るりりんのお散歩雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国ドラマ「大〜韓民国の弁護士」 第1話〜第5話

<<   作成日時 : 2010/01/21 11:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

とても楽しいです〜。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ミングク …イ・ソンジェ
 資産運用会社の社長。本当は情にもろい人間だが、
 世間では変わり者でお金にがめついと思われている。
 
イギョン …イ・スギョン
 高卒ながら弁護士になった女性。弁護士の経験が浅いのに
 高額の慰謝料請求されたミングクの弁護を担当することに。
 エリとは高校の同級生。ヒョクとは数年前は恋人だった。

エリ …ハン・ウンジョン
 ミングクとの結婚を機に女優業を引退。
 今回の離婚裁判をヒョクに依頼する。

ヒョク …リュ・スヨン
 有能な弁護士。エリの高額離婚裁判を引き受ける。
 数年前まではイギョンと同棲していたが、忽然と姿を消す。
 今、また忽然と姿を現し、イギョンと同居。
 イギョンのことが大好き。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


大手弁護士事務所の経理から、
高卒ながらも弁護士になったイギョン。
今は、すぐにでも倒産しそうな
弁護士事務所を経営していて。

6年前に同棲していたヒョクが
突然アメリカから帰国しイギョンの前に。
また一緒に住もう、結婚しようと。

イギョンの高校時代の友人で大女優のエリ。
6年前に引退し、実業家のミングクと
結婚したけれど今、離婚を。

その慰謝料請求として、例を見ない高額を
請求することに。
その弁護を優秀な弁護士のヒョクに依頼して。

実業家で番付にも入ってるくらいの金持ちのミングク。
けれどお金にはケチで1ウォンたりとも無駄にしたくない。
慰謝料をとられるくらいなら離婚を撤回する、と。

まぁ、エリはそんなことに応じることもなく。
こんなことになろうかと先に離婚してたのよね。
離婚前に慰謝料云々を言ったら、絶対応じないと思ったから。

一体誰に弁護を頼めば・・のミングク。
あまり評判がよろしくないからね、ミングクは。
がめつい、というか、すぐにケンカになっちゃうという。。

そこでエリの友人のイギョンに
弁護を頼めないか、と打診するのね。

イギョンからしたら、友人の敵になるし、
普通に考えたら引き受けられない、と。
でもミングクは世間からいわれるほど
嫌な人間じゃない、っていう場面を見てね。

エリに、ミングクから弁護を頼まれているって
様子を伺ってみるイギョン。
彼がそういうならいいじゃない、って
何だか冷めた返事をするエリ。

エリが演出していることもあるんだけど、
国民からはミングクがあまりにも悪人に
映っていてね。
1001億ウォンという莫大な財産分与の
請求という注目も集めていて。

イギョンは、ミングクに少し情が傾いたのか、
引き受けることに。
でもコレが訴訟らしい訴訟の最初なのね。。

ヒョクは6年前に同棲していたイギョンの前から
突然姿を消したらしく。
何か理由があるのかしらね。
昔も今も、イギョンのことが
大好きで仕方ない様子のヒョク。
そのヒョクの敵にイギョンがなるわけで・・。

イギョンはエリの弁護を誰がするのか、
ヒョクからは一切話はなくて。
探りを入れた事務所長からこの事実を聞いて。

二人を担当する弁護士が同棲しているなんて、
この当事者本人たちにも、世間にも知られてはいけない、と。
最悪、廃業になちゃうかも、と・・。
なので、二人が同居していることは内密に。。
・・っていうか、家の権利はともかく、
裕福で、急に舞い戻ってきたヒョクが
一旦家を出れば?って思うんだけどね・・。

イギョンは、ミングクの弁護を引き受けるために、
結婚生活のことを聞いていく。
でも、聞けば聞くほど悪いやつ〜って印象で。

エリの女優復帰もさえぎり、
お金さえ渡してれば、
男は夜、出歩いたっていいだろ?接待だし、っていう・・。

エリがミングクが所有している映画館を
自分に任せてほしいっていい出すと、
家事でもやってろ、ってな具合。

エリがミングクのために
会社にお弁当を持っていけば、
秘書といちゃついていたり・・。

こんな男の弁護をするところなんてない、って
イギョンはあきれ顔なのよね。

エリは・・たぶん、ミングクのことが
過去も今でも好きなんじゃないかな。
でもミングクはお金がなにより一番で
人の気持ちは二の次の人だからね。

イギョンも、どんなに金額でも人の心には
勝らない、ってミングクに言ったんだけど
彼はさっぱり理解できていなくて。。

でも・・口が悪いだけなんだよね、ミングクって。
誤解されやすいっていうか。

エリとの離婚も、離婚してやる、なんて口では
言ってても、本心じゃなかったんだけど、
エリが正直に離婚届を出しちゃったもんだから
こうなったわけで。

ミングクも、エリも、本心では離婚しようとは
思ってなかったみたいね。
ただそのときの勢いってところがあるみたい。。

イギョンには出身高校の校長先生から
ちょっとした依頼があって。
客室乗務員の養成って名目で、
お金をだまされた子が何人もいる、と。
その人たちからお金を返してもらってほしい・・。

ま、いわゆるヤクザの軍団の詐欺で、
それでもイギョンはこんなひどいことは
許せないのね。
お金もそうだけど、高校を卒業する子たちが
大人や社会に裏切られたと傷ついたのが許せなくて。

この軍団は、大人しく黙ってイギョンの要求を
のむはずもなく、イギョンをからかい始めて。

イギョンを助けようと、ミングクが駆けつけたことで
乱闘が始まり・・。
でもミングクは自分が殴られても、
ちゃんとイギョンを守ってね。

大事な弁護士ってこともあるけど、
何となくかわいらいいって思うときもあって。

イギョンの事務所が家賃を払えず
追い出されたときも、自社ビルに空きがある、って
入れてくれたり。

壊れた扇風機を見かねて、新品じゃないけど
会社にあった扇風機をすっと差し入れたりね。

ミングクは自分でもイギョンに惹かれるのが不思議で。
前妻のエリは、かなりの美人で、無口で
ミングクを立てる人。
でも、このイギョンは美人とは言えず、
遠慮なしに意見をしてくる。
ミングクに従うどころか、説教される始末で・・。

それに、相手の素性は分かってないんだけど
イギョンの部屋には男性の物が置いてあるから、
結婚してると思われてるのよね。
だから、ミングクはこんな既婚の女性に
惹かれるなんて自分はおかしい、と思い始めてね。

まだ裁判は始まらず、双方の文書でのやりとりの段階なのね。
イギョンは二人がちゃんと話し合えば
それなりに決着するんじゃないかっていう考えも
あるようで。

エリはね・・。本当にミングクが好きなのね。
こんな法外な慰謝料を請求したのは
プライドなのかな。
反省してミングクが戻ってくれば、って感じだし。

ミングクはエリはいいやつだった、って
思ってるようだけど、何だかもう恋愛の相手ではないみたい。
無難な人で結婚生活も楽だった、って感じかな。。

ミングクとイギョンは口うるさいやつ〜、とか
価値観がよく分からないやつ〜って関係なんだけど
あら、嫌な人でもないかも、っていうポイントもあったりで
いい雰囲気のときも。

そんないい雰囲気でじゃれあってるときに・・
話があってやってきたエリとヒョクが見てしまって。
二人は複雑な表情でね。


楽しいです、このドラマ。
テンポもいいし。

イギョンが急にパーマ姿になっちゃうんだけど
ラスト・スキャンダルを彷彿させる姿で。
パーマが取れたのか、徐々に戻っていくんだけど
なんでこの姿になったのかよく分かりませんわ(笑)。

エリは法外な金額を要求しているけれど
すごくさびしい人でね。
寂しい思いをして、傷ついて、で、かわいそうな人ですわ。。

タイトルに「〜」が何で入るのか、っていう疑問が
ここまでみて解決しました。

サッカーの韓国の応援の掛け声が
デ〜ハンミングク!(大〜韓民国!)なのね。
そして、このドラマの登場人物の名前がハン・ミングク。
偉大なハン・ミングクさまだ〜、ってなことで
掛け声とミングクの呼び名をカケたものでした。

大〜韓民国の弁護士、なので、イギョンのことでもあり、
ヒョクを含む全弁護士やその世界のことかな。

まだいっぱい謎があるので楽しみです。



<感想&あらすじ>
韓国ドラマ「大〜韓民国の弁護士」 第6話〜第10話
韓国ドラマ「大〜韓民国の弁護士」 第11話〜第13話
韓国ドラマ「大〜韓民国の弁護士」 第14話〜第16話(最終話)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
韓国ドラマ「大〜韓民国の弁護士」 第1話〜第5話 るりりんのお散歩雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる