るりりんのお散歩雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国ドラマ「シークレットガーデン」 第1話〜第10話

<<   作成日時 : 2012/10/24 13:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

おとぎ話のようだけど、現実味もあり楽しいです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
チュウォン …ヒョンビン
 大財閥の孫。デパートの社長を任されているが
 高飛車で自分勝手なのでお飾り社長と言われている。
 恋愛感も冷めていて、結婚はビジネスと思っていたけれど・・?

ライム …ハ・ジウォン
 女性スタントマン。男勝りだけど、後輩の面倒見もよく
 先輩からもかわいがられている。
 
オスカー(ウヨン) …ユン・サンヒョン
 落ち目と言われてきた歌手。仕事に対してあまり熱意がなく
 ステージも口パクが多い。

スル …キム・サラン
 財閥の娘。過去にオスカーと恋愛をしていたけれど
 誤解から一方的に別れていなくなる。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ライムはスタント俳優。
男性に混じって主演女優のスタントを担当している。

男性社会なので、ライムの見た目はかわいいけど
しゃれっ気はないし、乙女チックなところもない。
サバサバしていて女性の格好をした男性、という感じ。

そんなライムにも好きな人がいる。
有名な歌手、オスカーね。
一度映画の撮影で一緒になったこともあり
ほとんど接点はないけれど歌も本人も大好き。

デパートの社長、チュウォン。
何か過去のトラウマがあるようで
エレベーターに乗れない。

やる気はあるけれど、そういう精神的なことから
あまり表にたって仕事をするってことがない。
なので、周囲の人からみると、お飾り社長、
ただの財閥のおぼっちゃんって感じ。

早くいい結婚をさせようと、チュウォン母は
チュウォンにお見合いばかりをさせる。
チュウォンは慣れたもので、愛とかなんとか、夢見る女性はお断り。
政略結婚って割り切ってくれる、そんな女性のほうがいい。
家柄がよくて母親を納得させてくれて、
愛、恋だの面倒な女性でなければ。

歌手のオスカーとチュウォンはいとこ同士。
オスカーはチュウォンと違って女性大好き。
あっちでもこっちでも手をつけている。

あるとき、スタントをしていたライムの姿をみたチュウォン。
今まで出会った女性とは全く本当に信じられないくらい
正反対の女性だけに、頭から離れなくなってしまう。

スカートや化粧なんてとんでもないし、
話してもガサツで男のような印象だし、
恋愛相手になんてとんでもないんだけど・・
どうやら一目で好きになってしまったようで・・。

ライムのことが気になって機会を作るけど
天と地の差もある生活だからね。
全く話がかみ合わない。

どうして自分と会うのにそんな貧乏くさい格好で
女を意識した行動じゃないんだ、と怒るチュウォン。
・・本当は精一杯ライムは気を使ってるんだけど。。

逆に、なんでそうやって裕福なことを前面に出して
人を見下すのか、と怒るライム。
・・好きな子にちょっとつっかかっちゃう、っていう
態度なだけなんだけど。。

お互いケンカを売ってる気はさらさらないんだけど
どうも上手くかみ合わない。
でも・・二人は惹かれあってるんだけどね・・。

オスカーがこれまでに結婚したいと
思った人、スル。
人気絶頂のときにつきあっていた。

スルも好きだったようだけど、オスカーがプロポーズしたときに
ただの遊びだったのに本気にするなんて、と
一方的にオスカーをふって海外へ。

自分は本気だったけど、スルは遊びだった・・?
オスカーの女遊びはこの傷心をずっと引きずってて
本気じゃなくヤケになってるって感じね。

そのスルが帰国してPV監督としてオスカーと
仕事をすることに。
お互いが強がってしまっていて、あの別れには
全く後悔してない、という雰囲気。
・・二人ともどん底だったんだけどね。。

おまけにオスカーは、恋人がちゃんといる、って
自分の大ファンのライムを紹介して。
オスカーがこんなみすぼらしい子を相手にするわけは
ないって思いながらも、スルはショックを受ける。

チュウォンはライムを好きなんだけどね。
どうしても自分の立場を崩すことができない。
結婚相手にも遊び相手にもならないのに
どうやって扱ったらいいのか。

このままいっても日陰の身になるけど、なんて
本気で言ってるチュウォンにライムは怒りを覚えるし
好きになったらいけない、って思っちゃうよね・・。

ある日、森で迷って怪しいおばちゃんからお酒を
もらって帰ってきたチュウォンとライム。
夜、それぞれが飲んだら・・朝起きたときに絶叫。
体が入れ替わってる・・。

このおばちゃんも怪しくて、どうやらライムの
父親が化けてるみたい。。
幽霊なのか、何なのか。
娘を助けたい、って言ってたので、ライムが
幸せになってほしいから、この現象になったってこと・・?

入れ替わっちゃったライムとチュウォン。
魔法かもしれないからキスをしたら?なんて
やってみるけど戻らないし、一晩たてば、って
期待するけど翌朝も同じ。

ライムがときめくオスカーはチュウォンの近くにいるし、
ライムを密かに想っているスタント事務所の監督が
ライムにやさしい言葉をかけたりと、体と心が入れ替わっちゃってる
二人にはとっても複雑。
聞いちゃいけないことを聞いてしまったり、
逆にやりたいことができない・・。

俺は上流階級、のチュウォンが
ライムに入っているから、いつも仲間や
監督に忠実な人が、かなり横暴な振る舞いに。

一方の超庶民のライムがチュウォンに入ってるから
従業員に首なんか下げない人が挨拶でお辞儀したり、
とっても誠実で穏やかな態度に・・。

この演じ分けがすごいね〜。ヒョンビンくん&ジウォンちゃん。
本当にあたかも心と体が入れ替わってるっていうのが
すぐに分かるくらい特徴をつかんで演じてて
見ていて全く違和感がないんだよね〜。

オスカーはスルと会いたくないので
PV撮影をボイコット。
チュウォンの車を奪って逃走しちゃったのね。

チュウォンとオスカーは基本仲がいいんだけど
いいライバルというか張り合うと譲ることはまずない。

大事な車を取られた、とチュウォンは警察に届け出る。

それぞれ目に見えるほうの生活に従っているので
チュウォン(心はライム)は同じ敷地に住むオスカーと
生活することになるわけで、ライムが手料理を振舞っただの
一緒にいるのを想像すると、本物のチュウォンは
やきもちを焼くわけで、エスカレートして人の物を
盗ったらなら警察に突き出してやる、ってことに・・。

オスカーとチュウォンはまだ体が入れ替わる前に
ライムと仲良くしてもいい権利をかけて
賭けをしたんだよね。
負けたほうは口出しするな、って。

賭けにかったのはオスカー。
・・この勝負のとき、ライムのことが心配になったチュウォンが
勝ちよりもライムのほうを優先したから
こうなっちゃったんだけど・・。

留置所の牢の中に入っているオスカーにチュウォンが提案。
あの賭けを無しにするなら訴えを取り下げてもいいよ、と。

オスカーは絶対にない、と。
近くにスルがいたからね。
今、俺が好きなのはライムで、スルのことなんか
何とも思っちゃいない、ってことをアピールしている。

スルが怒って帰ったのをみて、利用してごめん、って
オスカーは謝ってね。

どんな状態でもいいからスルと繋がっていたいようで。
スルもそれは同じ気持ちで、ただ簡単に過去のことは
忘れて再出発しましょう〜、なんて簡単にはいかないみたい。

別れた原因はオスカーが強がって、スルとは遊びだ、って
話していたのをスルが聞いちゃったみたいね。

まだオスカーが売れっ子のときだったから
交際をちゃんと公に認めることもできなかったし
オスカーの本心が分からないときにこの言葉を
聞いちゃったので、スルはプロポーズを本気にとらず
私も遊びだから、って去っていっちゃったみたい。
誤解で別れただけで本当はまだまだ忘れられない相手なんだよね。

社長業をこなすライム(体はチュウォン)。
チュウォンの家系はちょっと複雑で
祖父は今4番目の妻と暮らしている。
チュウォンは2番目の妻との孫、
オスカーは3番目の妻との孫、ってな具合。

この4番目の妻の弟がデパートの実権を
実情握っている常務で。
チュウォンに何かあれば俺が社長の座だ、と
色々と目論んでいる。

ライムは普通の感覚の礼儀正しい人なので
普段のチュウォンとは大違い。
その変貌振りに常務も慌てるよね。
チュウォンも何か企んでるに違いない、と・・。

デパートの売り場でVIPのおやじが店員に
セクハラした、って騒動に。
社長のライムが登場。

俺はこんなにえらくてVIPなのに
ちょっとくらいいいだろ?みたいな態度のおやじに・・
もちろんプチっと切れちゃうよね。
2発3発お見舞いしてしまい・・。

警察沙汰になってしまったライム。
俺の経歴に傷つけるな、ってチュウォンはカンカン。
チュウォンの体と名前で警察沙汰だもんね。。

そんなとき、雷が鳴り大雨が降る。
その雨に打たれたライム姿のチュウォンが・・
魔法が解けたように中身がどこかに行っちゃった、と思ったら
手錠をかけられているチュウォンの中に。
反対にライムはちゃんと自分の体の中に戻り・・。

お互いの家族や環境、友人関係、価値観が
分かってから本当の姿で会う二人。
以前とはまたちょっと違う気持ちになるよね。

何てガサツなやつだ、ってライムのことを言うけれど
そんな生き方をするのが自然だった、ってチュウォンは
理解するし、もっと近くにいて支えられるものならば
してあげたいとも思う。

ライムは、チュウォンが高飛車なことを言うのは
あの生活環境ではそうなるのも分かるし
庶民の生活が理解しがたいっていうのも
想像がつく。

周囲の人は、突然今までの雰囲気から一転、
また元のような今まで通りの口の悪いチュウォンと
人懐っこいライムに戻ったような・・、
どうしちゃったんだろう?って感じだよね。

何かを得るには何かを捨てないといけない。
ライムはどこにでもいる平凡な女性。
なのに手に入れるには多くのものを
捨てなければならない、とチュウォン。
そんなにライムって特別な存在なんだろうか・・?

自分では全然答えにたどり着かないのね。
結婚はビジネス。ただの合併。
それ相応の得がなければできないこと。

色々考えたけどどうも上手い答えが見つからないので、
絶対にライムに飽きる日がくるだろう、
本気になる前に自然と別れるときがくるだろう、という
短絡的な考えに辿りついて。
会いたいときにはやっぱり会いにいっちゃうチュウォン。

ライムは世界が違うチュウォンと平凡な恋愛が
できるとは思っていない。
でも、惹かれることは多々あって、チュウォンも
好きだ好きだっていうオーラで近寄ってくるし
本気になっちゃいけないって思いつつも
傾き始めちゃうよね・・。

チュウォン母はもちろんライムなんて金を渡してでも
切れさせた相手だよね。
本気じゃないから少しの間遊ばせて、なんて
チュウォンが言うのね。
その言葉を聞いたライムは分かっていても
くやしいし寂しいよね・・。


とても安心して楽しくみられます、
すごく俳優陣が上手いので。

体が入れ替わらなくても十分楽しめるストーリーのような
気がしますが、お互いの環境が分かって話すのとでは
やっぱり重みが違うのかな。

しかしチュウォンの家の敷地は広いこと。
観光公園みたいなすっごい場所で、家もガラス張りで
キレイ・・だけど寒そうに見えるのは私だけ〜?
二重窓なのかしら、なんていらん想像をしてました。。

やっぱりヒョンビンはかわいくてかっこいい。。
久々に観たのだけど、いいわね〜。。




<感想&あらすじ>
韓国ドラマ「シークレットガーデン」 第11話〜第20話(最終話)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
韓国ドラマ「シークレットガーデン」 第1話〜第10話 るりりんのお散歩雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる