るりりんのお散歩雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国ドラマ「女の香り」 第1話〜第5話

<<   作成日時 : 2012/05/25 14:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

さすが、安心してみられます。。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ヨンジェ …キム・ソナ
 三十路過ぎ、何もいいことが無い、と思っていたら
 突然余命6ヶ月を宣告されて・・。

ジウク …イ・ドンウク
 ヨンジェが勤める旅行会社の会長の息子。

ウンソク …オム・ギジュン
 ヨンジェの同級生で医師。

セギョン …ソ・ヒョリム
 ジウクの政略結婚予定の相手。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


旅行会社に勤めるヨンジェ。
30過ぎてもペーペーで、年下の役職付きから
こき使われたり。

恋愛も上手くいかずに結婚の話も皆無。
この生活を代えるには玉の輿、なんて母親から
言われるけれど、現実的に不可能・・。

そんな状態だったのにさらに追い討ちが。
胆のうガンで肝臓にも転移していて
余命6ヶ月と診断された・・・。

今まで慎ましく暮らし、貯金もコツコツとして、
その代わり派手なことは一切してこなかった。
無難に無難に生きてきた。

仕事で、たまたま部屋に出入りしたのが
ヨンジェだったというだけで、観光ガイドをした
気難しい演奏家の指輪が無くなったのを
ヨンジェのせいにされ。

仕事上で役職もなく、裕福でもなく、あまり取り得が無い、
そんな女性だからか犯人扱い。

演奏家の服の一部分に指輪がひっかかってただけなんだけど
この一件でヨンジェは悪者のままなんだよね・・。

演奏会がドタキャンになり主催者のセギョンはカンカン。
一方的にヨンジェを責めて見下す。

ヨンジェはね。
犯人扱いされて、誰にも信じてもらえなくて、
おまけに余命宣告されていて、もうプッツンよね。

財閥令嬢だからって何言っても許されると思うな、と
セギョンに平手一発。

今までコキ使われて嫌味を言われても
仕事が上手く進むなら、と部長の言うことを聞いてきたけど
自分の部下も信じてくれず、責めるばっかりで
お前から言われなくてもこっちから辞めてやる、で
辞表を部長の顔に投げつける・・。
・・あ〜、こうやってやりたい、って思ってる人、いっぱいいるよね〜・・。

余命6ヶ月。
父親も肝臓ガンで亡くしているヨンジェ。
その父親が病床であれもこれもしておけばよかった、って
しみじみ嘆いているのを聞いていたので・・
自分はそんなふうに後悔はしないぞ、と。

前々から行ってみたかった沖縄へおしゃれをして出かける。
今まで貯金するのが前提の生活だったけど、
もうそんなに溜め込んでたって、ってことだよね。
何でもしたいことをして悔いが残らないように・・。

ヨンジェが仕事をしていた会社の会長の息子・ジウク。
ジウクは全く何に対してもやる気がない。

仕事もとりあえず本部長の座についてるけど
誰がここに座ろうが気にならない。
誰か適任者がいたらすぐに譲ってもいいくらい・・。

ジウクは女性に対してもやさしいけれど興味は無い。
家同士で決めたセギョンと結婚することになるんだろうな〜、と。
それが一番波風が立たないだろうし・・。

今回も部下が書いた企画書のために沖縄に査察を。
そこで現地ガイドと待ち合わせをしていたんだけど
ヨンジェをガイドと勘違い。

ヨンジェはジウクを見て、元いた会社の御曹司だと
すぐに思い出す。
・・もちろんジウクはヨンジェなんて知らないけどね。

こんな若くて素敵なイケメンと恋愛できたら
どんなに幸せだろうかと思っていたヨンジェ。
恋愛できなくても一緒にいれば楽しいよね・・。

何でも体験しなければその楽しみは分からないというのが
ヨンジェの持論。
そのアクティブで自然体のヨンジェと行動していくうちに
気力がなかったジウクが少しずつ楽しみを感じてくる。

海や森、草、雨や日光、そんな自然の中で
ヨンジェと一緒にいるととても居心地がよい・・。

そうやって楽しんでいたら、セギョンが目の前に。
時間が空いたのでヨンジェの元に来たらしい。

ヨンジェとはビジネス上の結婚って思ってたけど、
過去に大恋愛していたと思っていた男性が
実はお金目当てだったことを知って、その恋を忘れ、
ジウクと再出発してもいいかな、と考え直したから
沖縄にきてみたのね。

でも、いつも無表情でやる気のないジウクが
見たことがないような穏やかな表情で
しかも隣には、これまた楽しそうなヨンジェがいて。

ヨンジェとセギョンは演奏家の指輪盗難で
敵対してるしね。
他の女ならまだしも、何でこんなヨンジェなんかが
ジウクと一緒にいるんだ、と・・。

ところで、ヨンジェの担当医のウンソクは
ヨンジェと小学校時代の同級生で。

昔、ヨンジェがウンソクのことをからかっていて
今回医師と患者という立場で再会。

ヨンジェは同級生が医師になっていて
担当医になってもらえて心強いって思っていたんだけど
ウンソクは何でかすごく淡々としているのね。

悪気はないようだけど、すごく冷静というか
人情よりも現実を優先するので
ヨンジェにも真っ先に新薬の治療を打診。

どうせ余命が決まってしまうほどのガンなので
新薬がどれだけ効くか試す臨床実験をさせてくれないか、と。

患者にしたら、それよりももっと大事なことがあって
さらに同級生なんだからもっと心配してくれてもよさそうなのに、
そんな医師としてだけの言葉を話すウンソク。

ヨンジェは、あんたなんかに診てもらいたくない、と
治療を拒否。
抗がん剤治療するまでにもっと色々やりたいことがある、と・・。

沖縄へ仕事で行ってるはずなのに
ヨンジェと楽しそうにしていたジウク。

セギョンはジウクよりもヨンジェを許せん、で
演奏会中止の損害賠償を請求するのに動き始めて。

ヨンジェはこれから先、ただ普通に結婚して主婦業をして
子供を産んで・・そんな人生を歩みたかったのに
6ヶ月しかない。

お腹が痛くなって一時入院したんだけど
そこで会った子は21歳でこの先10年は生きられないかも、と。
そんな人がいるのに、まだ私は生きてるし時間もある。

これからは半年間、やりたいことをリストにして
それを全部やっていこうと。

ジウクはヨンジェが自分が御曹司だからと
沖縄まできて近づいたのか、と一旦は誤解して
責めたりするんだけど、ヨンジェがそんな計算高いことを
する人じゃない、って心のうちでは分かっている。

ふと気がつくとヨンジェのことを思い出したりして
ヨンジェの存在が大きくなってきている・・。


コミカルな部分もあり、でも、若い女性が余命宣告されたことで
その切なさもあり、で先を期待しちゃう作品です。



<感想&あらすじ>
韓国ドラマ「女の香り」  第6話〜第10話
韓国ドラマ「女の香り」  第11話〜第15話
韓国ドラマ「女の香り」  第16話〜第22話(最終話)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
韓国ドラマ「女の香り」 第1話〜第5話 るりりんのお散歩雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる