韓国ドラマ「イ・サン」 全話感想

期待通り、良いドラマでした。

長丁場のドラマなので、なかなか手が出ず
ここまできていたのですが、地上波放送が
始まったので視聴しました。

イ・サンは他のドラマでもよく扱かわれる時代なので
何となく宮廷や街の様子、登場人物の関係などが
分かって、それも観やすかった要因かもしれません。

とにかく、皇太子時代から毎日のように
命を狙われてね。
最大派閥のお偉いさんは賢い主君は
いらないのよ。
ハイハイ、ってなにも考えずに座っててくれる
お飾りがほしいだけで。

賢くて筋の通ったサンが王様になったら大変なので
始末しちゃおうとお偉いさんは必死。

サンは皇族だけどお忍びで街の様子を
見てきたり、平民に成りすまして知り合いを増やしたり
っていう人なので、高飛車なところは全くなく
素直で正直で人情があって、で自然と味方が
増えていく人なのね。

政治に関しては言うことがないけれど
女性に対しては・・甲斐性がないというか
恋愛ベタだよね。。
仕事に没頭しすぎです。。

女性に関して言えば、サンの正妻が本当に
よくできた人で、ここに子供が生まれれば
安泰で、ものすごく幸せだったかもな~、と。
本当に見習いたい素敵な女性です。。

最後のほうは急ぎ足、というか
上手く全てを終結させなくては、っていう感じで
出だしの頃の描き方から見ると
ちょっとさらっと流されたような。。
ちょっともったいない。
これでも数話、本放送で延長されたようですが。。

サンに生涯愛されたソンヨンは
身分は低くても聡明で温かい人でした。

ソンヨンの家族のようで、サンの親友のテス。
この人はよくぞここまで立派になったもんだ、と。
最後は一人残されてしまって寂しいねぇ・・。。

一言言いたいのは、サンの母親。
サンのために、っていう大きな前置きがあって
悪気はなく一生懸命なんだけど
振り返るといつもこの人が発端で、とか
原因で、とか何かしらやらかしてくれる人でした。
もうちょっと大人しくしてれば
サンや周囲の波乱万丈も少しは穏やかだったかも。。

サンのような上司がいたらな~って思うような
誠実で信頼され、実行力もあり芯も強い
素敵な人物でした。

フィクションもあり、史実もあり、なので
ネットなどで調べて比べながら観るのも
面白かったです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

駿河の海老太郎
2018年10月27日 20:57
初めまして、こんばんは!

「イ・サン」ですか。今となっては懐かしく思えます。宜媛がモデルとされるソンヨンも図画署の絵描きから側室になったんですよね。

今は、「秘密の扉~Secret Door~」を見ています。こちらは老論派と少論派の争いですよね。
るりりん
2018年11月14日 09:12
駿河の海老太郎さん、こんにちは。

色々なテレビ局で、色々な時間帯に
韓ドラをやっていた時代が懐かしいです。。

今は、まとまった時間が取れず・・というか
しっかり観る気力がなく、あまり視聴はして
いないのですが、1話視聴すると次から次・・、と
なりますよね。
がんばって「秘密の扉」観続けてください!

この記事へのトラックバック