役者魂! 第2話

マネージャーってこんなに大変なんでしょうか~?
ただのわがままオヤジじゃん・・。

何だかね~。。
ほんのちょっとクスって笑える場面もあるんだけど・・。
よくわかんない(^_^;)

今回、印象に残ったのは・・・粉たっぷりの大福です~。
大先生に1つこの大福を走って持っていったら・・・着いたときには
粉がない。
再度戻って、箱の中に残った粉やら、食べた子供の口に付いてる粉やらを
集めて持っていくのはおもしろかったけど・・。

あと、オカマちゃんね。
ビビることなく、本心を大先生に言ってみたり。
いつも持ってくるシチュー。
・・・あ~、食べたい・・。

経理のくせして、マネージャーのパシリになってるのも
おもしろいんだけど・・。

私にはあまり興味が持てる作品ではないようで・・。
ながら見になりそうなので、感想は今回まで。。

でも、子役の姉弟はなかなかイイ演技ですよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

役者魂! 第2話
Excerpt: リタイアしてもいいかなぁ・・・(-_-;) 難しいところです・・・。 今回も特に盛り上がりも無かったしなぁ・・・。 藤田まことのラッパーには笑ってしまいましたけど(笑) 突っ込みど..
Weblog: ドラマの話をしてみよう
Tracked: 2006-10-25 11:49

役者魂! 第2話:大福が奇跡を呼ぶ
Excerpt: どこへ行きやがった?(・ω・。)キョロキョロ(。・ω・) 桜子に忠、可愛げがあるんだか、無いんだか・・・{/ase/} やっと桜子は自分の娘だと認めた先生。だけど前途多難なようですねー{/hiyo_s..
Weblog: あるがまま・・・
Tracked: 2006-10-25 15:00

役者魂 第2話
Excerpt: 「役者魂」の第2話が放送されましたね。初回を観た感想で「落ち着いた感じのドラマ」
Weblog: 裏 TV RANKING SHOW
Tracked: 2006-10-25 18:19

役者魂! 第2話 普通のドラマ風
Excerpt: 内容舞台稽古に出てこず、自分の演技に不満な本能寺。瞳美は、社長に言われたとおり『大好物の大福』で説得する。稽古が始まったモノの、どうしても納得できずにいる本能寺。アントーニオや社長らに自分の演出を否定..
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2006-10-25 21:26

役者魂!(10月24日)
Excerpt: 「リチャード3世」、やっと初舞台になったら無気力・新境地とはラッキーですね。シェークスピア俳優ですから、この後は「オセロ」「リア王」「ハムレット」と来るんでしょうか。
Weblog: 今日感
Tracked: 2006-10-25 22:28

『役者魂!』 第2回 「大福が奇跡を呼ぶ」 感想?
Excerpt: これもつっこみにくいかもしんない。 どこに行きたいのかはっきりしないまま、2回めも終わった感がある。 ただ、かなり子役(特に桜子=川島海荷ちゃん)が肝を握っていくことになるんでしょうか。 妄想癖は..
Weblog: つれづれなる・・・日記?
Tracked: 2006-10-26 00:04

とうとう子持ちかよっ!(役者魂!#2)
Excerpt: お松さん、結婚もしてないのに、とうとう子持ちになっちゃいましたか(違『役者魂!』結婚し、アメリカに行ってしまった母親に捨てられた先生の子供の世話をとうとう面倒見ることに・・・先生の尻拭いというか、わが..
Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
Tracked: 2006-10-26 00:32

役者魂! 第2話
Excerpt: 藤田まことのラッパー姿が見れるのはこのドラマだけ!!
Weblog: まいにちおきらく!
Tracked: 2006-10-26 00:36

《役者魂!》 #02
Excerpt: 開演1時間前だと言うのに、通し稽古が、途中で止まり、進まなかった。 桜子と、忠太が、目の前をちらちらするので、海造は集中できなかった。 瞳美は、二人の母親と連絡がやっと取れて、母
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2006-10-26 02:09

「役者魂!」レビュー
Excerpt: ドラマ「役者魂!」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:松たか子、森山未來、加藤ローサ、川島海荷、吉川史樹、濱田マリ、香川照之、富岡晃一郎、前川泰之、藤田まこと、他 感想・評価..
Weblog: ドラマレビュー トラックバックセンター
Tracked: 2006-10-26 05:24