下北サンデーズ 第3話

ヘタすると、ドロドロの内容になりそうな話でしたが
ゆいかの純粋さ(・・・単純さ)であっさりしたいい話になりました。

演技をするなど程遠いレベルのゆいか(上戸彩)。
でも体当たりの黒子で、劇団は評判が上がる。
ネットでも黒子ちゃんのファンが急増。
このおかげででさらにレベルUPした駅前劇場で
公演ができることになる。

いつもの飲み屋で「駅前劇場」と話しただけで
他の劇団員は大注目。それだけ小さな劇団にとっては
すごいことなのね~。。
(パクチー食べ放題は恐ろしいが・・)

座長のあくたがわは、今度の公演にゆいかを女優として
採用することにする。
おもしろくない看板女優。。
素人のゆいかは芝居から浮いた状態。。
頑張るけど、全然かみ合わなくて落ち込む。

言葉のキャッチボールとは何かを教えてもらってからは
かなりいい調子に。
素質があるようなので、これからもっと伸びていくようです。

看板女優の過去。
昔、地方ではアイドルでちやほやされたけど、東京にくると・・。
今は劇団とクラブのショーで食べていっている。
こんな女のどこがいいいの!ってすごく惨めな自分と
思っていたけれど・・・。

ゆいかは心底この女優さんい惚れ込んでいて、
どこが惨めなんだと言わんばかりに話し出します。
・・この純粋さがとてもよかった。ゆいかは真っ直ぐ。
こんなに憧れてこれる子もいるんだ、と救われたはず。

ゆいかがバイトを始めたラーメン店。
客が来るたびにロックな音楽でお出迎え。
そのときのアタフタした感じがなんともかわいい
おじちゃまたち。。

貧乏だから、7分200円のコインシャワーをあびる。
一人じゃないよ、三人。(^_^;)
初めてのことで感心してモタモタしてたゆいかは・・・。
時間切れで頭洗えず。
がんばれ!ゆいか!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

下北サンデーズ 第3話
Excerpt: だけどそんなに凄い人がなるのなら立派なものに決まっています!
Weblog: くつろぎ日記
Tracked: 2006-07-28 13:14

「下北サンデーズ」第三回
Excerpt:  さて、舞台も終って打ち上げの時、あくたがわ(佐々木蔵之介)は 一ヵ月後に新作で公演を行うと発表。場所は駅前劇場。  すごろく、一個進んだね~! 他の劇団に聞こえるようにわざと「えーーー?!..
Weblog: トリ猫家族
Tracked: 2006-07-28 15:59

「下北サンデーズ」第三回
Excerpt:  さて、舞台も終って打ち上げの時、あくたがわ(佐々木蔵之介)は 一ヵ月後に新作で公演を行うと発表。場所は駅前劇場。  すごろく、一個進んだね~! 他の劇団に聞こえるようにわざと「えーーー?!..
Weblog: トリ猫家族
Tracked: 2006-07-28 15:59

《下北サンデーズ》第三回公演
Excerpt: 黒子と書いて、”ほくろ”と読みます。ゆいかが生まれて初めてカーテンコールに出たときの言葉。受けていました。2チャンネルの書き込みも、黒子ちゃんだけで、2000通をこした。
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2006-07-29 04:21

下北サンデーズ 第3話
Excerpt: 前回、ゆいかが客席にぶっ飛んでいった“シュールな演出”は そのまま採用されたんですね~。 鼻血、毎回出てたんでしょうか。ゆいかの鼻が心配になりました(笑) OFFOFFシアターからワンランク..
Weblog: 塩ひとつまみ
Tracked: 2006-07-29 23:37