るりりんのお散歩雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国ドラマ「僕らのイケメン青果店」 第1話〜第10話

<<   作成日時 : 2012/10/15 14:37   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

タイトル・・つけたの誰??

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
テヤン …チ・チャンウク
 誠実で前向きな好青年。青果店で商売していくのが夢。
 仲間とともに店を立ち上げ・・。

カオン(ジンシム) …ワン・ジヘ
 孤児だったが、亡くなった友人のカオンとして財閥令嬢に。
 テヤンとは幼なじみで初恋相手。

スル … キム・ヨングァン
 裕福な家庭だが血筋ではなくいわゆる成金。
 母親思いだが遊びほうけている。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ジンシムは孤児。
教会で生活し、学校に通っている。

テヤンは両親は亡く、祖母と妹と暮らしている。
同じような寂しい境遇もあり、ジンシムとは
初恋相手同士。
お互いが存在することで安心感を抱いている。

裕福な男性の妻と娘。
母と娘は父親とは別々に暮らしている。
この娘・カオンはジンシムが唯一の友人。
境遇は違くとも、子供同士仲が良い。

でも・・ある日、ジンシムを待っていたときに
不良に絡まれてカオンが高所から転落して
亡くなってしまって。

その待ち合わせを知らせるメモを
テヤンがカオンから預かっていて
ジンシムに渡さなかったもので。

そのメモには、父親に頼んでみるから
この土地から離れて一緒に住もう、と。
ジンシムがカオンと一緒にいなくなってしまうかも、という
思いからテヤンはメモを渡せなかった。

このメモを渡してたら夜にカオンが待っていて
亡くならなかった、という思いもあり、
この一緒に住もうって言い出したのは
ちょっと女同士ケンカしちゃったのもあるし、で
ジンシムとテヤンは責任を感じる。

カオン母はカオン父と暮らすためには
娘がいなくてはいけないみたいね。
娘がいなかったら離婚でも何でもされてしまうかも、と。

身寄りのないジンシムは好都合。
それに責任の一旦はあるし・・。
私の娘にならない?と。

ジンシムはこんなキレイなやさしい母親が
いたらな〜、って毎日思い描いていた。
そんな夢も叶うし、責任も感じているし・・で
カオンとして生きていくことになる。。

カオンとしてこの地を離れ父親のもとに行くことになり
テヤンにお別れを言いたかったけど会えず。
ある日忽然とテヤンの前からジンシムがいなくなってしまう・・。

それから11年。
テヤンは妹の学費を工面するのに精一杯働いている。
でも・・妹は学歴よりもいい男を見つけて
裕福に暮らすことがいい、って考えで
自分の見栄えのためにお金を使っちゃったりね。

テヤンは好青年になっていて、周囲からかわいがられる
タイプみたいね。
真面目でまっすぐ、元気いっぱいで。

カオン(ジンシム)はというと、頭がよく、
その家のお嬢さまとして暮らしている。
父親の事業を継ぐためには様々なことを経験しないと、と
財閥の娘には考えつかないような仕事を経験してみたり。

父親には娘だと嘘をついていて心苦しいカオン。
立派にこの家や会社を継いでいくのが罪滅ぼしだと
思っている。

カオン母は、おしとやかに、いい身なりをして
いい結婚相手をみつければそれでいい、という人。
父親はカオンの仕事を応援してくれるけど
母親は自分自身が付き合い上バカにされると憤慨している。

カオンの今の仕事は、青果市場でのセリ人になること。
資格はとったので現場でしてみたいんだけど
市場は男性社会なので、お前みたいな小娘の場所はない、で
軽くあしらわれて。

それでも昔から力や世間体に屈しないカオンは
簡単に諦めることはしない・・。

テヤンも色々と職についたけど、今は青果市場で働くことに。
そこで二人は面識をもつ。

市場でカオンは下っ端、テヤンは見習いって
呼ばれるくらいなので、お互いががんばろうって
励ます仲に。
もちろん、男女としての淡い感情も
芽生えてきてるよね。

カオンは身分を隠しながら働いていて
一般人の中に紛れて仕事をしている。

市場の人は同僚だし尊敬できる人もいる。
だから母親が言う、あんな下っ端の人間と付き合うな、っていう
言葉には怒らずにいられない。

テヤンと一緒にいたところを見られて、
社会の底辺にいる男と付き合うなんてもってのほか、って
母親に罵倒されたりね。

とにかくカオン母はカオンがこの財閥の
トップになってくれないと安泰にならない。
夫が、妻はいらない、なんてなったら追い出される
だけだしね。
跡取りの母としてつながっているんだし。
だから早くもう一人、本当の血がつながっている子供を
作ろうと必死で。
・・一体この母親何歳の設定なんでしょうかね・・?

スルは裕福な家の人だけど、母親ががむしゃらに働いて
金持ちになったいわゆる成金。
なので、家柄だけで裕福な人たちからは
この人と一緒にしないで、なんて言われる存在。

でもこのスル母はそんなのはお構いなしなんだよね。
メンツや血筋にこだわっているカオン母とは大違い。。

スルの相手にカオンがいいんじゃないか、と
スル母は考えてスルの大事な車を人質に。
親に紹介できるくらいの仲になって
カオンを連れてきたら車を返してあげる、と。
・・自分とカオンが似てるから気に入ったのかもね。
母親は高飛車で大嫌いみたいだけど。

何気なく生きているスルと一生懸命仕事をしているカオンとで
話が合うはずもない。
女にだらしない、ちゃらんぽらんに生きているスルなんか
相手にするのもバカバカしいカオン。

車のため、でスルはカオンを追いかけていたけれど
彼女を知っていくうちに魅力的な女性だと
感じ始めてきて。

テヤンはすごく人間として魅力があるので
周囲に溶け込むのは早いよね。
泥酔して警察にお世話になったときに
なぜか意気投合してそのまま友人になった3人と一緒に
トラックでの行商を始めたんだよね。。

でもなかなか次々と難問・妨害があったりで上手くいかない。
駐車スペースの問題もあるし、チンピラの縄張り云々が
あったりね。
こうなったらやっぱり店舗を構えて
商売をしたいな〜、と。

で、ここら辺でカオンが財閥の娘だとテヤンが知る。
そんな身分の違う女性に惹かれてしまってるって
ちょっとショックを受けて。

カオンのほうは、ようやく自己紹介をしたときに、
この毎日励ましあってた男性が
あの、昔仲がよかったテヤンだと知る。

カオンという子を自分のせいで亡くしてしまって
すごく悔やんでいる、って話すテヤン。
カオンって同じ名前だからちょっと驚いた、と。
・・自分はジンシムだ、ってカオンは言いたいよね〜・・。
でも言ってしまったら成り代わっているのがバレちゃうし
すごくつらい状況だよね。

財閥の娘と知ったけど、自分に恥ずかしいところはない、で
堂々とカオンと交際することになったテヤン。

でもね・・。
カオンはもちろんテヤンが大好きだけど
カオン母が知っちゃったのね。

絶対にそこらの庶民なんかとカオンが交際するなんてあり得ない。
しかも、その男性が昔のあのテヤンだと分かりなおさら。
過去の事件全てを知ってるんだもんね。

カオンは死んだはずなのに、カオンという娘がいるって
分かってしまったら、このカオンという女性は誰なのか、って
考えるに決まっている・・。

テヤンはまだカオンの母親が誰なのか知らないので
この事実には気付かないけど・・。

今までずっとジンシムという子が好きだった、
今でも大事な友達と思っている、ってテヤンが
カオンに話す。

カオンがジンシムだもんね。
自分のことを本当に大切に思ってくれていたって
うれしく思うけど、名乗り出たいのに言い出せないっていう
苦しさもあり・・カオンはつらい。。

テヤンは常に前向き。
カオン母の妨害があって行商もできなくなったけど
たまたま目にした起業コンテストに応募して
ここでも苦難を乗り越え店を出せるように。

何の繋がりも気付かなかったけど
バックアップしている企業が・・カオン父の会社なのね。
・・全く助けも何もなく、実力で優勝して
店舗での営業にこぎつけて。

この起業の応募のときに、カオン父とテヤンが面識をもつ。
カオン父はすごく誠実で経営者として尊敬できる人だっていう印象。
父親からの印象は、テヤンは度胸があってやる気のある
若者って感じかな。

テヤンがカオンの近くにいるといずれこの大きな嘘が
バレてしまう、とカオン母はテヤンと縁を切れ、と
カオンに命令。

カオンは・・つらいけどそれしかない。
ここまでついてきた嘘を簡単に明かすわけにはいかない。
影響は計り知れないからね・・。

テヤンの妹ももちろんカオンやジンシムのことを
知ってるので、これから巻き込まれていくかも。。
この子はどっちかというとカオン母のような性格の
人なので危ないかな〜・・。

そしてスルのほうは母親が脱税で捕まってしまって転落ね。
テヤンとはカオンを挟んでライバルっていう関係だけど
この先一緒に働くようになるような。。


楽しいです。私はこういう内容のドラマは好き。。

しかしタイトルをみて、敬遠した人
いっぱいいるんじゃないかな〜。

私も初めは観る気がなかったのだけど、
地上波放送でタダだし、一応録画しておくか、と録画。
1話くらいは観てみるか、で1話をみたら・・想像していた内容と
全然違うんだよね。

若いお兄ちゃんたちがあれやこれや
わいわいガヤガヤやっていく軽いドラマなのかと
思ったら全然違うよ。

1話目にして出生の秘密じゃないけど、
友人に成り代わって生きていく、ってことに
なるんだもんね。。
原題も「独身男の青果店」っていうような
文字列らしいのでパっとしないかな〜・・。

半分は合ってると思うんだけどね。
苦境に立たされても前向きな主人公と
その仲間たちが一生懸命青果店を盛り上げていくところは。

ペク・ドンスを見た後でこのドラマなので、
主役のチャンウクくんは本当にこんな誠実で
前向きな好青年かと錯覚してしまうくらいの
共通するキャラクターを演じてますね。
ドンスが生まれ変わったらテヤンになるんじゃないか、って
いうくらい重なります。。

ジヘちゃんはやっと女性の主役になりましたね。
いつも準主役とかライバル役で嫌なやつ〜が多かったので。
しかし目が大きいね〜・・。クリクリしてる(笑)。

そして個人的になぜか引かれるスル役のヨングァンくん。
背が高くてかっこいいわ〜・・。

後半、真実にみんなが近づいてくると・・
大変なことになりますね。。




<感想&あらすじ>
韓国ドラマ「僕らのイケメン青果店」 第11話〜第20話(最終話)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「タイトルつけたの 誰?」
同感でーす。
タイトルからは想像できない内容です、本当に。
カオン母の行動にちょっとひきますが、若者達が頑張っているので引き続き見ようと思ってます。
あや
2012/10/17 22:13
あやさん、こんにちは。

本当ですよね。
イケメンってつければ注目されると思って・・。
逆にひいちゃう人も多いと思うんですけどね。。

カオン母は壊れかけてますね(汗)。
振り回されるカオンとテヤンが
解放されて幸せになりますように〜!
るりりん
2012/10/22 21:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
韓国ドラマ「僕らのイケメン青果店」 第1話〜第10話 るりりんのお散歩雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる