るりりんのお散歩雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国ドラマ「ファントム」 第1話〜第10話

<<   作成日時 : 2013/10/08 20:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

驚くほど内容が濃い。。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ウヒョン …ソ・ジソブ
 サイバー捜査隊のチーム長。
 寡黙な人だが部下からの信頼は厚い。

ガンミ  …イ・ヨニ
 ウヒョンの部下。
 美人で頭脳も抜群によい。

ヒョンミン  …オム・ギジュン
 大手証券会社の代表。
 闇と言われている組織に限りなく近い人物。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ウヒョンは警察のサイバーチームに所属。
ネット犯罪を扱っている。

主要な国家機関をサイバー攻撃し
機密情報を流出させた犯人を追っている。

ネットワークを介した大規模なカジノを摘発すると・・
その追っている犯人、ハデスの名が。

好感度がよく、世間で人気の女優が
飛び降り自殺する。
直前に性接待疑惑が浮上して
ネット上で騒がれていた女優。

直前に遺書のようなものがネット上に
書き込まれた形跡があり、
ウヒョンたちが捜査していくと・・
遺書は別の人間が書いたものだと判明。

その遺書がアップされたときに
ハデスが女優のパソコンに入り込んでいた。
WEBカメラに映ったのは・・何者かに
女優が押されて転落される映像。
ハデスがその画像をネットワーク上に
流出させる・・。

自殺ではなく他殺。
しかもそのハデスと名乗るいう人物が
ウヒョンの警察学校時代の友人だと判明。

ウヒョン友人は警察学校を自主退学していて
それとこの犯罪まがいの色々な行為が
結びついている・・?

女優が突き落とされている映像を
解析すると、突き落とした人物が
窓ガラスに映っていた。
その姿はウヒョン友人で・・。
女優殺害の犯人はウヒョン友人、となって
警察が追うことに。

ウヒョン友人は真実を突き止めたい。
証拠品として押収されている女優の
パソコンを警察庁に忍び込んで解析。

たまたまガンミがその場に出くわせ、
パソコン内の映像をみることに。

すると・・男3人で座っている映像が流れ、
1人が飲み物を飲んでからその場に倒れて。
毒殺されたような映像。
残りの2人のうちの1人の顔をみて・・
二人は愕然とする。
ウヒョンだと・・。

この映像は、接待がキッカケで
本気になってしまった相手に
女優が交際を迫るために
隠し撮りをしていた映像ではないかと・・。

ウヒョンと友人が会う。
なぜ毒殺された現場にウヒョンがいたのかと
友人が問う。
そしてあまりにも平然とした様子だったのは
なぜなのかと・・。

ウヒョンが言う。
もうこの事件から手を引いて遠くへいけ、と。
全ては警察内部で起こっていること。
動画の映像も何もかもが手を入れられている。

最初から間違っていた。
元に戻したい・・。

ここで友人はウヒョンが警察内部の
何かの闇の組織だか人物に動かされていたと知る。

本来は公にすべきことを何らかの意図で
捻じ曲げられ、隠ぺいされている・・。

ウヒョンのように葛藤がありながらも
そこに反することができず、加担している者が
何人もいるらしい・・。

もう終わらせる。
全てを明らかにする、とウヒョンが友人に
話した時に・・別の加担している人物が
その場を爆発させる・・。

ガンミは警察官として真っ直ぐな思いを
持っているけれど、ウヒョンを信じたい。
何か、警察の闇にかかわっていたようだけど
それが何なのか、真実を知りたい。

ウヒョン友人もガンミの思いと同じ。
自分が犯人に仕立てられたので
どういう事情なのか、全てを明らかにしたい。

爆発で、一人は重体、一人は死亡。
果たして亡くなったのはどっち・・?

本当はウヒョンが亡くなったのね。
でも、友人がウヒョンの身分証を持っていたために
逆の認識になっている病院と警察。

全てを元に戻したい、と願った
ウヒョンの想いを知り、ガンミはこのまま
周囲を信じさせるように手を尽くす。

重体だった友人も何とか意識を取り戻し
ウヒョンの仇をとるのは自分しかいない、と。

ガンミもウヒョンへの想いがあるので
この二人だけの秘密、ということで
ウヒョンとウヒョン友人は入れ替わることになる。

大やけどを負ったので、手術を何度も何度も受けて
元はウヒョンだと医師も信じているので
その顔に近づけていく。
そうして・・1年後には、ウヒョンと全く同じ格好をした
友人が警察に戻ることに。

亡くなったのはウヒョン友人で、女優殺しの
犯人とされているので、容疑者死亡、と
この事件は一旦しめられることに・・。

ウヒョン友人はウヒョンとして、
サイバー捜査テームに戻る。

ガンミ以外は入れ替わったなんて知らないので
ウヒョンが奇跡的に生きて戻ってくれた、と
大喜び。

刑事はネットでカチャカチャやるよりも
現場に足を運ぶ人力が命、と考えている刑事。
この刑事は女優の自殺事件のときに
ウヒョンを敵対視しながら一緒に捜査した人。

この人はさすがで、ウヒョンとウヒョン友人に
何かしらの情報のやり取りがあり、
何でかあの爆発に巻き込まれたやつら、っていう
疑いでいっぱいの人。

この人が上からの命令でウヒョンたちの
直属の上司に。
ウヒョンを見張れ、との指示で。

警察内部の闇組織から上から下へと
指示されてきたものらしい。。
この上司がその闇に絡んでいるかは不明だけど
とにかく格好よくて頭脳明晰なウヒョンが
気に入らないらしい。
・・たぶん、事件の疑いもあるけど
人間としてのひがみもあるんじゃないかと(笑)。。

次々に若い女性が殺される。
各人のパソコンが遠隔操作されたような
形跡があり、現場の部屋には赤い文字で
批判する書き込みが。

その書込みは、自殺に見せかけて亡くなった
女優に対してその被害者たちが書込みをした
批判の言葉そのままで。

被害者たちは殺される前に
ストーキングをされているような話があり
どうやって書込みの人物を特定して
追い詰めて殺害したのか、を調査。

するとストーキングをされる前には
必ず演劇の無料招待券がメールで
送付されていて、全員が観覧していたことが分かる。

その無料招待券を手に入れたウヒョンとガンミは
劇場に向かう。
ガンミがその指定席に座り、犯人がどうやって
アクセスしてくるのかを調べようと・・。

劇場に来たターゲットの顔を確かめて
ストーキングして狙うのが目的。
パソコンを遠隔操作するのは
掲示板にあっち(被害者)から書き込んでいるので
特定はすぐできるし・・。

ガンミの顔を確認されて狙われるかと思いきや、
犯人がガンミが身代わりになったことに気付いて
本来の女性を殺そうとする。

ネットに女優の悪口を書いて
盛り上がっていた人間を許せない、と。
過去に女優とは俳優仲間で
最近までマネージャーとして近くにいた
人物が犯人だった。

一緒に夢を追って、やっと世間で認められる
女優として歩き出したのに、性接待などの
悪質な書込みによってつぶされた。
そのせいで女優は自殺した・・。

女優は自殺じゃなく、他殺なんだけどね。
その人物がウヒョンもガンミも特定できない。
この闇の犯人は本物のウヒョンを
殺した人物でもある。
二人は何としてでもその犯人を見つけたい。

女優への悪質な書込みをしていた人たちが
連続して殺される事件はそのマネージャーの
逮捕により解決。
・・射殺されちゃったけど。。

この一連の捜査のときに、ウヒョンが
ハデスのコードを使って他のパソコンに
侵入したり、IPを使ったことが警察内に知れる。

ハデスを名乗るウヒョン友人は死んだはずなのに
なぜハデスが現れたのか、今度はこっちも
捜査しないと、と。

ウヒョン(=ウヒョン友人)とガンミは焦るよね・・。
この成り代わりの事実が明るみに出るまでに
真犯人を捜してウヒョンの仇を取らねば、と。

株の取引。
今やほとんどがデータ化され、
ネットでの売買が主。
そのデータが狙われたとしたら・・。

金を指定する口座に振り込めば
金融サーバの攻撃はやめる、と
犯人からに要求が。

サイバー捜査になるのでウヒョンと
その上司が話を聞きに行く。

犯人が一度仕掛けてきた手口からみると
言うような攻撃はできない、とウヒョンが判断。
結局は攻撃されずにこの件は終わる。

でもこれはウヒョンと一度会って確かめたかった
人がいたから設けた席なんだよね。
証券会社の代表、ヒョンミン。

このヒョンミンは、本物のウヒョンに会っている。
しかもウヒョンがお前が女優殺しの犯人だろ、と
ヒョンミンに問いかけ、そうだ、と答えた場面で・・。

だから本物のウヒョンだったら、
ヒョンミンを見たときに何かしらのアクションが
あるはずなんだけど、この目の前にいるウヒョンは
全く初対面の様子。。

事故でPTSDを患っているから
記憶があいまい、ってことになっているけど
ウヒョンではないのでは?と疑うヒョンミン。

このヒョンミンとウヒョンが同席していたときに
他の一人を毒殺した映像を女優がマスコミに
送ろうとしてヒョンミンに殺された。
なので、ウヒョンだったら絶対にヒョンミンを
知っているはずで・・。

ウヒョンの上司もウヒョンの正体を探っている。
ハデスか、ハデスに偽装した誰かが
動いている形跡があるし、
ウヒョン友人のパスワードをウヒョンが
使用していることも怪しい。
ウヒョン友人のクセをまるっきり同じように
ウヒョンがやっている・・。
(卓上カレンダーに貼るメモの貼り方だとか
 名刺を栞代わりに使うこととか・・)
絶対このウヒョンはウヒョンの友人で
ハデスだ、と。
ハデスということは女優殺しの犯人だ・・。

世界的なハッカー集団。
金融関係に次々と攻撃をしかける。

サイバーチームも対抗して準備していたのだけど
攻撃してくる端末が多すぎて、てんやわんや。

こうやって混乱させることがハッカー集団の目的?
ウヒョンが調べていくと・・これは見せかけで
混乱させている間に別の本来の目的を
達成させようとしていることが分かる。

何とかそれを阻止しようとしたけれど
間に合わず・・首都圏に供給している
電力会社のサーバーが乗っ取られ、
電力供給がストップ。
ハッカー集団が電力会社の管理を配下に
おいてしまった・・。

このままでは原発が爆発させられるかも、の
状態になり、ウヒョンは持っていた
ハデスのウィルスで防御。
これにより最悪の事態は回避できたけど・・。

外に出回ってないハデスのウィルスを
持っていた=ハデス本人=ウヒョン友人、っていう
図式になり、やっぱりお前はウヒョンじゃなく
亡くなったとされるウヒョン友人なんだな、と
上司が拘束。

誰も分からないハデスのパスワードを使用し
ハデスのパソコンを開けられたのが証拠、と。
警察のお偉いさんは、まさか入れ代ってるなんて
あり得ない、という心境。

ウヒョンは言う。
ウヒョン友人とは警察学校時代親友で
部屋も同じ、何をするにも一緒だった。
パスワードはその時代に思い入れのある
共通の言葉。
サイバー捜査チームをともに目指そうとした
夢を強く持っていた思い出の単語。
共通で使っているのは不思議じゃない、と弁明。

ハデスのウィルスは証拠物品から
持ち出したもの。
あのとき、こうやって疑惑がかかろうとも
自分以外の警察官でも行動したはず。

この行動は警察内で表彰されるくらい
立派な出来事だったんだもんね。
ウヒョンの言葉に偽りはない、で
入れ代りなんてバカげてる、で終わる。

でも・・絶対にそうだ、と信じている上司は
何としてでも動かぬ証拠をつかんでやる、と・・。

ウヒョンとウヒョン友人の過去。
本当に仲が良い二人だった。
同じ部屋で同じ夢を持つ大切な友人。

二人は端末はもちろん、ネットワークに関しても
抜き出た知識と技術を持っていた。
自分たちでソフトでもウィルスでも
作れるくらいに。
ウィルスでいたずら、なんて彼らの遊びの一部。

ウヒョン友人が作ったウィルス。
送付してその添付ファイルに仕込んだ
ウィルスを受信者が開けば、そのパソコンに
入っているメールが50通返信される。

ウヒョンのメールを盗み見しようかな?
どうせならウヒョン父のメールを見てみようか。

ウヒョン父は警察官。
上のほうでどんなメールが飛び交っているか
ウィルスを送付してみよう・・。

ウィルスに感染したウヒョン父の端末から
ウヒョン友人にメールが飛んでくる。
警察内部の資料をいたずら感覚で見る。

そこで・・極秘資料という件名のメールがあり
開いてみると・・大手証券会社の裏献金事件の
報告書が。
でもその内容は、黒幕はいない、何もなかった、で
報道にも規制をかけ終わらせる、と・・。
事件を闇に葬り去る報告内容で。

ウヒョン父がこの報告書を書いていた。
正義は必ず勝つ、というものではない、とウヒョン父。

ウヒョン友人はこのウィルスの件で
連行されちゃったのね。
その取り調べにウヒョン父がやってきて
この件には目をつぶれ、と。
何も見なかったことにしなさい・・。

大学の先生曰く、ウヒョンより
ウヒョン友人のほうが警察官に向いていると
証言するくらい真っ直ぐな人。

国家を守るために組織された
正義を具現化した人間の組織が
こんなことをするなんて。
権力によって真実を曲げるような
ことがあってはならない。

警察に絶対の信頼と希望を持っていた
ウヒョン友人には、この長いものには
巻かれろ、っていう考えが理解できない。

こんな組織で働くなんてまっぴら、
もう今後一切警察は信じない、で
警察学校を退学し、ウヒョンの前から
姿を消した・・。

これが突然退学した理由なのね。
ウヒョンにはまさかお前の父親が・・なんて
告白もできないし、ただ黙って去るしかなく。

この裏献金事件の大企業っていうのが
女優を口封じのために殺したヒョンミンの
証券会社で。
この頃は自分の父親の代かな?

・・次々にサイバー捜査として持ち込まれる
日常の事件と、ウヒョンの正体を探る動き、
そしてヒョンミンが企んでいる何か、が
並行して進んでいくので、かなり見るほうも
忙しいです。。

ウヒョンの正体を探る上司。
ある事件にウヒョンが係わっているのでは?と。

その事件がウヒョン友人とガンミが
映像で見た場面で。

ヒョンミンとウヒョン、そして殺されたのは
電機会社の代表らしい。
その場面をあの女優が撮っていた。
電機会社の代表は過労死として
処理されたのだけど、事件性を疑われている。

ヒョンミンは証券会社の代表だけど
今、権力を持っているのは叔父。
そして跡継ぎはその息子だと言われている。
ヒョンミンの従兄に当たる人だけど、
まあヒョンミンよりも頭脳はないし
親の七光り的な人物。
とても自分が中心になって経営するなんて
ことはできないんじゃないかな。

たぶん、本当はヒョンミン父が経営権を
持っていたけど亡くなって叔父派閥が
取ってしまったって感じかね〜・・。

警察に持ち込まれた事件。
ある有名高校で自殺者が相次ぐ。

ガンミは首席で警察に入った優秀な女性
なんだけど、その出身校。
とにかく成績が第一。
葬式なんていくのは時間の無駄、という
先生の教え。

ガンミはここで親友を失くした。
ちょっとした嫉妬もあったんだけど本気じゃなかった。
でもそのせいで親友は留年。
それを苦に自殺してしまって、
そのときに捜査にきたのがウヒョンだったのね。

女子高生で心を痛めていたときに
そっとやさしくしてくれたのがウヒョン。
だから・・ガンミはウヒョンを想い続けていた。

自殺事件は捜査をしていくと
亡くなる直前のメールデータが何者かに
削除されていた。
この人物がカギを握っているのかも、と。

亡くなった二人に共通していたのは
左手のケガ。
屋上にあった名札や成績表。

屋上から飛び降りたのかと考えたけど
どうやらメールで色々指示があり
手を自分で傷つけ、屋上の下の部屋に行ったようだと。

窓の外に貼ってある、パスワードの書かれた紙を
取ろうとして、ケガした手に力が入らず
落ちるつもりはなかったのに
落ちて亡くなってしまった。
一体誰が指示していたのか。

パスワードは、次の試験の答案だという
添付ファイルを開くためのもの。
成績が一番の子供は、それを手に入れたくなって
犯人の思惑通り落ちてしまった。

結局犯人はこの学校の生徒。
奨学金の候補者の上位からターゲットにして
殺していった。
そうすれば自分の番がきて奨学金を
得ることができるから・・。

学校の教えはとにかく一番でなければ
意味がない。
周りはみんな敵と思え。
踏みつけてでも自分が一番になることが大事・・。

そうやって教えたじゃない、と生徒。
それでも先生は教育方法を変えようとはしないよね・・。

この教えやこの成績第一主義の世界に
疑問を抱いて退学していった生徒がいたけど
この子が一番まともなのかもしれない・・。

ウヒョンに近づく女性記者。
自分は事故前ウヒョンの恋人だったと。
ガンミはそんな話は聞いていない・・。
好きだった男性に彼女がいたなんて
ショックだし信じがたい面もある。
・・もちろん敵側にいる女性で
ウヒョンの様子を探りにきただけなんだけど。。

ウヒョンはその女性記者の行先を辿る。
するとあるリゾート地の一軒の別荘にたどり着く。
その場所は・・上司がウヒョンの正体を暴こうと
辿っていっている場所でもあり。。

別荘に入ると見覚えのある応接間が。
あの電機会社の代表が毒殺された現場で・・。
そこでヒョンミンに出くわす。

ウヒョンと何か深い関係がありそうだと
感じていたウヒョン(=友人)。
女優の殺害事件にもこのヒョンミンが関与しているのか・・?

ウヒョン(=友人)は、女優殺しの容疑が
自分にかかっているし(友人は死亡ってことになっているけど)、
その犯人とウヒョンを殺した犯人と、
電機会社代表を殺した犯人は全て同一人物か
繋がりがあると思っている。
だから、この代表殺しの犯人にたどり着こうと。

ウヒョン上司はウヒョンが何者なのかを
つかみたい。代表の殺人にウヒョンが関与
しているかも、と感じていて、こちらも犯人を見つけたい。

ウヒョンと上司、人間的には性格も格好も
何もかもが異なるんだけど、目的がピッタリ
合ったのね。

どちらも悪は悪として裁きを受けさせる、という
強い信念を持っているので、この二人とガンミを
中心に代表殺しの犯人に近づいていく。

代表は元は証券会社の財務理事を勤めていた。
だから・・内部情報を知っている
一人だったんだよね、きっと。

電機会社は証券会社の傘下。
下請けしていたようで、ヒョンミンとも
親交が厚かった。

この代表は過労死で解剖もされずに
処理されてしまったんだけど、
他殺だとウヒョンも上司も確信している。

この事件に関わった人物は
検視した医師、解剖を断った妻、
第一発見者の運転手・・。
そしてウヒョン・・。

この人たち全てが盗聴されていて。
監視されていて、真実が発覚しないように
している・・?

上司が捕まえた運転手は、犯人は絶対に
警察でも捕まえられない、と意味深な発言。

被害者の妻は盗聴のないところにウヒョンと行き
解剖しないように脅されていた、
被害者が生前、ウヒョンに大事な証拠が入っている
パソコンを預けたと言っていた、と・・。

このパソコンをウヒョンも手に入れたい、
犯人なのか、犯人側なのかのヒョンミンも
手に入れたい、ウヒョン上司もこの物証をかぎつけ
手に入れたい・・。

ウヒョンはウヒョン実家に隠してたようだけど
そのパソコンを手にしたのはウヒョンの同僚の刑事。
全くこういう闇の部分にはかかわってないだろうな
っていうくらい、楽しくておちゃらけた人だったのに
その同僚がパソコンを持って会いにいったのは・・
ヒョンミン。

果たしてこの同僚はどんな存在なのか、
パソコンの中身を確認できるのは誰なのか・・。

電機会社の代表が殺された事件は
ヒョンミンが全て誘導したことらしい。
ヒョンミンの叔父親子が会社の経営権を
握ろうとしていて、それを阻止するためらしい。

叔父の息子=ヒョンミンのいとこが
代表を殺した、という証拠を作り上げたり。

それが崩れても、めんどうくさい事件に
巻き込まれるのはごめん、と自然死扱いにして
盗聴して見張ってたのはいとこのようで、
殺人として立件できなくても、会社には
戻ってこられないように不名誉な立場に
追い込むように、とヒョンミンから検事に
指示が飛ぶ・・。


これはすごい内容でかなり見応えのあるドラマですね。
何本ものストーリーが同時進行していて
それがある時点でちょこっと交わって・・で
とても重厚です。

それに加えて警察や国内大手の企業が
係わっていて真実を曲げているんだから
複雑にもなるわよね。。

さらっと見ようなんて、まずできない作品です。
とにかく一字一句、状況も見落とさないように
一生懸命みないと。
何が隠されているか分からないし。

サイバー捜査なので、普段メールや
ちょっとWEBをするだけで、仕組みなんて
分からない、って人が見ると、混乱するかも
しれません。。

自分の家のパソコンが他の誰かに乗っ取られて
操作されるってね。
WEBカメラで部屋の中をのぞかれたりするんだ・・。

携帯も操作してクローンを作ると
その人がGPSを普段使ってたら
クローン携帯のほうでその人の居場所が
分かったり、履歴ももちろん盗み見されるという・・。

こわ〜・・。
勉強になったことは・・面倒くさがらずに
ウィルス対策をしっかりやっておきましょう、ってことかな。
常に最新の定義バージョンを保ちましょうってね。

なるほど〜。。



<感想&あらすじ>
韓国ドラマ「ファントム」 第11話〜第20話(最終話)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
韓国ドラマ「ファントム」 第1話〜第10話 るりりんのお散歩雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる