るりりんのお散歩雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国ドラマ「美男(イケメン)バンド」 第1話〜第10話

<<   作成日時 : 2013/02/04 15:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

若いな〜、っていう世界です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ジヒョク …ソンジュン
 問題児といわれる高校生。バンドのメインボーカル。
 
ビョンヒ …イ・ミンギ
 ジヒョクたちのバンドのリーダー。

スア … チョ・ボア
 お嬢さまから一転、不遇な暮らしに。
 ビョンヒが惚れこんだ女子高生。

スンフン … チョン・ウィチョル
 財閥の御曹司。スアが好きで自分のものだと
 思っていたけど・・。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


『眼球浄化』というロックバンドを結成しているジヒョク。
女性には特に大人気。
バンド名通り、メンバーがとてもイケメンだから・・。

本業はみんな高校生。
その高校が分散されてどこかの高校にそれぞれ吸収される。
バンドメンバー全員が同じ高校だったので
それはラッキーだったけど・・転入先はまるで正反対の世界で。

ジヒョクたちの高校はいわゆる底辺校。
休み時間にもなると小学生のようなノリの騒がしさに。
ジヒョクたちの家庭環境も複雑で、裕福とはいい難い。

転入した高校はいわゆるエリート校でハイソな家柄。
その高校の生徒とケンカをしたんだけど、
ケンカの相手になるのは生徒のボディガード。
金持ちはケンカのときでもアバターを使うのかよ、と・・。

エリート校でもバンドが結成されている。
中心的な人物の優等生スンフン。
スンフンたちのバンドは大人向けの上品な音楽。
バーとか、そんな場所で演奏されるような。

一方のジヒョクたちのバンドはライブハウスで
ジャンジャン音を出して弾ける音楽。
音楽でさえも異なるし、家庭環境も、
今までの世界がまるで違う二組は会えば
ケンカモードに・・。

ジヒョクのバンドのリーダー・ビョンヒ。
カリスマ性があってバンド命の人。
ジヒョクとは親友以上の間柄・・。
そのビョンヒがビーナスと崇めるスア。
エリート校のかわいい女子高生なんだけど
このスアにビョンヒはぞっこん。。

このスアはスンフンと親しいけれど
家庭の状況がまだ話せていない。
父親の事業が失敗しちゃったのかな?
スアは屋根部屋で独り暮らし。
公には金持ちの住むタワーマンションってことに
なっているんだけどね・・。

このスアの家のお向かいさんの屋根部屋に
住んでいるのがジヒョクなのね。
何かスアが訳有りで屋根部屋に住んでいるようだけど
大して気にしていない・・。
ジヒョクたちにしてみれば当たり前の生活環境だからね・・。

ある日、スンフンのグループの血気盛んな生徒が
ビョンヒを呼び出す。
ビョンヒは無抵抗なのに金属バットとかで殴られて。
やっと仲間がきた〜とビョンヒが道路で
ほっとしたのも束の間、横からトラックが・・。
ジヒョクたちの目の前で轢かれてしまい・・。

そうなのか・・。
ビョンヒはこの若者たちの象徴的な役割になるのね・・。
ミンギくん、いなくなるの早すぎだ〜(泣)。

ビョンヒの死に、ジヒョクや仲間もショックを受ける。
でもそのビョンヒがバンドフェスティバルに応募していたと知り、
ビョンヒの書き残した曲で優勝するのが弔いになると
一つの目標ができる。

ビョンヒを間接的にでも殺した、とジヒョクの仲間は
スンフン仲間を恨めしく思う。
殺しておきながら、涼しい顔で生活しているのが許せない。
同じようにボコボコにしてやる〜、で袋叩き。

おあいこだ、ってジヒョク側もスンフン側も
カタがついたかと思ったのに、スンフンの友人が
不良に絡まれた、で警察に訴えたみたいで。
(父親がそうしちゃったのかな?)

大会に出るには、バンドメンバー全員が
高校生でなくてはならない。
在学証明書を出さないといけないのね。
ここで中退ってことになったら、ビョンヒの夢を
途絶えさせてしまう、と・・。

スンフンに頭を下げてでも学校にしがみつきたいジヒョク。
スンフンとバンド仲間の1人は優秀な人だけど
決してジヒョクたちを見下すことがない。
異世界に住んでいて、互いが理解しあうのは
できないかもしれないけれど、同じ音楽を
やっている人間として興味がある。

大会にこの二組がエントリーしていて
その公の舞台で戦いたいっていう思いがあるしね。
スンフンは上手く大人たちを誘導して
告訴を取り下げるようにしてくれる。

スンフンはスアが好き。
この頃おかしいな、と思って調べると
スアの父親の会社があぶなくなっていて。
そしてスアもその父親と離れて屋根部屋に
独り暮らしでバイトまでしている。

何か役にたってあげたいと思うけど
スアは自分のこの状況がバレてはいないと
思っているし、情けをかけてほしくもないので
援助らしきものは拒否。

金持ちの集団は、その価値がなくなったら
みんな離れてしまう。
自分が惨めな生活になったと知ったら
友人やこの平穏な人間関係が崩れてしまう、と
スアは本当のことを話せずにいる。

状況を知っているのは隣のビルの屋上に住むジヒョクだけ。
借金取りがスアの家まで来ているのを知り
かくまってあげたりね。
一応のクラスメイトだし、ビョンヒが大好きだった女の子だし
危ない目にあわせられないよね。

大会に出るために練習をしたいけど
練習する場所がないジヒョクたち。
学校の音楽室の使用権利をかけて
スンフンのバンドとジヒョクのバンドの演奏対決。
どちらに生徒の投票が集まるか・・。

ジヒョクたちの番になったのだけど
学校にまで借金取りがスアを捜しに
きていることを知ったジヒョクは、演奏よりも
スアを助けようとスアの手を取って
駆けていってしまい・・。

ネットで、スア父が横領したとのニュースが。
・・それだけお嬢さまだったってことよね。。
スアの家庭環境が一変したと知り、
クラスメイトたちは手のひらを返したように
スアに接する。
すごく見下してね。。

親友だった子はそんなことはなかったけど
俺の世界では考えられない、とジヒョク。
どんなことがあってもジヒョクの周りでは
こんな仕打ちはないしね。

父親が出頭する前まで、ずっとスアがチンピラに
追いかけられているので、ジヒョクの家とスアの家を
交換したりして、ジヒョクはスアを守ってくれる。

スアはビョンヒの女神、って友人たちも知っているし
ジヒョク本人もビョンヒのため、って言いながら
スアと一緒にいるんだけど・・そばにいればいるほど
惹かれていってしまうんだよね・・。

スアは本当のことが学校にバレたら何だか
気が楽になったと。
嫌味を言う人が多くいるけれど、それでも
この状況を受け入れて生きていかなくちゃいけないし
そういう世界で楽しみながら生きている
ジヒョクたちもいるし、で前向きになって。

嘘偽りなく接してくれるジヒョクのそばにいると・・
こっちも自然と好きになっていくわけで・・。

大会の日、ジヒョクのバンドメンバーがケガしてしまい
優勝を勝ち取ることができなかった。
ビョンヒのために、っていう想いでみんな一生懸命
練習してきたんだけど、それが叶わなかった。
落ち込んでるジヒョクのそばにきてくれたのは・・スア。

好きとか、恋人になるとか、そんな言葉はないんだけど
スアはジヒョクがすごく気になるしそばにいたいと
本心から思っている。

ジヒョクは自分自身の中にある好きという感情には
あまり気付いてないけど、守ってあげたい
女性っていう感じ。
この何となくジヒョクの淡い感じが素敵だな〜、と。
若い男の子、って感じで。

バンド大会では最後まで完璧に演奏できなかったけど
その演奏がネットで話題になって。
スンフンのバンドよりも世の中の反応は
ジヒョクのバンドに賞賛が集まる。

ここで芸能事務所から声がかかる。
このバンドでデビューできる、って大喜びだったのに
スカウトしたいのはジヒョクとケガをしたギターの二人だけだと。
他の3人のパートはオーディションで新たに募集すると・・。

ジヒョクはすぐさま社長の前で契約書を破る。
このメンバーじゃなければ意味が無い。
それ以外の条件での契約はしない・・。

この社長はスンフンの姉。
これまでこういう条件で契約してきたことが
あったのだけど、このバンドをバラバラに
しちゃいけない、ってある人からアドバイスがあったので
このメンバー全員での契約にする。

おもしろくないのはスンフン。
学校でも世間でもジヒョクたちのバンドが
デビューするとなって大騒ぎ。
そして何よりも自分のものだと思っていたスアが
他に好きな人がいる、と遠ざかってしまった。
他の人、がジヒョクだということを知ってるもんね。
ジヒョクなんかに負けたくない・・。

スンフンは裕福な家のお坊ちゃんなので
いい大学にいってどこかの社長だか会長になって・・が
将来の道。
音楽は遊びだと家族も思っている。

でもスンフンは音楽が好き。
自分のやりたいようにやる、とこれまで隠していたことを
ネットで公表。
スンフンは実は有名な作曲家だった。
名前も違えて正体を出さないまま活動していたみたい。

そりゃ世間ではジヒョクたちのバンドなんかよりも
こっちのほうが大ニュースになるよね。
正体が財閥のお坊ちゃんだったなんて。

スンフンとジヒョクが違うのは、やっぱり人間としての大きさ。
スンフンはジヒョクに対抗するために作曲家で
世の中に出る。
自分のバンドは・・それこそ遊びだった、と。
今までやってきたメンバーは簡単に捨てて
さよならなんだよね。。

ジヒョクは何もかも好転しているようにみえるけど
恋愛では苦しんでいる。
スアが苦しいほど好き。
でも、バンドのメンバー全員がスアは亡くなった
ビョンヒの彼女だから手を出すなんてありえないと思っている。
・・正式な彼女じゃないけど、メンバー公認の好きだった子で
生きていれば絶対にビョンヒの彼女になってた存在だよね。。

こんなこと絶対に許されない、って思っているけれど
ジヒョクはスアが好きで諦めるなんてとてもできない・・。

ジヒョクたちはデビューに向けて合宿生活に入る。
スアとも簡単には会えなくなるのだけど
会えたときの少しの会話が二人にとっての癒し。

ネットでジヒョクたちの歌が配信される。
亡くなったビョンヒが作詞作曲した特別な歌。
それを世の中に出せたことがジヒョクたちにとって
どれだけ素晴らしいことか・・。

生放送で演奏をすることになったジヒョクたち。
荒削りでまだプロとしての水準には達してないけれど
いつも通り、クラブで演奏するようにやれば
のりきれる、と演奏を始めたけど・・。


若い世界ですね〜・・。
尖がって、尖がって、のあの時期の
男の子たちがメイン。

しょっぱな、なんてすごいカリスマ性のある
男の子〜、ん?ミンギくんに似ている・・??で
初めてこのドラマにミンギくんが出演しているのを認識。

何で出演者のメインに書かれないんだろう?と
不思議に思っていたら、3話で衝撃的な画面で死んじゃったわ。。
・・コントのようにぶっ飛んでいった。。

5話くらいまでで、もうリタイヤかと思ったんだよね〜、コレ。
私にはもうこの世界にはついていけないわ・・って
いう思いが強くて。

でも、それを過ぎたあたりから、何だかとっても
重い中に、軽くて心地よい純粋なものが
ふわふわしていて、とても良い雰囲気に
感じるようになりました。
スアがいいのかな〜。スアの空気感が。

いっつもジヒョクたち不良を怒って
手なずけていた先生が、
マネージャーになるのは
なかなか面白い設定だな、と。
作品を通してブレずに、良いキャラです。


<感想&あらすじ>
韓国ドラマ「美男(イケメン)バンド」 第11話〜第16話(最終話)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
韓国ドラマ「美男(イケメン)バンド」 第1話〜第10話 るりりんのお散歩雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる