るりりんのお散歩雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国ドラマ「チャングムの誓い」 全話感想

<<   作成日時 : 2009/10/19 13:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

話数があまりに多いから、評判が良いって
分かっていても手を出せなかったのよね。

でも、カット版でも吹き替えでもあったけど、
地上派で平日毎日放送されていたこともあり
録画して見ましたよ。

これね〜。2、3話みたら、どうしようもなくハマるよね。
だって〜、やられてばかりじゃ、くやしいじゃ〜ん(笑)。

宮中の政権争いや嫉妬にチャングムが巻き込まれるんだけど
その罠やウソに見事ハメられて、不幸のどん底に
落ちちゃったままで、見るの終わりにできないでしょ〜。

絶対にチャングムが正しくて、その罠やウソが
ドンデン返しで明るみに出て、汚名が晴れたときの
爽快感がなんとも。
だから、どん底のまま見終わるなんてできないのよ・・。

チャングムは元々、宮中の料理を司る部署の女官なのよね。
王や皇后などに料理を作るところで。

チャングムの母親も権力争いのとばっちりを受けて
その一族に消されたようなものなのよね。

チャングムは母親から受け継いだ才能が際立っていて。
頭がよく、料理の腕もいい。
権力を握る一族は、その才能が怖くなるよね・・。

チャングムの周囲の人間は本当にいい人ばかりなのよね。
その敵対する一族についた人たちを除いては。

母親の親友で、チャングムの師匠として
一緒にやってきた人がいたんだけど
その人と共に濡れ衣を着せられて
拷問の末、島流しにあうのね。

その島へ行くための船に乗る前に・・その師匠は
チャングムが背負った状態で亡くなってしまうのよね。

決して身分は低くない人なんだけど、
このときは罪人だから、その野道の脇に埋められて。
ここ、すごく切ない場面なのよね〜・・。

後々、ちゃんとお墓を作ることができたけど
罠にハマらなければ罪人になることもなく
亡くなることもなかったのに、って
チャングムの無念はいかばかりか・・。

チャングムがナウリと呼ぶ男性。
この人は、身分はチャングムと違えど、
親身になって命がけで助けてくれる人なのよね。

この人がいなかったらチャングムの物語は
すぐに終わってしまうのはないか、っていうくらい重要。

島流しにあったけど、母親と師匠の無念を
晴らさなければ、とチャングムはまた宮中に入って
悪徳一族に復讐するっていう信念で再起するのね。
復讐っていうか、名誉挽回っていうほうが近いかな。。

今度は料理人ではなく、医女となって。
頭もいいし、食材を詳しく知っているし、で
優秀な医女になってね。
医女の師匠がまたいいのよね。
こういうサバサバした人大好きだわ〜。

さて宮中に医女として戻ったチャングムだけど
すぐに復讐できるはずもなく。
またあの目ざわりのチャングムがきた〜って
悪徳一族は宮中追放を計画するのね。

でも、この一族の権力を維持するために
何人もの人間を陥れてきたわけで、
その虐げられた人間が復讐をし始めて。

とうとう一族の人間がチャングムたちと
同じように拷問を受けるハメになったり。
そして内輪もめがひどくなって・・
チャングム側についたというのか、
心を入れ替えてくれた人間が証拠となって
無事に汚名挽回ができてね・・。

悪徳一族が天から地に落ちていくさまは
当然だと思いながらも、やっぱり悲しい場面
だったわね〜・・。

そして、この一件でチャングムが優秀で
信頼できる人間だと王や皇后に認められたから・・
良かったこともあるけれど、王族の後継争いに
巻き込まれていきそうになったりね。。

ま、すんでのところで権力争いは収まったけど
皇后はもとより、王にも絶大なる信頼を
寄せられることになったチャングム。

その信頼は・・愛に変わっていってね。
王の側室に、なんていう騒ぎがあって。

側室になれば、医学の道からは外れ、
ただの女性として生きることになる・・。

チャングムを愛し、そばでいつも見守ってきたナウリは
彼女から生きがいの医学を奪われるくらいなら
自分が犠牲になる、っていうことで・・
王の主治医にチャングムを就かせ、自分は島送りに。

チャングムのためなら、自分の命も惜しまない人。
王はナウリも立派な人間だとわかっているけれど、
チャングムを主治医にするために命は取らずとも
宮廷には次の代まで入れないように
命令を出すのね。
・・・ま、チャングムを巡ってのライバルでもあるし、
うるさい大臣たちを抑えるにはこれしかなくてね・・。

島送りになるために、海岸に向かうナウリ。
それを知って必死で追いかけるチャングム。
追いついたチャングムに主治医として頑張れ、っていう
ナウリには・・泣けるわ〜・・。

この辺が最後の2、3話あたりなのよね。
ナウリと別れ別れになって、
チャングムは師匠までも敬語になるっていう位に
ついて、王の主治医として務めるわけよ。

けれど、王が腸閉塞になってしまって。
予期していたこととはいえ、チャングムも必死。

ナウリを仕方なしとはいえ、島送りにされたことの
恨み言一つ言わず、献身的に看病してくれるチャングムを見て
王は・・最後の王命を下すのね。
この王命がね・・。本当に素敵でね。
人間的な感情を持った王様で幸せだったよね〜、チャングム。。

王命によって人知れずナウリと共に
生きられることになったチャングム。
でもすぐに王が崩御して。
治療を放棄して逃げた、って理由で
追われる身になってね。

そして8年の月日がたって。
チャングム2号がまたチャングムそっくりなのよね(笑)。
ハキハキとしていて、物怖じしない、
何でも興味を持って、頭が良くて・・。

チャングムの身を案じている人々がたくさんいて。
その中には、元王の皇后も。
政権が変わったし、王命も知っていたし、で
チャングムが生きているとわかると
宮中に連れ戻し、身分もナウリと共に回復させてくれて。

宮中には仕えず、民衆の病を治したい、というチャングム。
皇后はチャングムの思いをよく知っているから
好きにさせてくれるのね。

この時代、まだ手術という医術はなくて。
ツボを針で刺して麻酔をし、刃物で皮膚を切るっていう
技術はまだ誰もしたことがない。
王の腸閉塞もチャングムは開腹したい、って
言ってたのだけど、言語道断でだめだったのよね。

ひとつ間違えば殺人者にも映ってしまう技術。
ナウリは心配するんだけどね。
チャングムは人を助けるのが全て。
ある妊婦を帝王切開して助けてね。
ナウリは・・もうチャングムを制することはできないと。
この人はこうやって生きていく強い人なのだと・・。

時代の最先端を行く人間には、大変な苦労があるんだろうな、と。
成功すれば賛辞が送られるけど、
失敗すれば非難が待っている。

それでも、何回非難を浴びても、
志や信念を強くもったチャングムは負けることなく
人のために強く生きてく女性で。
きっとチャングム2号も立派な女性になるんでしょうね・・。

カット版だったので、もっともっとたくさんのエピソードが
あったんだろうな〜と。
機会があったらカットなしも見てみたい。

毎回、次回が楽しみで仕方がなかったわ〜。
すばらしかったです。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
韓国ドラマ「チャングムの誓い」 全話感想 るりりんのお散歩雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる