るりりんのお散歩雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「世にも奇妙な物語 20周年スペシャル・春 〜人気番組競演編〜」

<<   作成日時 : 2010/04/13 08:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

やっと録画観られたよ。。

『ニュースおじさん、ふたたび 』
香里奈/めざましテレビ

(あらすじ)
現場リポート担当の女性。
すぐに駆けつけたはずなのに
そこにはいつも同じおじさんがいる。
なぜ事件現場にいち早く到着しているのか・・?

しかも、同じ時刻で違う場所のリポートのはずなのに
おじさんが両方の画面に映っている。
同じおじさんが二人いる?
どうやって映りこめるのか・・。

おじさんに、私と契約して、と頼んでみても
返事もない。
おじさんと契約すればいち早く自分の
リポートができてスクープを撮ることができる・・。

おじさんのことを考え出して
仕事が手につかなくなった女性。
しばらく休暇を取ることに。

旅行先でバスに乗る。
その車窓からおじさんを発見。
そこで事件が起こるのか、と思ってたら
今度はおじさんがバスに乗っている・・。

・・そしてこの女性が乗っていたバスが事故にあい、
崖から転落。
薄れていく意識の中でおじさんが言う。
契約しよう、と・・。

女性は亡くなってしまったけれど、
いつも一番先に事件現場に姿を現すことが
できるようになった・・。


(感想)
事件が先なのか、出没したところに事件が起こるのか?
お金じゃなく、命が代償だったってことね。



『ナデ様の指輪』
塚地武雅/はねるのトびら

(あらすじ)
ほぼ100円ショップで塚地がハメた指輪。
抜けなくなってしまったけど、デザインもいいし
そのままでいると・・女性にはモテるし、
出演依頼が次から次へと舞い込むし、
世界的に有名になって、良いこと続き。

あの人ともこの人とも握手して、
超多忙な有名人になった塚地。

ところがある日、信心深そうな人々がやってきて
塚地の指輪をしている手をなでて、
ありがたい〜と。

何のことかと不思議がっていると、
この指輪をしている人は4年に一度の間隔で
亡くなるのだと。
みんなの不幸をいっきに背負って亡くなってくれる・・。

驚く塚地に言う。
これまで一生分の幸福を味わっただろう?と・・。

今までのこの有名になってチヤホヤされたのは
みんなの災いを引き受けて死んでくれるから・・。

これは大変だと指輪を外そうにも外せない。
早くしないと4年に一度の日がきてしまう・・。

あと数秒ってときにやっと指輪が外れた〜。
もう死ななくて済むぞ〜って安堵していると・・
ちょっと認識していた時間が違っていて・・
どこからともなくガッと腕が出てきて、
塚地の頭を・・・。


(感想)
怖いわ〜。最後のガッ、が。
世の中、平等に良いことも悪いこともあるって
ことかしらね〜。
あんまりいいことが続いたら・・その後には
何かがある・・?



『もうひとりのオレ』
藤本敏史/爆笑レッドカーペット

(あらすじ)
芸人の藤本。
面白いような、面白くないような、
いまいちピンとこない日々。

ある日、寝坊した、とTVをつけたら・・
自分がコントをやっている。
しかも・・自分が出てるよりはるかに面白くて
笑いをとっている・・。

そのTVに出ていた人物は
自分の分身であることが判明。
でも3日後には元の自分が消える運命だと・・。

分身のほうがウケがいいから
本人のほうは家事をやって陰から見守る。
3日後に本人は死ぬ運命。
だったら、自分から死んでやる・・。

運命の日。
殺されるくらいなら
自分から死んでやる、と屋上から
飛び降りようとする本人。

なに〜?そんなかっこいいこと言うなよ〜。
そんなかっこいいのは俺がやる〜、って
分身が飛び降りて・・。

二人は存在できない。
分身か本人か、どちらかが残る、で
藤本は本人が残った。

すると今田がやってくる。
お前バカだな〜。
芸人ならバージョンアップしろよ、と。
分身がバージョンアップして面白いほうだからね。
自分も、はんにゃの金田も、みんな芸のために
自分を捨てたのによ〜・・。


(感想)
知ってる芸人さんの名前が出てくるので
なかなか楽しかったです。
そうか〜。面白くて売れてる人は
分身が自分になっているのか〜。
一発屋で消えていった人たちは・・
本人のままなのね?って想像したりね。



『まる子と会える町』
西田敏行/ちびまる子ちゃん

(あらすじ)
妻に先立たれ、一人娘は嫁にいってしまい、
残った男性はひっそりと暮らしていたけれど、
この歳になってリストラにあい。

テレビの中のまるちゃんの家族が
和気藹々で楽しそうで、うらやましい・・。

と、思ってたらアニメの中のまるちゃんの中に
入り込んでしまった男性。

ほんのひととき、温かい団欒を体験する男性。
寂しいおじさんだと思いつつも、長居することを
拒むまるちゃん。
おじさんにも家族がいるでしょ?
待ってるはずだよ・・。

現実に帰った男性の前に娘が。
お父さん、一緒に住みましょう・・。


(感想)
・・う〜んと、なんだろうね、これ?
そんなに上手い話はないと思うのだけど。
しみじみ〜って感を出してるけど
そんな簡単にゃいかないだろ〜って思うわ。。

さみしくなんかないよ。
いつでもまる子に会えるから・・だそうだ。
ふ〜ん・・。



『台詞の神様』
三谷幸喜/わが家の歴史

(あらすじ)
脚本家の三谷。
プロポーズする男性に対して、
柴咲コウの演じる女性が何というセリフを
返したらしっくりいくのか・・で悶々と考えている。

きっとこういうときにはセリフの神様がやってくるはず・・。

ルームサービスを頼むとやってきたのは
柴咲コウにそっくりのウエイトレス。

私、脚本のセリフを考えるの、得意なのよね〜と
三谷がこれまで悶々と考えていた悩みを
すぐに言い当てる女性。
これは本当に神様かも・・。

・・と思ったけど、パッと目を覚ます三谷。
やっぱり夢か〜・・で、ルームサービスが
部屋にやってくる。
すると・・あの夢でみた柴咲コウそっくりの
ウエイトレスが。

これはこれは本当に次のセリフを
ズバっと言ってくれるのかも、って
期待していると・・アタシ、ニホンゴ、シャベレナイ。

あっそ、やっぱり夢は夢ね、で終わり・・。


(感想)
脚本って書くのは本当に大変なのね〜って
分かるドラマだったかな(笑)。
その一言が浮かばないと大変なのね。
最後のオチもなかなか楽しかったです。
そうね、そりゃ無理ね、って納得しちゃう。。



20周年ってことでしたが、
脇も有名な人たちで固めたのはいいけど
自分の局の番組だし、ついでにこっちも撮影って
感じが否めない。
何だか安上がりな気も。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
今回はコラボで
またまたドラマを ...続きを見る
笑う学生の生活
2010/04/24 21:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「世にも奇妙な物語 20周年スペシャル・春 〜人気番組競演編〜」 るりりんのお散歩雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる