るりりんのお散歩雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国ドラマ「応答せよ1997」 第1話〜第16話(最終話)

<<   作成日時 : 2014/02/05 21:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

初恋の甘酸っぱさが素敵です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
シウォン …チョン・ウンジ
 高校時代、アイドルの追っかけに熱中。
 元気で気が強い真っ直ぐな女性。

ユンジェ …ソ・イングク
 両親はなく、同級生のシウォンと姉弟のように育つ。
 いつしかシウォンが初恋の相手となり・・。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

33歳のシウォン。
高校時代の友人たちとは
今も同窓会を開いて定期的に会う仲。

1997年。シウォン18歳。
超人気アイドルグループの追っかけをしている。
寝ても覚めてもアイドルに夢中。

幼なじみのユンジェ。
小さいころ両親を亡くし、シウォンの両親が親代わり。

生まれたときから一緒に育ち、
顔を見ない日は一度もない、というくらい
ユンジェとシウォンは一緒。
同級生だけど兄妹(権力的には姉弟・・)のような関係。

ユンジェとシウォンとその仲間たちの
合計6人が仲良しグループ。
何でも言い合って、いつでも遊んで、の仲。

ユンジェは・・シウォンが好きなのね。
だけどシウォンは兄や弟のようでもあるし
なにせ恋しているのはアイドルなので
ユンジェの気持ちが理解できない。
・・というか、素直に真正面から受け入れられない、
という感じ。
全てが変化しそうで無意識に拒否しているのかな。

受け入れられないシウォンはユンジェから
見ると、危なげで仕方がない。

男友達と時間もあって趣味も合ったからと
映画へ二人で観に行ったり、ネット上で
知り合った年上男性と連絡を取ろうとしたり。

ユンジェには兄がいる。
その兄とシウォン姉が付き合っていて
このままいったら結婚か、と思っていた矢先に
シウォン姉が事故で亡くなる。

これまで特にシウォンとユンジェ兄が
仲良く交流することはなかったのだけど
姉と同じ言動をするシウォンにユンジェ兄が
惹かれていく。

きっかけは面影を追って、のところがあったけど
だんだんとシウォンらしさに惹かれていく。

ユンジェもこの兄も飛びぬけて頭がいい。
学年、その地域の首席っていうくらいなので
ユンジェは国内一の大学へ進学が決まる。

ユンジェ兄はユンジェたちの卒業と同時に
先生業を辞め、起業する。
当然のごとくすぐに財界でも有名になるくらいの
資産を作るようになる。

ユンジェは大学入試が終わったら
シウォンに告白しようと決心していたのに
その日に兄も同じように告白する予定と知る。

初めにシウォンが好きだ、と話し始めたのが
兄だったので驚きと同時に自分の告白を
止めざるを得なくなったユンジェ・・。
切ないねぇ・・。

シウォンにとってユンジェは男だという
認識がないからね・・。
いなければさみしいけど、異性という
感覚がない・・。

仲良し組でユンジェに想いを寄せて苦しんでいる
男の子もいて、十代で味わうような
様々なエピソードがちりばめられていて。

シウォンにとってユンジェ兄は
包容力のある年上のお兄さんという感じ。
恋愛の好きとは少し違うんだけど
その区別がいまいちついていない。
まだ恋愛とはどういう感情なのかが
シウォンにははっきりと分からない。

アイドルが死ぬほど好きっていう
感情はあるけれど、現実の男性を
好きになるっていうことが
まだ体験できていない、そんな状況。

ユンジェに対しては、いて当たり前。
家族でもあり友達でもあり、何でも分かっている
自分の分身のようでもあり。

そのユンジェが最近よそよそしい。
ユンジェは兄を気遣ってそうしているのもあるし、
叶わぬ恋だと距離をおこうとしているのもあるし。
・・この姿が痛々しいんだよね〜・・。

シウォンもなんとなくユンジェが冷たいような
怒ってるような、そんな雰囲気を察していて
声がかけずらいと思うことも。

ある日のバイト帰り。
世間で女性を狙った強盗が多発していて
暗い夜道、細い路地で誰かにつけられていると
感じるシウォン。

怖くなって電話したのはユンジェ。
ユンジェはその緊迫した状況を知ると
一目散に無我夢中でシウォンの元に。

シウォンに何事もなかったけれど、
駆けつけたユンジェの姿をみて
シウォンは何かを感じる。
友人でも、家族でもない、男性として
守られる温かさに。

ユンジェの姿がすごかったもんね。
靴はかたっぽないし、途中自転車と
ぶつかって傷だらけ。
全速力だから汗だくで、そんな姿で
必死にシウォンのために駆けつけくれた
ユンジェをみたら・・今までとは違う感情が
シウォンにも芽生えてくるよね・・。
・・いや〜、この場面かっこよかった。。

シウォンたちは、高校を卒業して
それぞれの道を進むことになる。
地元に残る子もいれば留学する子もいるし、
ユンジェとシウォンはソウルの大学に進むために
上京することになる。

もちろん学力には雲泥の差があるので
同じソウルでも別々の大学になって
それぞれが意識をしなくては会えない環境になる。

地元の友人とのお別れを兼ねた
シウォンの誕生日会。
その日にユンジェは言うつもりはなかったけれど
シウォンにこれまでの想いを打ち明ける。

高校生になって初めてシウォンのことが
女性として好きだと気付いた。
でもそんな感情で今までの関係を
崩すかもしれないと思って、
大学が決まるまでは抑えていた。

告白しようとしたその日、自分の大切な兄が
シウォンを好きだと知ってしまった。
だからこの想いを封印しようと心に決めていた・・。

誕生日にプレゼントはないの?って
何も知らないシウォンがユンジェをからかうように
言ったのが発端でこの告白になったんだよね。

指輪がほしいな〜、って去年からシウォンが言っていて。
でもユンジェからもらおうなんて全然考えてなくて
いい男がいたらそういう人からもらいたいんだよ、って
笑いながら話していたシウォン。

シウォンは自分のことを男だなんて
微塵も感じてないんだな、って落胆しつつ
それでも指輪を買っていたユンジェ。

その指輪を置いて、捨てるのは自由だから、と
シウォンの前から消えていく。
こうして二人はこの日以降、就職するまで
会うことがなくなる。

この日、ユンジェ兄もシウォンに
告白しようと指輪を用意していた。
ちゃんと恋人として付き合おうと。
その指輪が・・兄弟だねぇ・・。
おんなじような指輪なんだよね。。

シウォンは果たしてユンジェ兄の想いを
受け止めたのか?
ユンジェの告白を聞いて何かを感じて
他の誰とも付き合わないと決めたのか・・?

高校時代のこのエピソードの中に数分だけ
現代の33歳になったシウォンたちが同窓会を
している場面が入るんだけど、シウォンは妊娠中で
ダンナは一体誰なのか、が隠されていて。

同窓会なのでユンジェもいれば元先生として
ユンジェ兄もこの会にきて楽しんでいるので
果たして今も指につけているシウォンの指輪は
誰のものなのか・・っていう思わせぶりもいいよね。
・・って、ユンジェじゃなきゃ困るけど。。

ところで、ユンジェ兄弟の現在は
ユンジェは超エリートの判事になっていて。
そしてユンジェ兄は次の大統領選に出るという
頭脳明晰な兄弟ってTVで放送されるほどの人たち。。

高校卒業以来、シウォンを避け続けてきたユンジェ。
その二人が街中で偶然に再会。

シウォンは・・ユンジェ兄の告白は受け入れなかったようで。
自分にとってユンジェ兄は足長おじさんのような存在。
温かくて頼りになる素敵な人。
でも・・恋愛の対象ではない・・。

シウォンはアイドルに夢中になって
ファンクラブの支部長になるくらいの
熱心な人だからね。

この人が好き、となったら信念を曲げずに一直線。
ユンジェ兄の気持ちはもちろん知っているけれど
私は・・ユンジェが好き。

今でも私のことが好きかと聞かれて戸惑うユンジェ。
好きだけど、兄のこの数年間の気持ちを考えると
素直になれない。
ユンジェ兄は、いつまでも待ってる、って
シウォンをずっと想い続けているのでね。

でも・・人はタイミングを逃したら次はない。
愛は選択じゃなく心が決める、と友人に言われ
ようやくシウォンの気持ちにこたえようと決めるユンジェ。

この友人は高校時代の同じグループの男の子で
ユンジェのことが好き。
同じ大学に進み今は医者の卵。

シウォンはこの友人と仲がよくて
この人の気持ちを知っている。
そして何気なしにユンジェもその気持ちを
知ってしまって。
この友人が自分のことを好きだと。
シウォンも友人もユンジェが知ったことは気付かない。

同姓を好きになる、って本当に苦しくて
切ないことだろうとユンジェだって分かる。
その友人が語る、愛とは、という話は
説得力があるのね。
それに後押しされてシウォンと付き合うことを決める。

そしてまたこの兄弟はね・・。似てるよね。
病院の裏階段でユンジェも男友達が自分が好きっていう
秘密を聞いてしまったのだけど、ユンジェ兄も
その場所でショックなことを耳にしてしまう。
ユンジェとシウォンが付き合うことになったと・・。

このユンジェ兄は友人が言うように
人間の器が違う。
この人はレベルが違う、ってね。

ユンジェが言いずらいだろうと
兄のほうから切り出す。
シウォンと付き合うことになったって?と。

兄の気持ちを知っているユンジェは
やっぱり身を引こうかと考える。
でもやっぱり諦められない、と兄に伝える。

兄は・・本当に心の広い素敵な人で。
シウォンもユンジェが好きっていうなら
もう自分がどうこうすることはない、と。

兄さんが悪かった、と一言ユンジェに伝える。
今までユンジェを苦しめた、ごめん、って意味なんだけど
全く謝るようなことじゃないんだよね。
その言葉をメールで受信したユンジェは号泣・・。

ここからユンジェとシウォンは恋人同士に。
仲が良すぎて度々ケンカが勃発するけど
これもこの二人の愛情表現。

ユンジェ兄は一時簡単な手術で入院したんだけど
そのときの担当した女医といい関係に。
この女医が・・やっぱりシウォンと似てるのね。
元気で表裏がなくて、そしてアイドルの追っかけで。
シウォンの上をいく、ファンクラブ総会長に
就任するくらいの熱血ぶり。。

同窓会でのシウォンは二人目の妊娠なのね。
もうすでに結婚していて娘がいる。
あれよあれよで結婚したみたいでね。

楽しい思い出を共有しながら
それぞれがにぎやかに幸せに
生きていくでしょう、でEND。


とってもにぎやかなドラマでした。
地方訛りの言葉でまたキツイんだ、言い方が。

性格もキツければ、にぎやかな両親の家庭に
育ったのでシウォンもすごい。

ユンジェはやられてばっかりだけど
全てを把握したうえで負けてあげてる、って感じ。
この人も器が違うよね。。

ユンジェを好きだった男友達にも
飲み会に迎えにきてくれる人ができたけど
果たして男なのか女なのか・・。
赤い車しかわからない。。

1997年代の韓国の状勢を知っている人には
さらに楽しさ倍増だと思います。
ケータイやパソコンの形をみても年代を感じるし
たまごっちをやってたり、TV録画はビデオテープ。
好きなアイドルの曲をカセットテープに録音していたりね。

そしてアイドルのことがわかればなお楽しい。
私は神話や東方神起っていう2000年代の
単語は通じるけど、その前は全然わからない・・。

ユンジェの友人の一人にその時代のアイドルグループの
リーダーが役者として出演しているので、
その当時が分かる人がいたら面白いんじゃないかと。
(ビデオ大好きな友人です)

高校時代のエピソードは、文字に書いて読むより
観て雰囲気を味わってほしい。
似たようなことがあったな〜、とか
そうそう、あるある〜、って共感しながら
楽しんでほしいです。

楽しいような、でもちょっぴり悩みがあって、
あやふやな感覚、淡い感情、そんなものが
本当に普通の日常を描いている中に
色々と表現されています。

後半、卒業あたりからドラマ的な要素が出てきて
これまたキュンとくる内容になっています。

前半は飽きる人もいるかもしれません。
高校生のあれこれみて何が楽しいの?って。
・・私も少しなりかけた(汗)。
でも後半までみて本当によかったな〜と思ってますので
ぜひ観てください。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
韓国ドラマ「応答せよ1997」 第1話〜第16話(最終話) るりりんのお散歩雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる