るりりんのお散歩雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国ドラマ「サイン」 第1話〜第10話

<<   作成日時 : 2012/11/26 14:55   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

こんな科捜研は・・ダメでしょ。。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ジフン …パク・シニャン
 科捜研の法医官。腕は一流で正義感が強い。
 ぶっきらぼうなのでけむたがれるが人情は人並みに熱い。

ダギョン …キム・アジュン
 検死官から科捜研の法医官に転職。
 ジフンの弟子として難事件に挑む。

ミョンファン …チョン・グァンリョル
 科捜研の院長。ジフンと同じくらいの腕をもつが
 正義よりも権力・地位にこだわる。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ある人気歌手がコンサート中に亡くなる。
控えの楽屋で息を引き取っていた。

ジフンは堅物、偏屈、と周囲から言われるけれど
法医官として忠実に仕事をしているだけ。
死者の声を全て拾い、真実を明かすために・・。

ジフンがこの歌手の解剖をする。
喉の奥に青い繊維が。
この繊維のクッションか何かで
窒息させられて殺された、と。

ジフンと同じくらい技術や知識をもっているけれど
価値観が違うミョンファン。
科捜研の院長について組織を大きくするのが夢。
犯人はどうやら次期大統領といわれる議員の娘らしい。

この真実を闇に葬ればミョンファンの地位は安泰。
組織を大きくするためにバックアップが手に入る。
ミョンファンは他殺ではなく持病による自然死と主張。

周囲もみな長いものには巻かれろ、って具合に
真実を隠そうとする。
ダヒョンも検死官となって初の仕事だったのに
尊敬する先輩が証拠品を燃やしていたことを知り愕然。
生きている人間は嘘をつく。
死んでいる人間は嘘をつかない・・。

ジフンがこれでもかこれでもかと真実を追究する姿に
感銘を受けたダヒョン。
自分も亡くなった人の声を拾いたい、と検死官をやめ、
法医官となってジフンの前に現れる・・。

結局この事件は一応ミョンファンの勝ち。
ジフンは無理に解剖をおこなって真実は他殺ではなく
自然死だった、ってことになって左遷。
科捜研の分院に飛ばされてね。

そこに同じ法医官となってダヒョンが着任する。
ジフンもそうだと思うけど、私も諦めていない、と
証拠品の青い繊維をみせるダヒョン。
・・科捜研の本院の院長になったミョンファンが証拠を処分しろ、って
命令を出して、歌手事件の全てを処分させてたんだよね。
ダヒョンは検死官のときにこの証拠品を持ち出していたらしい。。

しかしこれ、現実にこんなことあったらまずいよね。
権力におされて証拠隠滅とかさ・・。
事件の内容よりこっちのほうを気にしちゃうよ。。

本院と分院と、それぞれ同じような遺体が
運ばれてくる。
若い女性が軽トラにひき逃げされたもの。

この日、本院では省庁から何十億ウォンの
予算をもらえるか、という大事な接待の日だった。

ミョンファンの頭の中はこのことでいっぱいね。
接待用に時間を割きたい。
女性は単なる事故死で報告を。

一方、分院のジフンとダギョンは設備が
整ってないのに苦労して代替を探して検視を。
傷が数日前の古いものもある。
これは・・ひき逃げに見せかけた殺人だと。

血液検査をすると動物用の鎮静剤が検出される。
そして、同じような事件が続いて1件起こり、
連続殺人として検事が動きだす・・。

ミョンファンは連続殺人と知って愕然。
本院の遺体の血液検査をちゃんとしていなかったんだよね。
慌てて検査をすると・・同じ動物用の鎮静剤が
検出された。
事故死ではなく、殺人だった・・。
過った報告をしたってことになる・・。

検察も動き始めたので、科捜研の本院が
誤った判断をした、と大きくなっていく。
ミョンファンは科捜研の威厳が大事。
本院は間違ったかもしれないけど分院は正しかった。
だから事件が明るみにできたんだ、と。
・・ジフンの手柄をいいように使うよね。。

その犯人像は?
最初は標的があったけど、今は快楽殺人鬼となっているはず・・。
左ききで別に追っていた放火犯と同じ人物だと・・。

たまたま刑事の知り合いで一度放火の容疑者として
捕まったんだけど、保釈された人がいて、
その人のトラックに乗せてもらって
ダヒョンが分院に帰ろうと。

でも・・その乗っている間に犯人が特定されて・・
ジフンは慌ててダヒョンに電話をする。
その運転手が連続殺人の犯人だと・・。

ダヒョンがその人の車に乗り込むのを
ジフンが目撃していて、防犯カメラにも
映ってたんだよね。
検事がよく調べずに釈放したあの放火の容疑者だと
検察も知ることとなって・・。

追いかけていたぶって殺すのが楽しい犯人。
当然ダヒョンもそうやって殺そうと追い掛け回す。

もう車で轢かれてしまう、ってときに
間一髪で助けたのはジフン。
ほぼ同時に警察もかけつけ何とかダヒョンは
無事に生き残ることができた・・。

この連続殺人の一件を解決に導いたのは
ジフンが率いた合同チーム。
ミョンファンはジフンたちに褒美や本院に復帰や、
とにかくこのことによって優遇しようとは
微塵も思ってなかったんだけど
大臣だか官僚はいたくジフンを気に入って
もちろん優遇するよね、ってミョンファンに念押し。

予算を得て科捜研の地位を上げるためには
官僚のご機嫌を損ねるわけにはいかない。
ミョンファンは渋々ジフンやダヒョンを
地方の分院から本院へと異動させることに・・。

しかし科捜研の院長のミョンファンが権力に屈するので
見ていてすごく不快。。
検死をする人が事実を捻じ曲げたら終わりだと
思うんだよね。
全てが捏造されてしまってさ。。

懲りずに次期大統領候補の頼みを聞くミョンファン。
この人の娘を犯人として逮捕させないために
歌手殺しを捏造した経緯がある。

日米韓の会議がある。
どうやら米兵に韓国のヤクザが殺されたんだけど
公にしては国際的な問題になる、米国の弱みも握れる、と
韓国のヤクザ同士のケンカっていうことにしちゃってよ、と。

ジフンが近くにいるとまたまた厄介なことになるので
ダヒョンとジフンは日本での検死の仕事へいかせる。
そこで・・歌手を殺した女性が思わせぶりに
顔をみせるんだよね。
捕まえられるならやってみなさいよ、っていうような
堂々とした雰囲気で。
1歩気付くのが遅れたジフンとダヒョン。
顔や後ろ姿をみたのに捕まえることができなかった・・。

帰国すると、ヤクザ同士の抗争で処理された事件が。
でも・・生き証人のヤクザがこっちは被害者だ、と
訴えていて・・。
真実と検死結果が違う。。

担当の検察もミョンファンもみんなグルだもんね。
何でも真実は潰される。
これを見過ごすわけにはいかないジフン。
ダヒョンも絶対に真実を突き止める、っていう
信念のある女性。

ある日、銃弾を受けていたヤクザが亡くなったところに
ダヒョンが偶然居合わせる。
誰も信じてくれないのでケガを負って隠れていたんだけど
亡くなってしまったのね。

検察には手が回っていて、この遺体の解剖はしない、と。
検察で許可されないと解剖はできない。
ダヒョンは部屋に閉じこもってその遺体の中にある銃弾を取り出す。

その銃弾は・・米国が使用している銃から発射されたもの。
韓国のヤクザが使用する銃ではない・・。

ダヒョンは苦労して科捜研に入ったんだけど
勝手に解剖した、で、辞職に追い込まれる。

ジフンは黙っちゃいないよね。
ダヒョンのこともあるし、真実が捻じ曲げられるなんて許せない。

ダヒョンと共に現場を検証。
きっとミョンファンたちは現場を偽装しているはず。
そうやって消された痕跡をみつけることに。
血痕が拭かれて消されたあと、流し台の血液が
消されたあと、拭いた布を隠したあと・・。

見つけた、と思ったんだけど、
それはミョンファンが裏の裏をかいてたんだよね。
偽装の偽装。
間違った痕跡を二人が検証している間に
米兵を出国させてしまえば罪に問えない。
永久にこの事件は葬られる・・。

この日、断水していたことを知るジフン。
流し台が使えるはずもない、トイレも・・。
これは罠だ、と。

また振り出しに戻ってしまい、ガックリと肩を落としていると・・
何気なく下ろしたブラインドに血痕が。
その血液のあとの中に何やら英字が・・。

被害者が米兵のネームプレートを持ったまま
ブラインドに叩きつけられたときに血のあとの中に
プレートの文字がついたもの。
急いでその文字の解析を・・。

ジフンの元カノは検事。
何のコネもなく、苦労して検事になったので
出世欲が強い。
出世のためなら上層部のいうことを
素直に聞いていたほうが無難。

でも、初心を忘れるな、と自ら向かい風にやられても、
前に進み、そう言うジフンを見て、立ち向かうことを決心。
当日外出許可を得ていた米兵、銃の腕がいい米兵、
条件にあった人物を多くの名簿から割り出す。

そして、出国しようとしていた米兵を
すんでのところで逮捕できた。
でもこれは科捜研の鑑定の誤りを認めなくては
いけない状況に。
ミョンファンは辞めることはない。
指示されて鑑定書を書いた部長が辞めることに。

犯人も被害者も、国籍や人種や地位や
そんなものは関係ない。
犯罪を犯したか、犯してないか、
逮捕する条件はそれのみ。

解剖室でも同じ。
この部屋に入ればみな同じ人間・・。
今回、米兵の代わりにチンピラを犯人に仕立てちゃったんだよね。
いくら国のためとはいえ、そんなことは許されない・・。
科捜研の信用が失われつつある・・。


面白いです。
信念に真っ直ぐなジフンやダヒョン。
過去に苦労してきたからこそ
地位を固めたいミョンファン。
ジフンの親代わりの元院長も過去に
そういった事件に絡んでいるようで
偉くなればなるほど、組織の奥にいればいるほど
個人の自由や意思が通じなくなるのかな。

しかし・・科捜研が捏造じゃ、
何の存在意義ももたない気が。
検査機関は独立しないとね。。



<感想&あらすじ>
韓国ドラマ「サイン」 第11話〜第20話(最終話)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
韓国ドラマ「サイン」 第1話〜第10話 るりりんのお散歩雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる