貧乏男子(ボンビーメン) 第7話

味方が知らず知らずに増えていく・・。
テルテルかわいい!

1000万円の借金を返すため、物々交換にせっせと働く一美(小栗旬)。
白石(三浦春馬)もサイトを整えたり、もっともっと繁盛するために
努力する・・。

でも、仕事の中には嫌なことも。
ソファが皮じゃなかった、と粗大ゴミに捨てられる。
しかもそのソファを提供したおじさん曰く、そのソファの隙間に
妻が指輪を落とした、と。
一美とそれを見かねた白石やナンシー(山田優)が手伝って
粗大ゴミ置き場を探す。
・・・このおじさん、かなりムカムカ!ですね~。
こういうお客もいるんだろうな~・・。

結局指輪は見つからず、お前が見つけて取ったんじゃないの?とか
お金これでも払わなきゃならないの?とか。
代金の5000円を投げて渡してさよなら。

その5000円札を大事そうにする一美。
お金のありがたさがわかり始めたのかな~。

一美が内定した就職先の会社。
説明会?に行ってみると・・オムオム(ユースケ・サンタマリア)が講演。
この二人、縁があるというか。会社でも繋がっているという・・。

その会社の人事部が内偵。
一美に多額の借金がある事実を確かめたい。
オムオムとめがね(八嶋智人)はその真実を話すために
人事部の人と会う。

多額の借金があって、それを返済してます、なんて
めがねが認めたら、内定が取り消されてしまうかも・・。
それを知ったオムオムの手下、テルテル(上地雄輔)は
バカな頭をめいっぱい回転させて、一美たちに知らせにいく。
・・・このおバカぶりがかわいいのよ。抜け出すために演技をしたりね。
仕事はオムオムの手下でも、心は一美を応援、の人なのよね。

めがねが一美の借金を認める。
人事の人間も、これは取り消しだな~という雰囲気。。

でも・・。めがねは、一美が頑張って頑張って努力して
返済していることを知っている。
無理な借金をした一美とは絶縁状態になってためがね。
でも、その一美は失望させためがねに喜んでもらいたい、との願いで
必死に頑張っている・・。

その借金は大切な人を助けるためにしたものです。
仕事を立ち上げてすごく頑張ってます、と人事の人間に言うめがね。
すごいんですよ~あいつ!!と。
それを駆けつけて陰で見ていた一美は涙・・。

仕事も順調で、残金880万円の借金に。
オムオムは・・。おもしろくないのよね~。
どうして、こうトントンと一美が上手くいってしまうのか・・。
オムオムにないものを一美は持っているのよね。

このドラマ、全9回ってことで残り2回なんですけど。
会社に就職するより、物々交換の会社立ち上げちゃえば~、なんて(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック