るりりんのお散歩雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国ドラマ「必殺!最強チル」 第1話〜第5話

<<   作成日時 : 2011/09/16 15:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この時代はつらい要素ばかり。
でも・・アクションにクスっと癒される。。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
チル …エリック
 平等を追い求めた父親を失い、養父のもとで
 役人として生活している。依頼があれば刺客となる。

ソユン …ク・ヘソン
 元は裕福な出身だったが、世子と共に清に渡り帰国。
 帰郷女と疎まれ、下人として働いている。

フクサン …ユ・アイン
 チルと兄弟のように育ったものの、両班の養父に
 刺客として育てられる。
 
ジャジャ … イ・オン
 チルの刺客仲間。ソユンと同じく世子に仕えていた。

ヨンドゥ …キム・ビョル
 小物問屋の娘。同じく刺客仲間。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


チルの幼少時代。
両班の父親は身分差のない社会を
実現させようと行動した人。

朝廷に訴え、同じ思想の人たちと山奥に村を作り、
平穏で静かで平等な暮らしを実現していた。

けれど、一番信頼していた人物が朝廷側につき
軍の急襲にあって全てを無くす。

村は全滅、生き残ったのはチルと妹、
それに家族のように暮らしていた
チルの1歳上の男の子・フクサン。

フクサンの父親が裏切った人なのよね。
面と向かって殺されたチル父と、フクサンしか
裏切り者が誰だったのか分からない。

チルはある夫婦の養子になっていて
一応下っ端の役人として仕事をしている。

妹は近くの塾の先生をしていた男性に引き取られていた。
この男性が・・ある秘密を知っていて
朝廷で真実を明かそうと思ったために
殺されてしまって。

真実とは、前の王子が毒殺された、というもの。
・・チュノと同じ時代ね。。

チルと妹、二人だけがこの真実を記した文書を
見たんだけど、こんなことを役所に言ったら
チルたちが殺されてしまう。
この文書のことを言えずにいると・・。

毒殺にかかわった人からしたら
文書を残したに違いない、って探すのに躍起になる。

チル妹はそんな敵にあっさりと殺されてしまう。
チルにとって唯一の血縁だったのよね。
母親も姉も官軍に殺されて、父親もチルたちを
守るために殺された。
そして今、妹も朝廷の派閥の事情で殺されて・・。

妹の復讐のため、チルは一人、妹を殺した両班のところへ。
そこで両班を殺したんだけど、チルと同じく
この両班を狙っている人と出会う。
どちらも何の目的でここにたどりついたのか分からず。

この両班を殺害した、とその妻が自首してきたと。
犯人はチルなのにね。
無実な人を犯人にするわけにはいかないチル。

チルが妻を逃がしてあげようかと思ったときに
そこの牢獄が奇襲にあって。
仲間と牢獄を襲いにきたのは・・妻の息子。

この時代、清へ王子が渡ったときがあって
そのときに何十万人という女性が貢ぎという名で
一緒に行って。

その女性たちがまた朝鮮に帰ってきているのだけど
汚れた女性っていうイメージがあって
世間ではあまりよく思われない。

その帰郷女だったこの妻は、清で産んだ息子を
ダンナが認めてくれず、息子は片目までつぶされたのね。
だから妻は息子が恨んでダンナを殺したのかと。
息子をかばうために自首をして。

息子と妻は無事に牢獄から逃げることができた。
真犯人を知っているとチルが言っていたので
その妻は犯人に感謝している、とかんざしを渡す。

理屈では決して殺めてはいけない人物でも
殺したいほど恨まれていれば感謝する人もいる・・。

ここからチルは変わっていく。
自分の恨みを晴らしたら、他の人に感謝されたんだもんね。
こうやって世直しをしていく道もあると。

幼い子が祖父に母親を殺されたと。
祖父は名誉と欲のために、その子の母親を殺したのね。

そしてその孫をも殺そうとし始めていたので
チルは祖父に制裁を。

こうして刺客としてのチルに。
昼は下っ端の役人。
夜は依頼があれば刺客になる・・。

今度の事件は夜中に無差別に殺人がある。
両班のバカ息子が一度で首が切れるか、で
賭けをしていて。

その犠牲にチルの知り合いの娘の父親が。
娘は犯人の顔を見ていて必死に役所に届けるけれど
無視される。

役所ではお偉いさんたちが犯人を知っているけれど
まさか息子たちが犯罪者になったら大変だもんね。
賄賂で口封じ。

ちょうどのタイミングで罪をでっち上げる人を
見つけたので、こいつらだ、って何の罪も無い人たちを処刑。

娘が自分たちの人相を知っていると知ったバカ息子たちは
娘も殺害。
この子が亡くなるときにチルに無念を晴らしてと依頼を・・。

チルの前の事件のときに官僚なのに刺客のように
忍んでいた人と出会う。
この人はあの文書を公にして世の中を変えるべきっていう
意見の人ね。
今まで仲間を全て殺されている。

この官僚は、バカ息子たちは知り合いの
子供らだったので黙認してしまって、
そのために今回の娘を見殺しにしてしまった、って
後悔していてね。

史官という記録係のような仕事の人なんだけど
チルと一緒にバカ息子たちに制裁を・・。

けれど、そこにはすでに切られている
バカ息子の仲間の姿。
胸にZの稲妻型が刻まれている。
チルと史官のほかに誰かが存在している・・。

チルは義父の敵、史官は仲間の敵、
稲妻型に切る人間を捜すことに。
(どちらにもこの稲妻型の切り口があったので)

王子(世子)の護衛隊が清から一緒に帰国したんだけど
刺客によって護衛隊が襲われて。

たまたま生き残ったジャジャ(刻字の意味。額に思いを込めて刻んである)。
殺された護衛隊の胸には稲妻型が。
その切った刺客と、刺客を送ったと思われる訳官に
復讐する、と。
(訳官とは、通訳の人で高官に多大な影響をもった
ふんぞり返ったヤツ)

清に行ってた人なので、ソユンも知っている人。
訳官に復讐すると言ってるので止めてほしい、と
チル父にお願い。

ソユンとは・・この人もいいとこのお嬢さんだったのだけど
帰郷女なので今は下働き。
清に行く前の幼少時代からチルと知り合いで
初恋同士のような淡い関係の人。

ここからジャジャもチルと同じく稲妻さん
(稲妻型に切る人のことを勝手にこう書きます。。)を
追っていることを知って一緒に復讐を、と。

これと同じくして護衛隊の人の家族はみな
下人や妓生に身分を下げられてしまっていて。

全員を逃してあげるためにジャジャは刺客をしては
お金を稼ぎ、助けてあげていた。

バカ息子たちをやったのもジャジャ。
報酬をもらうため、稲妻に切ったのは
本人をおびき寄せるため。

お金を出して死亡届を出させて
妓生から助け出した護衛隊の友人の母娘。

これで細々とでも自由に暮らせる、って思ったのに
この死亡届に絡んだ人たちがグルで
母娘を捕まえて遊女として働かせようと。
死亡届が出ているので、何かと便利だもんね。
そうしてお金を荒稼ぎ・・。

逃げようとした母娘が殺されてしまって
たまたま仕事できたチルに最後の願いを言って
息を引き取るのね。
この恨み、晴らしてください、と・・。

チルにお願いされたし、ジャジャも友人の母と妹が
殺されたわけだし、で史官も加わり、仕事人に・・。

訳官はもちろん3人でやっちゃいました。
落馬、で亡くなるんだけど、そのときの訳官の衣装が
ちょっとおかしいよね。。
(撮影順序で変わってしまったんだと思う)

そしてアクロバットのような馬さばき・・。
殺陣のときもチェオクを彷彿とさせる
ぶっ飛びアクション。。

で、最終的に刺客仲間ができるのね。
チル、ジャジャ、史官、ソユンの弟、チルの父、
ヨンドゥという女性。

後者の3人はある事件をきっかけに
この時代、法で裁けない人に制裁を、という
掟に賛同した人。

ある事件とは・・。
両班の男性を慕っていた女性がいて。
男性もその女性の気持ちを知っていたし
自分も気があるような態度をとっていた。

その男性が科挙の試験を首席で合格するのだけど
実は女性には詩才があって、世の中でも
有名な詩文なのね。
女性が詩や学問なんて許されていなかったので
詩人は誰だか皆知らない。

男性の変わりにその女性が試験を受けて。
首席で合格し、良い役職が得られたとたん、
男性は女性を裏切る。

試験はもちろん自分の実力で、詩人の正体は自分でした、と。
そしてその女性を殺害・・未遂。

こんなこと許されない、でヨンドゥという女性が
加わって。小物問屋の人でなかなかすばしっこい。

チル父とソユン弟は情報屋というか
人捜し屋というかの仕事を密かにしていて
今回の事件でチルと共にすることになる。

そして・・ようやくフクサンが街に現れてきたよ〜。
ソユンは身に覚えがあるようで
何だか恐怖を感じている様子。

チルはもちろんまだ何も知らず、
顔も何も分からずなので、すれ違っても
反応は無い・・。


え〜と。時系列が複雑というか、
次々に知り合いが増えていく過程なので
書き表すのがすごく難しいわ。。

とにかく、平民にとって理不尽なことがおきて
その恨みを晴らすために同じ思いをもった仲間が
お仕置きしていく仕事人の話です。

日本の必殺仕事人をモチーフにしていて、
お金を等分に分けるところとか、仕事人になる前に
変身するところとか、かんざしとかムチとか小道具を
使うところとか、池とかね。
思い起こさせるモノがたくさん出てきます。




<感想&あらすじ>
韓国ドラマ「必殺!最強チル」 第6話〜第10話
韓国ドラマ「必殺!最強チル」 第11話〜第15話
韓国ドラマ「必殺!最強チル」 第16話〜第20話(最終話)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
韓国ドラマ「必殺!最強チル」 第1話〜第5話 るりりんのお散歩雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる