
あなたの名前を伏せて、保護する、と
明言した夕奈だったけど・・。

結局は男性の名前が出てしまい、
自殺するしかなくなった、と。
その男性は夕奈に恨みを持って死んで輪廻していて・・。

村人が駆けつける。
だからその女の子をこっちに渡せといった。
あんたが帰るまで軟禁するために。復讐させないために。
こうなると思って、良かれと思って言ったのに・・。

夕奈は・・深い穴に落とされて・・そのまま埋められて。
ただの村人の墓場かと思っていた場所は、
実は夕奈のように恨みから復讐され、
亡くなった人の墓場だった・・。

そして今日も一人、若い女性がこの村を訪ねてきて・・。



「真夜中の殺人者」
これ、一番見てるのも嫌だったし、
後味も最悪だったわ〜。。


(あらすじ)
合コンで知り合った男性に執拗に交際を
迫られてる亜矢香(相武紗季)。
でもそれほど嫌がってるわけでもなく
簡単に付き合ってしまうのはどうかと。
何か大きなとこをしたら付き合ってもいい、と
返事をした亜矢香。

大きなこと、今夜実行します、とのメール。
一体、どんなことをするのだろう・・。

気がつくと、向かいのマンションの部屋の明かりで
文字が見える。
この部屋は電気を消し、この部屋は電気をつけ、で
I LOVE YOUと・・。
マンション自体が大きな電光掲示板にでも
なっているかのよう。
亜矢香はまんざらでもない。付き合ってみようかな・・。

でも、この部屋の明かりを調節するために
この男性は警備員を殴り、マスターキーを盗んで
各部屋に無断に入っては人を工具で殴って・・。

ある部屋の占い師がこの行為を予言したために
返り討ちにあって、その男性も倒れ・・。
最後の一室の明かりが点けられなかった・・
と思ったら、駆けつけた警察が倒れている男性がいた
部屋の明かりをつけて、全部の文字が点灯して・・。
何も知らない亜矢香はこの明かりの文字で感動してね・・。

次々に部屋に入って襲っている場面が、
亜矢香を狙ってきているのか、そのときは
理由がわからないので何で次々人を殴るのか、
殺していくのかが不気味。

でも・・追い込まれる恐怖よりは、なんだかな〜って
感想のほうが強かったわ。。



「クイズ天国・クイズ地獄」
なぞなぞには私弱いのね〜。
コーヒーの並び替えとチビが出題したアルファベットの
答えは分からなかったわ〜・・。
(でも部長にはなれたわよ、私(笑))



(あらすじ)
サラリーマンの諸沢(石原良純)。
最近、TVで流行っているクイズ番組は
面白くない、と。
バカな芸人が出てそのバカさに笑うなんて・・・。

で、始まってしまった「クイズ天国・クイズ地獄」
通勤で諸沢が電車に乗ろうとするとアナウンスが。
「WBC」の略は何でしょう。3択です・・。
電車のドアには3つの答えが貼ってある。
答えだと思うところに並んでね。
間違ったので・・電車に乗れず・・。

会社のエレベーター。
世界遺産を3つ言え・・。
言えなかったので・・エレベーターは使えず階段で。

会議室。AとBのバイオリン。
普通のものか、1億円するものか、音色を聞き分けて
1億円のバイオリンと思うほうの会議室ABを選んで入ってね。
・・聞き分けられず・・誰もいない部屋に入って灰をかぶる・・。

人事異動。問題に正解したら企画部長に昇格。
間違ったら・・クビ。
日本で一番最初にラーメンを食べた著名人は・・?
4択から選んでね・・で、間違って解雇。。

ふてくされて公園のベンチで寝っころがってたら
アメをあげる、と三輪車の女の子。
さて問題です。アルファベットの最後の文字は・・?
・・「Z」じゃなくて「ト」でした〜、でアメももらえず。。

こうなったら公園のホームレスになるぞ、と思っても
この公園に入居?するにも問題が。
・・全5問正解でクリアのうち、4問正解したのが二人。
一騎打ちで最後の問題は・・イントロクイズ〜!
・・ボタンの押す速さで・・負けてしまった諸沢。。

とぼとぼ歩いているとオヤジ狩りに会い・・。
さて問題です。オヤジ狩りに使うのは・・
1.金属バット、2.ハリセン、3.メリケンサック。
2がいいな〜なんて言ったけど、3だよ、で殴られて。

内臓破裂してるかも、で病院の手術室。
手術をするかしないか、・・正解したら手術するね、と医師。
問題は・・アルファベットの最後のスペルは何でしょう・・?
あ〜、さっき公園でやった問題だ〜・・だったけど、
スペルだったので、「ト」じゃなくて「Z」・・ということで
手術はなしで〜す・・。

この光景が自宅のTVで流れている。
それをみて、だからクイズ番組をみておけば
良かったじゃない、と笑う諸沢の妻と息子・・。

手術して〜、と叫んでどこかへ運ばれていく諸沢でした。。



「ボランティア降臨」
これは後半あたりから、こういうオチだろうな〜、と
思えた作品。
でも、あんなにボランティアがいるとは思わなかったわ〜・・。



(あらすじ)
足を悪くした義母の介護をしながら、
家のことを手伝わない夫、息子の世話をし、
ローンの足しにとパートに出ている妻(高島礼子)。

ある日、訪ねてきたのはボランティアだというミチコ(大竹しのぶ)。
義母の介護をし、夕食も作ってくれ、何だか助かるわ〜と
思っていた妻だけど・・。

夫や息子、義母はミチコを天使のように思う。
家族のために働いてくれて、介護もしてくれ・・。
毎日泊まって家事や家族の世話をするようになるミチコ・・。

面白くないのは妻。
自分と同じことをミチコはやっているのに
自分がやっていることは当たり前で感謝もされない。
でも、ボランティアというミチコがやれば
感謝、感謝の日々で・・。

10日以上も帰らないミチコに怒りをぶつける妻。
ミチコと話していくにつれて・・ボランティアに目覚める妻・・。

翌日、妻を明るく送り出す家族とミチコ。
ミチコはすがすがしい顔。
どこかで必要としている人の家に行って
ボランティアをする。
人のために働き、その人たちに感謝される、
その人たちに必要とされる幸せを・・。

主婦が家事や家族の世話をしても
当たり前で、ありがとうもいわれない。
でも、他人がきて同じようなことをしてくれたら
感謝でいっぱいになる・・。
そんなありがたいことを妻や母親は
毎日してくれているんだよ、ってことなんだけどな〜。

街中の主婦が、ボランティアになっている風景で
終わったんだけどね。。

言い換えれば男性にも言えるわけで、
当たり前のように稼いできてくれるけど
感謝を忘れずに、ってね。。

一緒にこの作品をみていたダンナは
全然ピンときてなかったようで。
だからダメなんだよ〜・・全然感謝されてないわ、私。


と、いうことで全体的にマイナスな雰囲気の
作品だったかな、と。
明るくて笑える〜って作品はなかったわね・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
世にも奇妙な物語 ’09春の特別編 るりりんのお散歩雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる