プロポーズ大作戦 第6話

もう~!じれったいというか・・。
結局この二人は『縁』というものがなかったんじゃ。。

礼(長澤まさみ)の二十歳の誕生日にタイムスリップ。
スライドで健(山下智久)が映ってないじゃん、って思ったら
スライドの中の小さな写真でもいいんだって。

礼は課題を出して大学院への推薦をもらった、
という過去の出来事。
その課題を事務局まで提出するのがちょうどこの誕生日の日。
健は礼の将来を考えて課題の作業を優先させる。
提出するためにこの郵便局にくるはずだと待っている。

一方、礼は課題よりも大事なことといい
研究室を抜けて健のアパートへ。
中学のときから渡し損ねていた手紙を持って。

違う場所で待つ二人。
全然縁がないよね~・・。
どうしてもすれ違っちゃうんだよ。。

礼はその手紙を紙飛行機にして川に投げた。
これですっきり再スタートなんだそう。。
中学から大学まで待ったのに。。
もうちょっと渡すまでがんばろうよ。。

自分のアパートに来て、研究室に戻った礼を風邪引きの健が
追いかける。・・・が、研究室に入ったと思ったら
二十歳の記念写真のシャッターが下りて・・・現実へ。

相手を思いやりすぎて失敗。。
過去に戻ったら、もう少し自己中でもいいんじゃない?健。
そのために戻ってるんだから~。
人がいいんだよな~。やさしすぎる。。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック