るりりんのお散歩雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国ドラマ「赤と黒」 第1話〜第5話

<<   作成日時 : 2012/02/29 15:44   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

ナムギルくん、妖しげ〜。
・・素敵だよね〜・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ゴヌク …キム・ナムギル
 一時は財閥の御曹司テソンとして育てられたが
 DNA鑑定で別人だと分かると否応なしに捨てられた過去があり
 財閥に復讐しようと・・。

ジェイン …ハン・ガイン
 財閥夫人のギャラリーを手伝うアートコンサルタント。
 
テソン …キム・ジェウク
 ゴヌクの後、財閥の御曹司として育てられたが
 屈折した性格で家族にも馴染めていない。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ある晩、一人の女性がマンションから転落死する。
自殺か他殺か。

状況説明が難しいな。。
とにかくゴヌクがある財閥に復讐しようと
してるらしい。。

ゴヌクはスタントマン。
ワイルドな風貌で妖しい風情。

撮影中のロケ先で財閥グループの家族に会う。
その次女が・・ゴヌクに一目惚れ。
次女は結婚が決まっているんだけどね。
相手は年齢も上の政略結婚のようなもの。
やっぱり愛している人と結婚したい、って
思うよね・・。

その相手のおやじは女優と浮気をしていて
それをゴヌクが細工して次女が知るようにして。

ジェインはその次女と知り合い。
財閥夫人(次女の母)の画廊で手伝いをしている。
頭は優秀、大学も一流出だけど普通の家庭。
恋人はいたけれど、家柄で却下されて
違う女性と結婚してしまった。

財閥には長男、長女、次女がいる。
そして愛人の子といわれる次男がいるという。

ゴヌクは幼い頃、この次男・テソンだと
この財閥に引き取られて育った。
でも・・ちゃんと教育をして
財閥の息子として育てる、って
無理やり引き取ったのに
DNA鑑定で血がつながってないって
分かると家の前に放り出してね。

なんて捨て方だよ、ホント。
親を呼んでやったから外で待ってろって
土砂降りの中、子供を追い出すなんてね・・。

急いで迎えに向かってた両親は途中で事故にあって
結局迎えには来れないで。
かわいそうなゴヌク。
そりゃ恨みは募るわね・・。

反対に息子だと連れてこられた本物のテソン。
でもこのテソンは愛人の子っていうので
愛情はもらえなかったんだろうね。
兄弟にも疎まれたとか。

だから屈折した愛情表現しかできない人に
なっちゃたんだろうね〜。
心では愛情に飢えているのに
人をけなしたり見下したりしか表現できなくて。

愛情をめいっぱい注いでくれて
何とかその澱んだ世界から助けてあげたいって
思ってくれた彼女がいたのだけど・・
結局傷つけることになって別れてしまい。
その彼女が冒頭の転落死した女性なんだよね。

別れが原因で自殺をしたのか、
または誰かに殺されたのか・・。

ゴヌクは妖しい魅力の持ち主で
財閥の次女はゴヌクを本当に好きになってしまって。
婚約しているけれど、ゴヌクに惹かれてしまう。

長女はそんな次女を心配するし、
ゴヌクが近づいてこなければ
こんな状態にならないって責めるんだけど・・
その妖しい魅力にちょっとクラっときてない?
この長女も・・。
・・気持ちは分かるわい。。

次女は20歳でゴヌクが初恋って感じなのね。
婚約者はいるけど、その婚約者はかなりの年上で
ゴヌクの策略で女優と浮気しているのを
次女やその家族が知ったし・・。
次女は更にゴヌクに恋していく。

ジェインはゴヌクをその財閥の次男の
テソンと勘違いしている。
財閥の彼にふられたジェインは
またも財閥の彼をつかまえる、って行動に。

ゴヌクにバッタリ会った風に見せかけて
テソンさんですよね〜、で顔見知りに。
・・ジェインは次女と仲がいいので
そういう親しみもあるわね。

ゴヌクはテソンと思ってジェインが近づいてきたって
お見通しだけど、何となく嫌いじゃないみたいね。

財閥の女性は敵のうちの1人だからか
冷たくゲームのひとコマって扱いだけど
ジェインは全くの無関係な庶民だから
普通に女性として扱ってる感じかな。

人違いだって分かっていたのに
何も言わずにジェインの演技に付き合っていたゴヌク。

出会いからずっとゴヌクはお見通しで
しかも財閥の御曹司のテソンじゃなく
全くの別人だと知ったジェインは怒りが爆発。
そんなに面白かった?人をバカにして、と・・。

でもこれまで何度もゴヌクと会って
会話をしているジェイン。
知ったときは激怒したけど、気持ちが落ち着くと
そんなにひどい人とも思えない・・。

財閥の次女の父親は、浮気をしている婚約者には
用がない、で婚約破棄を納得。
そしてそんなに次女が心酔しているゴヌクに会って
仕事でも任せられたら、でゴヌクを呼び出す。

一時期は父・息子の関係だったのよね、この二人。
父親はどこかで会った?ってゴヌクに聞く。
ゴヌクにしたらほんの少しうれしい気持ちも
湧いてたかもしれないね。
懐かしさもあるし。

でも・・あんな風に追い出されて捨てられたような格好で
しかも迎えに向かっていた両親を亡くしたゴヌクにとって
恨みのほうが強いわけで・・。

本物のテソンは日本へ。
ジェインも仕事で日本に。
そこで偶然二人は面識をもつ。

船上パーティーで二人が話していたら
突然誰かが船から落ちてしまった。
テソンが飛び込んで助けようとするのだけど・・
後ろから誰かに捕まれて浮上できない・・。

溺れて亡くなるってことはなかったけど
すごく怖い思いをしたテソン。
誰かに狙われている・・?
・・ゴヌクの仕業なんだけどね。

このテソンは彼女を失ったことで
自堕落的な生活に輪をかけているのね。
お金はある、でも家族にも相手にされないし
唯一愛情を正面から注いでくれた彼女はもういない。
どうして素直にその愛情を受け取らなかったのだろう・・。

ゴヌクは会長(テソン父)の指示でテソンのお付きに。
いつまでもつか、もったらそれなりにデキるやつっていう
評価になるんだろうね。

テソンも初めはうざったいやつ、で
ゴヌクに根を上げさせようと思ったけれど
テソンに忠実で言うことも的を得ているし
徐々に信頼度が増してくる。

たぶんゴヌクはここで認められれば
財閥グループに入り込めるしね。
計画の一環なんだろうね・・。

ジェインはテソン母のギャラリーの手伝いを
してるんだけど、その母の指示で手に入れたい作品がある。
それを交渉するために日本に来たんだよね。

テソンは母親を嫌っているので邪魔をしようと。
ジェインが手に入れる前に自分が横取りしてやる、と・・。


復讐劇ですね。。
心の寂しさ、葛藤、後悔、様々な思いが
ゆっくりと流れている、そんな雰囲気です。

二人のテソンが・・こりゃいい男で見応えあるわ。。



<感想&あらすじ>
韓国ドラマ「赤と黒」 第6話〜第10話
韓国ドラマ「赤と黒」 第11話〜第17話(最終話)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
韓国ドラマ「赤と黒」 第1話〜第5話 るりりんのお散歩雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる