るりりんのお散歩雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国ドラマ「海雲台(ヘウンデ)の恋人たち」 第1話〜第10話

<<   作成日時 : 2014/03/18 09:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一昔前を思い出す、コメディチックな作品です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ソラ …チョ・ヨジョン
 海辺に暮らす、元ヤクザ一家のお嬢。
 裏切られて乗っ取られたホテルを奪還したい。

テソン …キム・ガンウ
 優秀で熱血漢のある検事。
 その熱さが原因で記憶喪失に・・。

ジュニョク …チョン・ソグォン
 ソラが奪還したいホテルに雇われた副社長。
 物静かだが仕事はきっちりこなす。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ソラは元暴力団組長の娘。
地域一のホテルを経営していたが
ソラ父の右腕だった舎弟の裏切りにあい
組は解散。
ホテルも舎弟に乗っ取られた。

現在はソラ親子と共に、信頼のおける
舎弟たちと共同で生活している。
漁に出て魚を採ってそれを売る、そんな生活。

検事のテソン。
こうとなったら人情は二の次、
とにかく検挙することが全て、の人。
間違ったことはしていないのだけど
一緒に活動する捜査官や警察からも
よく思われていない。

テソンは施設育ち。
今の父親に引き取られて、その父親のため
なりふり構わず一直線に進んできた。
優秀な検事となるために。

検察庁長官の娘とも結婚式を挙げ、
仕事もプライベートも世間に認められる、
そんな人間になったはずだった。
父親が喜んでくれれば、認めてくれれば
それだけでいい。

だけど、今まで追ってきてもなかなか
麻薬密売人は捕まえられないし、
捜査官からは総スカンをくらうし、
仕事ばっかりで彼女のことを気にかけなかったので
彼女が虫垂炎をこじらせて腹膜炎になってしまい
父親からしょせん養子だな、と寂しい言葉を。
養子のお前に期待しすぎた、と・・。

密売人の彼女かもしれない、という
女性を見つけ出したテソン。
その女性を追えば密売人に
辿りつくかもしれない、と
女性のもとへ。

その女性は・・勘違いが勘違いをよんで
なぜかソラなのね。
ソラの民宿で寝泊りしていればきっと
密売人を捕まえられるはず、と・・。

ソラやその仲間たちは、現金をポンと出し
民宿代を払ってくれるテソンはお客様。
どんな事情があるのか知らないが
受け入れる。

密売人と会うために恋人に言う合言葉が
こんな気持ち初めてだ、っていうワードなので
ソラに向かって幾たびもテソンは繰り返す。

このテソン、私(ソラ)のことが
大好きで追って来ちゃったんだわ〜、と
ここも勘違い。

時間がたって、ようやくテソンが悪い人を
捕まえるためにソラを恋人と誤解して
この港町に来たことを知る。

ソラは婚約しているんだよね。
実はその男性は詐欺師で
まあひどいヤツなんだけど、
ソラや舎弟たちは真面目な公務員だと
思っている。

ちょっとボケちゃったソラ父が
結婚するなら公務員、と言うし
結婚したら父親を大事にする、なんて
男性は言うし(もちろん嘘だけど)
そんなに大好きな相手ではないけれど
結婚しようとしている。

その男性とテソン、ソラはちょっと
揺れたんだけどね。
大好き大好き言ってくれるテソンを
そりゃ気にしないってほうがおかしい。
・・ただ合言葉を言ってるだけだったんだけど。。

ソラが密売人の携帯電話を拾っていて
この場所に密売人が取りにくるという。

ソラは密売には無関係の人だとわかり
テソンはここに居る意味がなくなる。

携帯を取りに来た密売人を見つけたテソン。
その密売人を追っていく。

何も言わずにいなくなったテソン。
その上・・売り物の魚が全部無くなっている・・。
これがここに来た目的だったのかと
ソラたちは憤慨。。

魚は舎弟の娘がお金ほしさに
売り払ってその現金を持って
買い物に行っちゃったんだけど、
タイミングが良すぎて
テソンの仕業ってことに。

密売人を一人で確保しようとしたテソン。
ふいうちをくらって頭を殴られ、
そのまま海の中へ・・。

傲慢なところもあるけど、
ほんのちょっといいところもあるな、って
思ってたのに大泥棒の詐欺師だったのか、と
ソラや舎弟たちはイライラ。

沖に出て網を引き揚げる。
今日も大漁大漁って気分よく網を
引き揚げてみたら・・ゴロンとテソンが転がって・・。

テソンの車を奪って逃げた密売人。
運転を誤って崖下に転落し、
車は大破して遺体も黒こげ。

車内にテソンの身分証やら時計があったので
亡くなったのはテソンだということに。
父親とDNA鑑定したくても養子なので
それもできなかったのでね。

一方、海に落ちても命は助かったテソン。
でも記憶喪失状態。

警察に行ってみるも、
自分の捜索願も出ていなければ
指紋も上手くとれなくて照合ができない。
一体自分は誰なんだろう・・?

しばらくソラの民宿で預かってもらうことに
なったけど、どうして民宿に来たのかも不明。
どこの出身でどんな職業についていて
家族はいたのかいないのか。
不安ばかりの生活。

それでもソラの温かさとか
仲間のにぎやかさで元気になるときも。

ソラ父の右腕だった人物が裏切って
ホテルを奪ってしまった。
その人物は・・テソンの本当の父親のようで。

遺産をその息子に譲るっていう
遺言書を残して亡くなってしまう。
テソンももちろん、父親も、その周囲の人間も
この二人の関係は分かっていない。

このホテルに雇われる形で
副社長になっているジュニョク。
この人はまともで、ちゃんと正しい経営をしようと
しているけれど、亡くなった社長の妻が
権限もないのに口を出してきたりと
おもしろくない場面も。

どうやらジュニョクは
ソラを気に入っているようで
何かと接点を持ちたがる。

頭もよくて人当たりもいいので
ソラからみると、ジュニョクは
信頼できる人物だという印象。

でも・・。
ジュニョクが母親だと言ってる人物が
実はソラのいなくなった母親でもあるようで。
血が繋がってたら異父兄妹(姉弟?)だよね。。

ソラの結婚式。
それまで、テソンがソラの結婚相手をみて、
あいつ借金取りに追われているようだし
詐欺なんじゃないの?とソラに言っていたんだけど
ソラも家族も絶対にない、と否定。

だけど・・式に結婚相手は現れず。
この相手はどこかの御曹司って
ふれまわっていたので、結婚したら
少しは借金を返せるのでは?と
仕方なしにツケのようにしていたお金があって。

ソラたちがどんなにがんばっても
その場で返せるような金額ではなかったので
とりあえず結婚して、その相手に
借金でもして他の人たちに返していけば
大きな問題にはならないんじゃと考えていた。

お金を貸している人も
この結婚式が無事に済めば
借金を踏み倒されるってことはない、と
信用していたんだよね。

だから、そんな結婚式が
ダメになったと知ったら
ソラたちは大変な状況になってしまう。

とりあえず、で急遽テソンが
その結婚相手です、と周囲に信じ込ませて
ソラと式を挙げる。
これで信用を失わずにその場を乗り切った。

知っている人はソラとテソンは
偽装結婚だという認識だけど、
知らない人は夫婦になったのね、と。

ソラもテソンも何となく一緒にいて
癒されるときもあるし、
相手を助けてあげたいという思いもある。

でも片方は本当の記憶がないので
記憶が戻ったらこんな関係も
破綻するだろうな、っていう
感情もあって、不思議な関係。

ホテルの社長が亡くなり、
その社長夫人がソラを目の敵にしていて、
ソラたちが住む一帯を地上げしてしまおうと。
とにかくソラをどっかにやっちゃいたい、の人。

あまりにも意地悪が過ぎるので
テソンも機嫌が悪い。
ソラを傷つけるやつは気に入らない。

お尻に星型のある人が亡くなった社長の息子で、
ずっと行方不明だった。
今、その人を捜します、と大々的に捜索を。

俺もその印はあるぞ、俺が息子だったら
社長夫人を黙らすことができる、と応募したテソン。

元家政婦が、その少し変わった星型を覚えていて、
この人がそうです、と言われた人物が・・テソンで。
遺産を継ぐ息子は・・テソン。。

ところで、ソラの母親は
ジュニョクの継母ということが判明。
ジュニョクは継母つながりで
ソラを助けているというよりは、
やっぱり好きだから、みたいね。

ソラとテソン。
一応夫婦なんだけど片方はホテルの跡取り、
片方はそのホテルを奪われた人物の娘。

組は解散したものの、敵の組同士の子供が
結婚したってことで周りは納得できない。

これは離婚しかない、と。
テソンは・・ソラを手放したくない。
絶対に離婚なんてしないぞ、と憤慨。

2か月後に社長の息子が帰国するので
その人とDNA鑑定をすれば親子関係が
立証されるんじゃないか、と。
それまではこのままの関係だ、と。

ソラはテソンを好きだけど
敵の息子だと思うと周囲の気持ちもあるし
夫婦なんて冗談じゃない、と。

そのソラにテソンが持ちかける。
俺がソラたちのためにこのホテルを奪ってやる。
だから2か月間だけ偽でもいいから
夫婦を演じよう。

ジュニョクも本当に女性としてソラが好きなのね。
ここの副社長になったのはこのホテルを
上手く買収するためらしい・・。
こっちもソラとホテルを手に入れようと奮闘する。


目新しさはないけど、基本的な面白要素が
入っていて楽しめますね。


<感想&あらすじ>
韓国ドラマ「海雲台(ヘウンデ)の恋人たち」 第1話〜第16話(最終話)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
韓国ドラマ「海雲台(ヘウンデ)の恋人たち」 第1話〜第10話 るりりんのお散歩雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる