るりりんのお散歩雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国映画「あなたの初恋探します」 感想&あらすじ

<<   作成日時 : 2012/05/11 15:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

コン・ユくんはこういうの、ハマり役だよね。。


真面目で誠実な旅行代理店の男性(コン・ユ)。
情報は活字やネットからが全て。
売り込むどころか、海外は危険がいっぱい、と
自分が得た情報を大真面目に伝えると客は当然契約しなくなる。

会社の利益に反するもんね。
男性は解雇に。

ミュージカルの舞台監督の女性(イム・スジョン)。
幼いころ、一世を風靡したチビっ子歌手だった。
・・今でいうと、ポニョののぞみちゃんとか、そんな感じかしらね?
本当は自分が舞台に上がりたかったけど
それは叶わぬ遠い夢。

女性には悪いくせがあって、自分が傷つきたくないばっかりに
結末をあやふやにする。
人間関係も、読んだ小説も、自分が想像する結末と違っていたら
気が滅入って傷つくに決まっている・・。
だから終わりに近づくと、あやふやに終わらせて
結末がでないようにする。

女性は10年前にインドに旅行へ行ったときに
韓国人の男性と出会う。
短い期間だったけど、とても癒された。
でも、女性は、国に帰ってから再会しようという約束は
守らなかった。
結末が・・悲しいものだと嫌だから・・。

初恋相手を捜します、という事務所を開いた男性。
今度こそ絶対に人の役に立てるだろうと。

初恋はいい思い出かと思いきや、そういう人ばかりじゃないようで・・。
なかなか仕事にならない。。

そこにそのインドで出会った男性を捜してほしい、と
女性がやってきて。
・・この初恋の思い出に浸っていて独身なのを心配した父親が
無理やり連れてきたんだけどね。。

もちろんこの依頼はまともなので仕事として引き受ける。
10年前にインドに行ってた人を捜すことに・・。

ああでもない、こうでもない、と一所懸命捜し始める男性。
女性は本当は捜してほしくないんだよね。

もし再会してあのときを忘れていたら?
記憶と全く違う面影になっていたら?妻や恋人がいたら・・?
思い出の中で生きている女性にとって現実はみたくない・・。

そうやって男性と女性が係わっていくうちに
いつしか二人の間に恋愛感情が。

10年たっても色あせない旅の思い出。
現地に行くことは、活字だけじゃない素晴らしさを
体験できるんだ、と気付く男性。

思い出の終わりがつらくて悲しいことであっても
受け入れて区切りをつけない限り、次には進めない、
男性と恋愛できないんだ、と理解する女性。

こうしてお互いが考えかたを見直して
次の道に進めるようになっていって・・。


ベタだよね。
ベタな内容だけどやっぱりいいよね。

世の中にはスパっと割り切れないこともあるって分かった男性と、
あやふやな都合のいい思い出の中で生きてきた女性が、
だんだんと現実の世界と向き合って生き生きとしてくる姿。

主役以外のキャストも個性的で楽しい人ばかりだし。
お、ここでこの人が出演なんだ、ってうれしい場面も。

娯楽として楽しめます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
韓国映画「あなたの初恋探します」 感想&あらすじ るりりんのお散歩雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる