るりりんのお散歩雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国ドラマ「ニューハート」 第1話〜第10話

<<   作成日時 : 2013/03/26 15:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

医療ドラマはやっぱり面白いですね〜。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ウンソン …チソン
 研修医なりたての情熱ある青年。
 三流大出身ながらも医者としての使命を常に持っている人。

ガングク …チョ・ジェヒョン
 胸部外科の第一人者。医者として真っ直ぐなため
 経営側の人間たちにけむたがれている。

ヘソク …キム・ミンジョン
 首席の成績をもつ研修医。父親は病院経営を優先させる院長。
 使命感はあるが人情よりもルールを優先する人。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


大病院の院長選で当選したヘスク父。
優秀な医者だけど、いかに病院を繁盛させて
有名にするかに重きをおく。

今、建設中の心臓血管センター。
これを商売の道具にするためには
患者と寄付が必要。
実績を作ればそれが解決する。

繁盛させるまで、マスコミを惹き付ける
胸部外科の科長が必要。
意見して地方病院にやったあの男にしよう・・。

胸部外科第一人者のガングク。
本院で正直に間違いを指摘したために
地方病院に左遷されていて。
ヘスク父から戻ってこないか、と打診が。

病院内の人間関係には不満が多いけど
自分の力を発揮できる場所は大病院しかない。
機材が整った場所で1人でも多くの人間を救いたい・・。

一時期の人集めとして呼ばれたんだけど
ガングクはもちろんそんなことを知らない。
純粋に医師として仕事をしたいだけ。

胸部外科は手術に時間と人をかけるわりに
儲けがない。
美容外科のほうがよっぽど儲かるのね。
難しく訴訟になるケースが多くて
胸部外科には人が集まらないのが常。

研修医を募集するのだけどいつも0人。
けれど今年は定員割れとはいえ2人の応募が。
ヘスクとウンソンで・・。

ウンソンは3流大の出身。
地方の病院で働いていたときに
ガングクの手際の良い技術をみて
自分も胸部外科に、と志願。

ヘスクは父親と少しシコリがあるようで
父親の言いなりにはならない、とあえて
父親が一番毛嫌いしている胸部外科に志願。

この人は優秀なんだけど、何事も法則に則って、の
マニュアルが先にたつ人。
人の感情っていうものがよく理解できないみたいで。
人の物を壊しても、謝罪よりも「いくら?」っていう
言葉が出てくる人で。

ウンソンがたまたま交通事故の現場にいて
被害者の胸に空気と血液がたまって圧迫しているので
胸に穴をあけなければ死んでしまう、っていう状況に。

何とかして助けたい一心が先にきて
ガングクがやっていたことを見よう見まねで処置。
このおかげで被害者は助かったのだけど
研修医にこんな医療行為は認められていないので
病院の医師から胸倉をつかまれるほど怒られる。

ガングクもこの様子を見ていたんだけど
複雑な思いがする。
一か八かのこんな医療行為は許されないが
何の処置をすればいいか知っているのに
何もしないで亡くなるのを見ているのがいいのか・・。

情熱は誰よりも負けないが、突っ走りすぎるのが
トラブルの火種になる、とウンソンを不合格に。
ヘソクは優秀だけど患者の立場に立ってない、と不合格。

研修医が毎年入らないといつまでも
下っ端の研修医は働きずくめ。
ガングクに対してボイコットを起こすも、
その間、患者に手が回らなくなって
胸部外科のICUは大混乱。。

結局はみな医者なので
患者のためを思うと通常に戻らざるを得ない。

ウンソンの真っ直ぐな情熱と
ヘスクのずば抜けた記憶力。
それだけをかってガンククは研修医として
二人を採用する。

大学病院なので、まぁお決まりの
教授は絶対っていう立場があって
見落としてる症状をいつも看護している
研修医が見つけたとしても
俺の診察結果に逆らうのか、って
怒られたりね。。

レントゲン写真だけで症例を判断するのが
優秀らしく、CTなんて機材に頼って判断するのは恥とか。。
・・患者の立場からすると、何してもいいから
早く原因を特定してください、って思うよね。。

教授に逆らって判断した結果、
ウンソンが一度誤る。
そんな大病なわけないじゃん、って失笑されて。

でも、患者からしたら何でも疑って
ケアしてほしいよね・・。

今度は本当に大変な病を抱えてる、って
ウンソンが判断して、教授の指示に従わなかったら・・
本当にその病気を発症していて。

こんな風に世間体を大事にするのか
医師としてのプライドを大事にするのか、
そんな事柄がたくさん出てきます。

技術と知識、人間性、それが全て備わっているのが
ガングク。
だけど上にいけばいくほど、人間性が減少し
それに代わって根回しと派閥の人間関係の度合いが
高くなるんだよね〜。

いい先生というのは患者からしたら必死になって
命を救おうとがむしゃらになってくれる人なんだけど
病院側からいくと死亡率が少なくて採算が十分とれて
院長の指示に素直に従ってくれる人、なんだよね〜。。

頭が固い人は日々勉強をすることなく、
何年も前の技術だけを得意として、
難しい手術はあんたのが得意でしょ、と
後輩になげちゃう、っていう最低な人もいたりね・・。

ウンソンは技術や知識はまだまだだけど
人間性は類をみないほど温かい人なので
患者もすぐに心を開くし、信頼は厚くなる。

そんなウンソンと同期として毎日一緒にいるヘソクは
だんだんと人間らしい、女性らしい感情が
芽生えてくる。

ウンソンと出会ってなかったら、
自分があまり良い感情を持ってない父親と
同類の道を突っ走っていたかも。
理屈で何でも切り捨ててしまうような。

大学病院っていつもこんな感じに描かれるので
本当に内部はこんなんだろうな〜・・。
血液感染で病気をもらっちゃったかも、って
大騒ぎになる話とか、ポン・ダルヒなんかにも
出てきたりして、病院ドラマの要素の一つなのかな?



<感想&あらすじ>
韓国ドラマ「ニューハート」 第11話〜第23話(最終話)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
韓国ドラマ「ニューハート」 第1話〜第10話 るりりんのお散歩雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる