るりりんのお散歩雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国ドラマ「清潭洞<チョンダムドン>アリス」 第1話〜第10話

<<   作成日時 : 2014/07/07 21:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今のところ、あまり惹かれる要因は
ないかな〜・・。
玉の輿狙いってところが何とも。。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
セギョン …ムン・グニョン
 ゼザイナーを夢見る女性。
 センスもあって、学校でも優秀な成績だったけど
 裕福でないのが不幸の始まりで・・。

スンジョ …パク・シフ
 強欲な父親と距離を置くために独立して成功を収める。
 高級ブランドの会長だけど、男性としては未熟さが残る。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


セギョンはデザイナー志望。
大学でも優秀、コンクールでいくつもの
賞をとっていたけど、留学経験もなく
裕福でもないため着飾ることもできず
就職もできなかった。

やっと契約社員で入社できたけど
なぜかその会社の社長夫人のお使いばかり。

その社長夫人は・・同じ高校の同級生の
特に才能もなかった人物で。
彼氏に作品を描かせて入賞したり、の
セギョンからしたら、とても理解しがたい人。

なのに、やっぱり世渡り上手だった彼女は
いまや社長夫人で着飾って裕福な暮らしの真っ只中。
この社長夫人からしたら、セギョンは正統派の
生意気なやつ。
意地悪してうっぷんを晴らしたい、の存在。

国内で超有名な高級ブランドの会長、スンジョ。
女性の心理は女性より知ってる、と豪語する。
女性は人よりも高い値段のモノを持っているかどうかで
お互いの価値を決める、と。

安売りはせず、この女性心理を上手く活用して
高級ブランドの地位を確立した。

スンジョの父親はデパートの会長だけど、
田舎者が一代で築いた成金。
スンジョも興奮すると地方訛りが出ちゃうくらい
田舎者。。

スンジョ父は随分な俺様なので、
自分らしく生きたいスンジョは
フランス滞在中に親子の縁を切る。
そこからここまでの会社に創りあげた。

そのフランスにいたころの彼女が・・
セギョンの同級生で。
今、セギョンの会社の社長夫人になっている人。

この社長夫人は、とにかく金、地位、が
目標の人なので、富豪の父親と縁を切った
スンジョは用済み、とすぐさま手を切って
今の社長と結婚を。
スンジョとの恋愛はビジネスだった、と。

スンジョはこの大失恋をずっと引きずったまま
社長夫人に会ったら絶対に復讐してやる、と
生きてきた。

復讐っていっても、暗く重いものではなくて
ギャフン、って軽くいうくらいの、なんだよね。

スンジョは切れ者だけど、性格的には少年の要素が強くて
自分の言った言葉に酔ったり、
想像した通りに褒められて満足したり。。

セギョンには何年も付き合っている彼氏がいるんだけど
母親の治療費のためにその彼は大借金を抱え
どうしようもなくなっていて。

セギョンもその彼も、努力は絶対に報われるって
一生懸命働いて努力してきたけれど、
それでも全く幸せになれない、と現実を嘆く。

彼の母親が亡くなったのをきっかけに
二人は別れることに。
嫌いになって別れるのではなく、
二人支えあっていくのに疲れ果てて。
誰が悪いってことじゃない。
よくここまで耐えてきたな、という雰囲気で。

お互いが顔を合わせるたびに
お互いを不幸にしているな、って感じてしまう。
相手にも申し訳ないし、自分自身も責めずには
いられない、っていう状況で。

この二人の純粋で真剣な愛を知ったスンジョ。
恋愛はビジネス、っていう社長夫人の言葉を
ずっと気にしていて、自分の愛というものに
自信を失っていた。
それが目の前で自分の思い描く切ない恋愛が
あったんだもんね。

お金が原因なら解決してあげようと
行動してくれたんだけど、そればっかりでは
修復はできず、二人は別れてしまって。

そうすると・・なぜかその献身的な愛を
捧げていたセギョンが頭の中から離れない。

貧乏どん底のセギョンは何とか脱出しようと
友人の社長夫人に詰め寄る。
前の男性を振ってすぐに今の社長と
結婚したでしょ?
前の彼氏とは正式じゃないけど式まで
挙げたって今のダンナ知っているの?と・・。

前の彼氏がスンジョだとセギョンは知らない。
今のダンナも妻が式をあげたような彼氏が
いることを知らない。

社長夫人になるにはどうやったらいいんだ、と
何だってやってやる、のセギョン。
つまりはどうやったら計算高く
玉の輿の乗れるんだ、ってことね。

社長夫人は今が安泰だから
セギョンに騒いでほしくないので
どうやったら玉の輿に乗れるか伝授する。

裕福なご婦人に大人気のデザイナーの男性がいる。
この人に気に入られれば、いい縁を紹介して
くれるかもしれない、と。

セギョンはすごく勉強家で頭がいいのでね。
何でも情報を調べて覚えて、でこの男性デザイナーと
知り合いになる。

スンジョは少年のようね。
自ら堂々とセギョンを好きとか
援助したいとか、そういう行動がとれない。
何の気なしに秘書に伝えたりとか
誰もみていないところで一喜一憂したり
お茶目さん。。

ブランド会社の会長の秘書、というふうに
セギョンには自分の身分を話しているスンジョ。
本当は会長本人なんだけどね。
別に故意で嘘をついているわけではなく成り行きで。。

デザイナーの男性の紹介でイイ男を
捕まえようとしたけれど、愛人希望のように
受け取られてショックを受けるセギョン。

ただ単に玉の輿に乗りたい、という希望だったけど
何の取り柄も無いセギョンには
愛人とかパトロンとか、そんなものを
欲しているようにしか周囲には見えないらしい・・。

どんなことをしても今の地位を手に入れた
セギョン友人。
あんたはすごいね、としみじみ言うセギョン。。
何を言われようと、どんな仕打ちをされようと
我慢して乗り越えてきたから
社長夫人になれたのね、と。
ただ運がよかっただけじゃない。
強い信念があったんだな、と感心するセギョン。。

愛人希望扱いされたセギョンは
結局プライドを捨てられず傷ついて
デザイナー頼みは止めることに。

スンジョの会社の会長が会ったこともないのに
理由もなくセギョンを助けてくれる。
・・その会長って人がスンジョなのだけど
秘書です、って語っているので
セギョンは知らない。

セギョンが仕事に行き詰っているので
スンジョの会社会長のスタイリストをやらないか、と
会長が言っているとスンジョ。

全く知らない人にそんなに良くしてもらう
理由はない、でセギョンが断ろうとするんだけど
目の前のチャンスを逃すな、とスンジョに説得されて
見たこともない会長のスタイリストになるセギョン。

その会長はベールに包まれていて
雑誌にもTVにも姿を見せたことがない。

衣装を選ぶのにその肝心の会長は
忙しいだのなんだのでセギョンに会わない。
間に入るスンジョの指示で作業をするセギョン。。

・・たぶん、セギョンがスンジョに惹かれていって
そうなったらセギョンが実は玉の輿を狙ってたっていうのが
スンジョに知れて、ケンカ別れ、って一旦はなるんだろうな〜と
予測するんですが。。

セギョンは正体を全く知らずに好きになったんだけど
誤解からスンジョに一度そっぽ向かれるっていう
パターンに陥るんではないかと心配して視聴しています・・。

今のところ、セギョンはスンジョに対して
これっぽっちも恋心はないけどね。。

セギョン友人(社長夫人)の義妹に結婚話が。
セギョンは義母からあまりよく思われていない。
出身がどこかのお嬢様っていう人ではないし
これといって特別な存在ではないのでね。

でもその義母がこの結婚話はあなたに任せるわ、と
言ってくれて、やっと嫁として認めてもらえた、と
セギョン友人は大喜び。
これは何としても結婚まで進めなきゃ、と。

でも・・その相手はスンジョなのね。
義妹は会社のことを優先して考えていて
スンジョの父がデパートの経営者と知ったので
始めは乗り気ではなかったのだけど
販路が開かれるから、と結婚話に乗り気になって。

驚いたのはセギョン友人。
この人、冷たくスンジョをふったようになっているけど
実のところスンジョ父の強い交際反対に屈したって
ことなのね。

だから今でも一番心を寄せているのはスンジョで。
そのスンジョにあまり自分をよく思っていない
義妹に取られるのもシャクだし、
過去に同棲して自分たちだけで式まで
挙げてたなんて知れたら大変なことになる。

この結婚話を何とか進まないようにしないと
と思うけど、義母に託された面もあり
できなかった、という結果ではまた呆れられてしまう・・。
セギョン友人は悩んで悩んで涙、なのね。

セギョンはこの貧乏から抜け出すために
スンジョが秘書についている会長と
何とか面識をもって玉の輿にのりたい。

会長のスタイリストになったので
あれやこれやで仕事はあるものの、
本人にはどうしても会えない。

必ずスンジョを通して、になるので
必然的に二人は何度となく会うことに。
そうするうちに・・セギョンは目の前の
お茶目で、でも真面目なスンジョに
少しずつ惹かれていく・・。

スンジョは気持ちを抑えられず
セギョンに想いを伝えるんだけど
セギョンからの返事は・・芳しくない。

セギョンは過去に借金だらけの
彼で苦労したし、今も家族は貧乏ドン底。
どんなに好きでも秘書と恋人になっては
また同じことの繰り返し・・。

目の前のスンジョではなく
その先の会長を捕まえなくてはいけない・・。

こんな秘密もそれぞれの周囲の人たちから
漏れ伝わるのはいつものこと。

スンジョは自分が身分を隠して
セギョンに会っていたので、
楽しんでいた、バカにされたと思われて
怒って振られたのでは?と落ち込んだんだけど
どうやらセギョンは秘書としての
スンジョが好きらしいと。

会長の自分じゃ好きになってもらえないのか、
嘘をついていたことで聞く耳を持ってもらえないのか・・。

一方のセギョンはスンジョを振ったのに
会長だったからって舞い戻るわけにはいかない。
スンジョに告白されたとき、素直に
自分の気持ちに従っていれば
ハッピーエンドだったんだけど
貧乏な環境が裏目に出て。

まだ会長を白ウサギと呼んで
Getしようとしてたことはバレていない。
狩り、ってことよね。

セギョンの状況もさることながら
セギョン友人の状況が泣けるよね。
同姓に敵を作るような女性なんだけど
本当は純粋でまっすぐで、そのために
強がって誤解される人だよね。

それが今、大好きだけど諦めたスンジョと
義妹の結婚話があり、スンジョ父に面識があるので
過去のことを夫の家族に知られたくないし・・で
大変な状況に。


話が進んでるんだか、どうだか、っていう
状況ですが、これからごちゃごちゃと
あるんでしょうね・・。




<感想&あらすじ>
韓国ドラマ「清潭洞(チョンダムドン)アリス」 第11話〜第22話(最終話)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
韓国ドラマ「清潭洞<チョンダムドン>アリス」 第1話〜第10話 るりりんのお散歩雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる