のだめカンタービレ 最終話

キッパリした終り方ではなかったけれど、
のだめ、千秋が一緒にパリへ・・・。
海外での二人のエピソードも見たいっ。

最終回。
取り立てて事件もなければグラっとする出来事もなく・・。
実家に帰ったのだめ(上野樹里)。しばらくはピアノを弾かない日々。。
ピアニストになる云々はどうでもいい。
千秋(玉木宏)は、ただのだめの演奏が聞きたい・・、
ここで辞めさせるわけには・・で実家へお迎えに。

そりゃ勘違いされるわな。
のだめの育った環境=家族はそりゃ賑やかで。
一歩引きながらも、結構馴染んじゃってるじゃん。。

のだめはコンクールで目をかけられた人に
フランスの学校への留学を推薦してもらえることに。

千秋は当初プラハに行く予定だったけど・・。
父親の影響で結局パリに。

12/25、クリスマスのRSオケ演奏会。
千秋指揮での最後の演奏会。
卒業式みたい・・・って仲間が言ってましたが
そんな雰囲気でした。

自分の行き先が決められず、分からず、
いつも不機嫌だった千秋。
友だちなんて、って人間に興味がなかった人が
こんな大勢の仲間に囲まれて送り出してもらえるなんて
幸せですよね~。
数ヶ月前からは想像もできなかったような
楽しい充実した生活になりましたもんね。

のだめ、千秋もよかったけど、周囲のキャラが
とってもよかった~。
峰(瑛太)もイイ奴だし、真澄ちゃんもおもしろいし。
私的には、峰の父親が一番グーでした。
何でもお見通しのような。
ラーメン屋でワッフル焼いてるし・・。

それにしても、サントリーホールってすごいのね~。
あんなところで演奏してみたいでしょうね~音楽やってる人は。

私も学生の頃、吹奏楽をやっていましたが
あの、ノッてきたときの一体感は忘れられません。
個人練習、パート練習など地道な練習があってこその合奏。
他のパートと絡み合ったときの感覚は何とも・・。

話もさることながら、演奏に聞き入りました。
パリでののだめをお願い!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック